【ルパン三世 ルパンVS複製人間】の裏設定・魅力も紹介!強敵マモーとの名勝負!

【ルパン三世 ルパンVS複製人間】の裏設定・魅力も紹介!強敵マモーとの名勝負!

ルパン三世の劇場版の第1作「ルパン三世 ルパンVS複製人間」は、ルパン三世らしい映画として、非常に評価が高い作品です。今回はそんな「ルパン三世 ルパンVS複製人間」の裏設定や魅力や紹介をします。

また最後に劇場版の中で、もっとも人気の高い2作品「ルパン三世 ルパンVS複製人間」と「ルパン三世 カリオストロの城」どちらが好きかのアンケートをとったランキング結果も紹介します。

もしよければ皆さんの意見も聞かせてください♪

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」と「ルパン三世 カリオストロの城」のどっちが好き?のアンケート

ルパン三世 ルパンVS複製人間

ルパン三世 カリオストロの城

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」とは

ルパン三世の人気絶頂期に作られた映画!

テレビアニメシリーズ「ルパン三世(第2シリーズ)」は、高視聴率でまさに国民の心を盗んだ作品といっても過言ではありません。そんな第2シリーズが放映されている中、満を持して映画化へ踏み出し、製作費5億円をかけて製作されたのが、「ルパン三世」の劇場版第1作「ルパンVS複製人間」になります。

1978年の公開当時のタイトルは「ルパン三世」でありましたが、ビデオソフト化の際に他の作品と区別をつけるため、「ルパン三世 ルパンVS複製人間」と変更されました。

ルパンVS複製人間

ターゲット年齢層は大人向けだったけど...

当初は「ルパン三世(第1シリーズ)」の年齢層をターゲットとしており、「初期の頃の大人向けのルパンが見たいという声にお応えします」という制作趣旨が明示されているにも関わらず、第2シリーズのメイン視聴者と同じ『15~20歳』の客層が非常に多いという結果になりました。それでも、9億円を超える配給収入を上げて劇場版第2作の「ルパン三世 カリオストロの城」の製作に繋がります。

キャラクターデザインはテレビアニメシリーズ「ルパン三世(第1シリーズ)」でも「ルパン三世(第2シリーズ)」でもなく、新しく書き下ろされましたが、映画として大成功を収めた本作の影響は大きく、テレビスペシャル第1作〜第4作でもデザインが踏襲されたりしました。

劇場版の2大最高傑作の一つ!

この劇場版第1作と第2作が、ルパン三世の劇場版の中で最も有名な作品とルパン三世のファンの間ではいわれています。実際にルパン三世ファンは「ルパンVS複製人間」と「ルパン三世 カリオストロの城」のどちらが面白いということで話題になり、『ルパン三世らしい作品』として傑作なのが「ルパンVS複製人間」、『映画作品』として傑作なのが「ルパン三世 カリオストロの城」というように意見が分かれます。結局『どっちも好きだけどね!』という結論で落ち着くことが多々。

ストーリー概要を紹介!強敵マモーの秘密を暴け!

マモー

ルパン三世が処刑されるシーンよりストーリーが始まります。処刑された人物はルパン三世、それは鑑識の結果で間違いない事実でありました。しかし、ルパン三世逮捕に執念を燃やす男、銭形警部はその事実を信じようとせず、ルパン三世が埋葬されているお城へ出向き、自らの手でとどめをさそうとしたところ遺体が爆発してしまいます。そう、ルパン三世は生きていました。ルパン三世が生きていた事実に大喜びしながら、改めてルパン三世を逮捕しようとする銭形警部でありましたが、逃げられてしまいます。

処刑されたルパン三世は本物というなぞを残しながらも、峰不二子の依頼より、ルパン三世、次元大介、石川五ェ門はエジプトにあるピラミッドより『賢者の石』を盗み出すことに成功。しかしいつもの峰不二子の裏切りにより、『賢者の石』を持ち去られてしまいました。こうなることを見越してか、ルパン三世は『賢者の石』をすでに偽物にすり替えており、峰不二子の野望を暴こうとしますが、石が偽物とばれてしまい、逆に今度は峰不二子の依頼主「マモー」に命をねらわれてしまいましいます。

マモーに命を狙われたルパン三世、次元大介、石川五ェ門は、組織との壮絶な鬼ごっこが繰り広げられます。ルパン三世の愛車「メルセデス・ベンツSSK」でのカーチェイスから、車を乗り換えてのカーチェイス。やっとの思いで、ルパン三世のアジトへたどり着いた3人でしたが、アジトが破壊されており、次元大介と石川五ェ門は峰不二子が情報を売ったと怒り出します。街へ移動する途中でボロボロになった峰不二子が、マモーに裏切られたと助けを乞いますが、次元大介と石川五ェ門は許すことができずルパン三世の元を去ることに。ルパン三世と峰不二子は2人だけの一夜を過ごすことになりますが、またもルパン三世をだましてマモーの部下「フリンチ」に引き渡しルパン三世をマモーの島へ連れて行きます。

ルパン三世は、マモーの島で様々な歴史的人物に見かけましたが、それはマモーのクローン技術によって複製された人々でした。マモー自身も1万年前から複製し続けてきた複製人間(クローン人間)であり、神と同等の存在であることが語られます。峰不二子は自身とルパン三世に永遠の命を与えてもらう代わりに、マモーに協力していた模様。マモーは永遠の命の研究を続けており、もうすぐ世界を滅亡させるつもりだと語り、自分の選んだ者達だけに永遠の命を与えようとしていました。マモーは『ルパン三世は永遠の命に値しない、お前だけでも私と共に来い』と峰不二子にいいますが、峰不二子はルパン三世と一緒でないと嫌だと断ってしまいます。

嫉妬したマモーはルパン三世を深層心理を暴く機械に縛りつけ、ルパン三世の頭の中を映し出します。ルパン三世の頭の中は峰不二子の裸などの下品な画像ばかりでしたが、さらに頭の中を見ようとすると、機械にエラーが生じます。ルパン三世は『夢を見ない』存在であったため、ルパン三世の心理を暴くことに失敗しました。ルパン三世は神と同等の心理を持つとマモーに恐れられ始末されそうになりますが、ここに助けに来たのが次元大介と石川五ェ門。次元大介と石川五ェ門はなんだかんだで、ルパン三世を助けようと裏切ったはずの峰不二子のメモを手掛かりにマモーの島へと向かい到着していました。峰不二子と気絶したまま目を覚まさないルパン三世と合流し逃げ出すことに。

一方で、謎の世界一の大富豪ハワード・ロックウッド(マモーのもう一つの名)に、機密情報の提供を要求されていたアメリカ政府は、次元大介と石川五ェ門の後をつけることで、マモーのアジトを特定し、空爆を仕掛けます。そのためルパン一家の脱出劇は空爆の中、いつものドタバタ劇へ。最終的には、クローンのマモーを次元大介が、部下のフリンチを斬鉄剣を折られはしたが石川五ェ門が、倒すことでマモーの島を脱出します。そして、マモーの島はアメリカ軍の空爆によって葬られました。

やっとの思いでコロンビアの田舎町にあるホテルへたどり着いたルパン一家でしたが、そこへ今度はマモーが現れて峰不二子を連れさられます。その際にマモーから挑発されたルパン三世は「お前が神なら、奇跡を起こせ」と挑発し返すと、それに答えるようにコロンビアの街を大地震が襲い、街は廃墟と化しました。マモーの力に心が折れた次元大介を残し、ルパン三世が単身マモーの本拠地へと乗り込み、最後の戦いへ。

ルパン三世は、大地震の正体を街の端にある閉鎖された地下原子力発電所(ハワード財団所有=マモー所有)を利用したものと気づいていました。マモーはハワード財団の力を利用して様々な奇術を起こしていただけと、気づいたルパン三世は同様の奇術でマモーに脅かし、向かって行きます。しかし、マモーの保有していた兵器はルパン三世の上を行き、レーザーを利用した防衛ラインを突破できず万事休すかと思いきや、折れた斬鉄剣を次元大介から受け取っていたルパン三世はそれを利用し、レーザーを反射させマモーを倒すことに成功しました。その直後に壁が開き、巨大な脳みそが出現します。脳みそ曰く、マモーのオリジナルとのこと。脳みそは生死を超越した不死の文明を見つけに行くと、ロケットで宇宙へ飛び立とうとしますが、ルパン三世が脳みそに爆弾を取り付けることに成功。宇宙空間で爆弾が爆発し、ようやく決着がつきました。

最後はいつもの銭形警部が現れ、逮捕されるルパン。そこにアメリカ空軍がハワード・ロックウッド(=マモー)を抹殺するために再び空爆がルパン三世たちに襲い掛かります。飛行機で助けに来た次元のハシゴにちゃっかり自分だけ掴まり助かる峰不二子。残されたルパン三世と銭形警部は、おさまらない爆撃に対し、ひとまず逃げようと息のあった二人三脚で二人仲良く逃げ出し幕が閉じます。

もっともルパン三世らしい映画!

「ルパン三世」の劇場版第1作かつ、大成功を収めた作品ということもあり、本作の様々な設定がその後のルパンシリーズへ影響を与えました。

銭形警部がおちゃらけキャラに...

まず、「初期の頃の大人向けのルパンが見たいという声にお応えします」という設定があったにも関わらず、「銭形警部」がおちゃらけキャラクターとして描かれています。テレビアニメシリーズの第1シリーズや原作漫画では、頭がキレる敏腕警部であるため、第2シリーズの初期よりもさらにおちゃらけ路線で描かれてしまい、本作の後のルパンシリーズは銭形警部は大概おちゃらけキャラクターとして描かれてしまいました。

石川五ェ門の名言誕生!

次に、「石川五ェ門」の「またつまらぬものを切ってしまった」という名言の先駆け「またつまらんものを切ったか」という名言が誕生しました。第2作「ルパン三世 カリオストロの城」で「またつまらぬものを切ってしまった」となり、以降は必ずどこかでこの名言が出ることに。

またつまらぬものを斬ってしまった

銭形警部の娘は「としこ」!

銭形警部に娘がいるという設定が用いられたのも、本作が初めてです。警視庁総監と食事するシーンで、「としこ」という娘がいることが会話よりわかります。しかしアニメシリーズではこの設定を取り入れられることはなく、独身でルパン三世逮捕に人生を賭けるという設定が多く用いられています。

また、ルパン三世を愛する銭形警部という設定がより顕著に表現された作品であり、冒頭でルパンが処刑されたショックのあまり銭形が山にこもるという展開があったがカットされたほど。

ルパン三世は夢を見ない!

最後に、『ルパン三世は夢を見ない』という設定です。本作で作られたこの設定は、2015年「ルパン三世(第4シリーズ)」で、ルパン三世が夢を見るシーンで「峰不二子」が『ルパンは夢を見ないんじゃ?』と40年近くたった今なお生きている設定になります。また、夢を見ない理由がカッコよく、『ルパン三世自身の存在が、ルパン三世の夢を実現したものだから』という、なんともルパン三世らしいものでした。

「【ルパン三世 ルパンVS複製人間】の裏設定・魅力も紹介!」まとめ

いかがでしたか。ルパン三世の劇場版で「ルパン三世 ルパンVS複製人間」は、もっともルパン三世らしい映画として知られています。のちのテレビスペシャルに影響を与えるほどの名作なので、ぜひ一度楽しんで見てはいかがでしょうか。

最後に、もっともルパン三世らしい劇場版「ルパン三世 ルパンVS複製人間」と、もっとも映画作品として傑作である劇場版「ルパン三世 カリオストロの城」どちらが好きかをアンケート結果を紹介します。

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」と「ルパン三世 カリオストロの城」のどっちが好き?のアンケート

ルパン三世 ルパンVS複製人間

ルパン三世 カリオストロの城

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」と「ルパン三世 カリオストロの城」のどっちが好き?のアンケート

ルパン三世 ルパンVS複製人間

ルパン三世 カリオストロの城

ルパンのテレビスペシャルが全て一つのボックスに?

実はルパン三世のテレビスペシャルが1つのDVD・BLになっているって知っていました?マニアならぜひ検討してみてください!

コメントを投稿する

投稿されたコメント

Woah nelly, how about them apsple!
2018-11-01 14:41:02
Woah nelly, how about them apsple!
2018-11-01 14:41:04

おすすめの記事

アンケートをさがす