【就職】看護師として働くなら内科と外科のどっちがおすすめ?人気投票中!

【就職】看護師として働くなら内科と外科のどっちがおすすめ?人気投票中!

子どものときに「大きくなったら看護師さんになりたい」と一度は思ったことがある人も多いと思います。実際に看護師を目指すならば看護系の大学や専門学校に行き就職する必要があります。いざ就職となると、内科系か外科系、どっちがおすすめなんでしょうか?

今回バトクエでは、それぞれの特徴を紹介し、看護師として働くなら内科と外科のどっちがおすすめか人気投票を行いたいと思います!

まずは、あなたはどっちがおすすめか、投票をお願いします!

  • 投票すると結果が見れます!

【就職】看護師として働くなら内科と外科のどっちがおすすめ?のアンケート

内科

外科

看護師へ就職「内科」の魅力・特徴

看護師へ就職「内科」の魅力・特徴画像

どんな患者が多い?

内科は主に内臓疾患の患者を扱い、手術ではなく、薬物療法で身体の中から治療にあたります。慢性期の患者が多く、通院、入院期間が長い傾向にあります。

どんな人が向いている?

看護師は検温や薬剤の管理や投薬、また、検査や治療についての説明を行ったりもします。病棟では食事、排泄、清掃への援助やソーシャルワーカーとの連絡調整、入院中から退院後のことまで様々なアドバイスも行います。患者だけでなく、患者の家族ともじっくり関わることが多くなるため、忍耐強く、コミュニケーションを大切に、じっくり人と接することができる、穏やかでおっとりしたタイプの人が向いている傾向にあります。

看護師へ就職「外科」の魅力・特徴

看護師へ就職「外科」の魅力・特徴画像

どんな患者が多い?

外科では主に、手術による病気や怪我を治療します。看護師は手術前後の処置、全身の状態の観察など、急性期の看護がメインとなってきます。

どんな人が向いている?

迅速な判断力と観察力がとても必要です。手術や検査の時間に合わせての準備や患者への説明、送り出し、患者とともに家族への精神面のケアも行うなど多岐に渡り、非常に忙しい環境に置かれます。テキパキして、意見をはっきり言える、感情の切り替えが早いといったタイプの人が向く傾向にあります。

「【就職】看護師として働くなら内科と外科のどっちがおすすめ?」まとめ

いかがでしたか?看護師として働いていく難しさややりがいを少しでも実感して頂ければと思います。内科や外科それぞれ、向いている人が異なるため自分がどっちなのかをしっかりと見極め就職した方がいいかもしれませんね。皆さんは看護師として働くのであれば内科と外科のどっちがおすすめですか?

「【就職】看護師として働くなら内科と外科のどっちがおすすめ?」の人気投票結果発表!

【就職】看護師として働くなら内科と外科のどっちがおすすめ?のアンケート

内科

外科

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【就職】看護師として働くなら内科と外科のどっちがおすすめ?のアンケート

内科

外科

あなたにおすすめの記事

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす