【国内線 vs 国際線】キャビンアテンダント (CA)として働くならどっち派?人気投票中!

【国内線 vs 国際線】キャビンアテンダント (CA)として働くならどっち派?人気投票中!

「将来キャビンアテンダントになりたい」と思ったことがある女性は、多くいるのではないでしょうか。しかし、もしキャビンアテンダントとして働くとして、国内線か国際線かまで考える人はあまりいないかもしれません。

そこで今回バトクエでは、キャビンアテンダントの国内線で働く時と、国際線で働く時の違いを簡単に紹介し、最後に「【国内線 vs 国際線】キャビンアテンダントとして働くならどっち派?」という人気投票の結果を発表します。

まずは、あなたはどっち派か、投票をお願いします!

【国内線 vs 国際線】キャビンアテンダント(CA)として働くならどっち派?のアンケート

国内線

国際線

【キャビンアテンダント(CA)】国内線 派

【キャビンアテンダント(CA)】国内線 派

意外と辛い国内線

国内線だからこそ、1日何本も飛行機に乗ることが多くあります。1日で3往復したり、朝、昼、夜の食事がすべて違う土地だったりすることも。もちろんフライト先での宿泊もあり、宿泊回数は月平均10回ほどだそうです。

1日の中で今自分がどっちに向かっているのか分からなくなるようなことは日常茶飯事なのが、国内線の辛いところです。

不定期に忙しい国内線だが、公休は意外と多い

シフト制の場合がほとんどで、短ければ5時間位の日、移動だけの日、長ければ10時間以上働くことも。日帰りの仕事でも、早朝から始まるフライトもあれば、午後からの場合もあり、本当に不定期に仕事をこなします。

公休は、月平均14日前後と言われており、比較的多いのが特徴です。

【キャビンアテンダント(CA)】国際線 派

【キャビンアテンダント(CA)】国際線 派

国際線の場合、路線により勤務時間が大きく異なる

韓国や中国のような短距離路線であれば、日帰りの場合も多く、7~10時間ほどの勤務時間です。またタイやシンガポールなどの中距離路線は1泊3日、長距離路線は、2泊4日での乗務パターンになることが多いようです。

不定期なのは国際線も変わらないが、1日何本も乗ることはほとんどない

長距離フライトなら、1度飛んでしまえば現地で1〜2日は休日になります。休みを海外で過ごさなくてはならないですが、国内線と違い1日何本も飛行機に乗らなくて良いのは、メリットと言えるでしょう。もちろん、深夜に出発もあれば、10時間以上空の上で仕事をしたり、フライト先での時差もあるので、体力は必要です。

また平均的な公休は、12日前後と言われています。スケジュールの一例ですが、待機(スタンバイ)4日、長距離フライト2回、短距離フライト2回、国内線乗務2日、終日ミーティング1日。

「【国内線 vs 国際線】キャビンアテンダント (CA)として働くならどっち派?」まとめ

いかがでしたか?女性の人気職業である、キャビンアテンダント(CA)ですが、国内線と国際線で働き方は大きく変わるようですね。もしキャビンアテンダントとして働くなら、あなたはどっち派でしょうか?

「【国内線 vs 国際線】キャビンアテンダント (CA)として働くならどっち派?」の人気投票結果発表!

【国内線 vs 国際線】キャビンアテンダント(CA)として働くならどっち派?のアンケート

国内線

国際線

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【国内線 vs 国際線】キャビンアテンダント(CA)として働くならどっち派?のアンケート

国内線

国際線

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす