【クッキー vs クラッカー】ビスケットはどっちが好き?人気投票中!

【クッキー vs クラッカー】ビスケットはどっちが好き?人気投票中!

クッキーとクラッカー。同じ「ビスケット」として分類されるクッキーとクラッカーですが、違うものだと認識してはいるものの明確の違いを答えることができる人は少ないのではないでしょうか。クッキーは甘い、クラッカーはあまり甘くない、くらいにしかイメージできない方もいるかもしれません。

そこで今回バトクエでは、クッキーとクラッカーの違いを簡単に紹介し、最後に「【クッキー vs クラッカー】ビスケットはどっちが好き?」という人気投票の結果を発表します。

まずは、あなたはどっち派か、投票をお願いします!

【クッキー vs クラッカー】ビスケットはどっちが好き?のアンケート

クッキー

クラッカー

【クッキー vs クラッカー】クッキーの魅力と特徴

【クッキー vs クラッカー】クッキーの魅力と特徴

クッキーの定義

全国ビスケット協会が定めた定義は、手作り風の外観をしており、原材料の糖分と脂肪分が40%以上が「クッキー」、それ以外のものは「ビスケット」とされています。

甘くてしっとりしているのがクッキー!

糖分と脂肪分が多い、つまりクッキーは甘くてしっとりしていることが多く、お菓子としてよく食べられます。

生地の水分量と焼き加減を調整することで、サクサク感もある程度は調整できるため、様々な種類のクッキーを作ることができるので、現在数え切れない種類のクッキーが販売されています。

アメリカではクッキー、イギリスではビスケット

アメリカでは、ビスケットの定義がありません。ビスケット全てを「クッキー」と呼んでいます。

逆にイギリスでは、イギリスではすべて「ビスケット」と呼ばれています。

【クッキー vs クラッカー】クラッカーの魅力と特徴

【クッキー vs クラッカー】クラッカーの魅力と特徴

クラッカーの定義

ビスケットの一種で、イーストか酵素が入ったものをクラッカーと呼んでいます。

サクサク・パリパリのクラッカー!

表面に穴があり、薄くて平らなサクサクパリパリな堅焼きのビスケットこそが、クラッカーです。材料にほぼ砂糖を使用せず、脂肪分も少なく、イーストを使用して発酵させた生地に塩を振りかけて焼くので、クラッカーはお菓子というより乾パンに近いといえます。

淡白な味なので、甘いジャムやクリーム等から辛いものまで、様々な食材をトッピングをして食べられるのが魅力です。

クラッカーの名前の由来

焼いている最中に爆竹のような音が出ること、食べる時に砕けやすいことから、クラックつまり砕けるという意味でクラッカーと名付けられたそうです。

「【クッキー vs クラッカー】ビスケットはどっちが好き?」まとめ

いかがでしたか?簡単なクッキーとクラッカーの違いでした。お菓子として食べるなら甘くてしっとりしているクッキー、料理と合わせるなら淡白でサクサクのクラッカー。皆さんの好みは、クッキーとクラッカー、どっち派でしょうか?

「【クッキー vs クラッカー】ビスケットはどっちが好き?」の人気投票結果発表!

【クッキー vs クラッカー】ビスケットはどっちが好き?のアンケート

クッキー

クラッカー

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【クッキー vs クラッカー】ビスケットはどっちが好き?のアンケート

クッキー

クラッカー

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす