【ガンダムSEED Destiny】インパルスガンダムで一番人気のシルエットは何?人気投票ランキング実施中!

【ガンダムSEED Destiny】インパルスガンダムで一番人気のシルエットは何?人気投票ランキング実施中!

『機動戦士ガンダムSEED Destiny』は、前作となる『機動戦士ガンダムSEED』での最終決戦、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦から2年後のC.E.(コズミック・イラ)73年が舞台となっています。

その機動戦士ガンダムSEED Destinyに主人公のシン・アスカが登場したモビルスーツこそが「インパルスガンダム」です。インパルスガンダムは、3つのシルエットが用意されており、様々な環境や地形に対応できる究極の汎用性を実現しています。

そこで今回は、機動戦士ガンダムSEED Destinyのモビルスーツである「インパルスガンダム」の魅力を紹介し、どのシルエットが一番人気なのか人気投票した結果を発表します。

まだまだ人気投票中なので、興味があればぜひ投票ください。

【ガンダムSEED Destiny】インパルスガンダムで一番好きなシルエットは何?のアンケート

フォースインパルス

ソードインパルス

ブラストインパルス

シルエットなし

インパルスガンダムは実はすごいモビルスーツだった!

シン・アスカの搭乗していたモビルスーツは、ザフト軍によって開発された5機のガンダム『セカンドステージシリーズ』の1機である『インパルスガンダム』です。それぞれに特徴のあるガンダムの中でも、インパルスガンダムはバックパックの換装機構『シルエット』と『コア・ブロック・システム』とよばれる機体の分離・合体構造によって、究極の汎用機体として作られました。

インパルスガンダムの究極の汎用性を実現するシルエットには、全部で3つのパターンが用意されています。

機動力に優れたフォースシルエット

1つ目が、中近距離戦闘を想定した機動力強化用のシルエット『フォースシルエット』です。

フォースシルエット

大推力のスラスターと複数のバーニアスラスターに加えて、放熱板を兼ねた6枚の翼が、大気圏内・宇宙空間での高い機動力を実現しています。標準装備となる高エネルギービームライフルに加え、従来のものよりエネルギー効率が大幅に上昇したヴァジュラビームサーベルが装備されており、格闘性能も高く設計されていました。このシルエットが装備された状態を『フォースインパルス』と呼びます。

近接戦闘に優れたソードシルエット

2つ目が、対モビルスーツ格闘戦と対艦戦を想定した近接戦闘用シルエット『ソードシルエット』です。

ソードシルエット

劇中でインパルスガンダムが最初に装備していたシルエットが、このソードシルエットです。メインの武装となるのは『エクスカリバー レーザー対艦刀』と呼ばれる、2本の大型の半実体剣(大型のビームサーベルとしても使える)です。モビルスーツはもちろん、戦艦の艦橋も簡単に両断するほどの驚異的な破壊力を見せます。このシルエットが装備された状態を『ソードインパルス』と呼びます。

長距離対艦攻撃に優れたブラストシルエット

3つ目が、長距離対艦攻撃や火力支援を想定した火力強化用のシルエット『ブラストシルエット』です。

ブラストシルエット

ブラストシルエットは、もっとも特徴的な2門の『ケルベロス高エネルギー長射程ビーム砲』以外にも、レールガン、ミサイルランチャーなど数多くの火器を搭載しており、単純な火力であれば3つのシルエットでも最強であることは間違いありません。また、ビームジャベリンを2本装備しており、近〜中距離での戦闘も考慮されています。このシルエットが装備された状態を『ブラストインパルス』と呼びます。

この3つのシルエットを自在に変更し、環境や地形にあったモビルスーツへすぐに適合できる究極の汎用性を持ちます。

インパルスガンダムが発進後にドッキングする理由はご存知?

シルエットシステムに並んで、インパルスガンダムの最大の特徴といえる『コア・ブロック・システム』は、上半身と下半身とコックピット部分に別れた3つのパーツが合体し、ひとつのモビルスーツになるシステムです。

この状態から、先述した3つのシルエットを装備することで、完全な戦闘運用形態となります。しかし、劇中ではインパルスガンダムが、はじめからモビルスーツ形態で出撃する様子は一度も見られず、発進の度に4つに別れたコアがドッキングしています。

ここで浮かび上がる疑問がひとつあります。いかに汎用性が高く、便利だからといって、4つに分離した状態のインパルスガンダムが「なぜ毎回、発進後にドッキングするのか?」という点です。

これは単に「合体する方がカッコいいから!」などと安直な理由によるものではなく、政治的要因が大きく関わってきます。

ドッキングは条約上必要!

C.E.72年。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦の後、地球連合とプラント間に停戦条約として締結された『ユニウス条約』により、各国が保有できるモビルスーツの数には制限がかけられました。インパルス以外にもすでに4機のガンダムを開発していたザフト軍は、この条約に違反しないため、インパルスガンダムに『コア・ブロック・システム』を搭載し、あくまでも保有しているのは3機の戦闘機であり、戦闘時にはそれが合体するだけである、としたのです。

様々な条件を考慮して作られた究極のモビルスーツこそがインパルスガンダムと言えるのかもしれませんね!

「【ガンダムSEED Destiny】インパルスガンダムで一番人気のシルエットは何?」まとめ

いかがだったでしょうか?このように、ガンダムの世界では劇中では語られることのない奥深い設定が山ほどあります。あなたの一番好きなインパルスガンダムのシルエットは何でしょう?

それではお待ちかねの人気投票結果の発表です。

【ガンダムSEED Destiny】インパルスガンダムで一番好きなシルエットは何?のアンケート

フォースインパルス

ソードインパルス

ブラストインパルス

シルエットなし

まだまだ人気投票中なので、ぜひ投票にご協力ください!

【ガンダムSEED Destiny】インパルスガンダムで一番好きなシルエットは何?のアンケート

フォースインパルス

ソードインパルス

ブラストインパルス

シルエットなし

ガンダムがコミックで読めるって知っていましたか?

実はガンダムはコミック化されています。アムロやシャアの激闘を漫画で読めるので、アニメで見る時間がないという人に非常におすすめ。

アニメが見たことある人にとっても、アニメで描かれていないストーリーや細かな設定などを読むことができるので、ぜひコレクションの一つに加えてみてはいかがでしょう?

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす