【パチスロ4号機 最強の人気機種はどっち?】「北斗の拳」VS「吉宗」の人気投票中!

【パチスロ4号機 最強の人気機種はどっち?】「北斗の拳」VS「吉宗」の人気投票中!

世紀末という単語は忘れさられ、ミレニアムという単語も使われなくなってきた2003年。当時のパチスロ業界は、今とは比べ物にならないほどに盛り上がっていました。

この頃は4号機全盛時代であり、時速5000枚だなんて煽り文句が当たり前に使われていた時代です。そして4号機時代後半において二大巨頭と呼ばれていたのが、2003年に発売されたパチスロ「北斗の拳」とパチスロ「吉宗」でした。両機種とも今のパチスロ業界において後継機が出されているほどの人気機種であり、「北斗の拳」はラオウに負けない限りバトルボーナスが継続するという、画期的なシステムでスロッターはもちろんそれ以外からも人気を得ました。そして「吉宗」もまた、711枚も取れるビッグが何度も1G連チャンするという驚異的な爆発力でスロッターたちを虜にしたものです。

当時のパチスロ業界は、「北斗の拳」か「吉宗」かという時代だったのです。そこで今回は「北斗の拳」と「吉宗」の魅力を紹介し、どちらが好きだったかのアンケートの結果を紹介します!

皆さんもしよろしければ、「北斗の拳」と「吉宗」どちらが好きかを教えてください♪

【パチスロ4号機 最強機種決定戦】「北斗の拳」VS「吉宗」のアンケート

北斗の拳

吉宗

パチスロ史上最大のヒットとなった「北斗の拳」

「北斗世代」なんて言葉が流行ったほど、当時のパチスロ業界にセンセーショナルな驚きを与えたのがこの北斗の拳です。AT機、ST機が当時の主流ではあったものの、北斗の拳のように一度のボーナスが連チャンが終わらない限りコインを出し続ける、というシステムの台はほとんど存在しなかったのです。

そしてまた、北斗の拳は従来のスロッター以外からも支持を集めました。先に述べた「北斗世代」の人々は、その名の通りこの機種からパチスロを打ち始めたという人々のことです。当時、パチスロの島全台が北斗の拳でありそれが全台稼動している、という状況も珍しくありませんでした。

さらにはパチスロ北斗の拳の大人気によって、原作の「北斗の拳」の人気まで再燃。コンビニは北斗の拳の再掲載ブックが並び、様々な外伝的な作品などもパチスロ北斗の拳の人気によって連載されました。

高いゲーム性を誇った「北斗の拳」

北斗の拳

北斗の拳を象徴するのが、やはりバトルボーナスでしょう。赤7揃い、または北斗揃いから始まるこのボーナスはビッグボーナスではなく、レギュラーボーナス+ATというシステムではありながらもラオウとの継続バトルという手に汗握る液晶演出によって単純なゲーム性をとても臨場感溢れるバトルボーナスシステムへと変化させました。

そしてまた、1回のラオウとのバトルで130枚程度は獲得できたため、10連で1500枚近く、20連もすれば3000枚も近いという出玉性能も十分なスペックでした。一方で単発で終わってしまって、実質レギュラー分のメダルしか獲得出来ないこともありましたが、それはもはや北斗を打つ上でお約束、とも言える要素になっており大連チャンしたときの喜びを倍増させたものです。

通常時のゲーム性も中押しによって小役判別がとても分かりやすかったことと、中段チェリーという激熱役の存在によってメリハリのあるゲーム性もまた人気の一因でした。

そして何より、昇天演出といういわゆるエンディング演出を作ったことも見逃せないポイントです。バトルボーナス20連以降に、継続抽選から転落してしまった場合ラオウの昇天演出が発生します。単純に言ってしまえばただの連チャン終了のお知らせではあったのですが、ラオウの昇天を見ることが当時のスロッターにとって一種のステータスとなっており、これ以降のパチスロに大きな影響を与えたのは間違いありませんでした。

711枚取れるビッグボーナスが破壊力抜群の「吉宗」

吉宗

一方で吉宗も負けてはいません。「吉宗」といえば何を置いても、711枚と1G連チャン。一度のビッグボーナスで711枚獲得することが可能で、しかもそれが1G連チャンするというのは、今のパチスロ業界からすると信じられないほどの爆発力と言えるでしょう。

そしてやはり、ビッグボーナスの高確率がビッグボーナス中と揶揄されたほどのビッグ中の1G連フラグの成立は本作の最大の目玉ですよね。吉宗、爺、姫、の3種類から選べるビッグの演出は、それぞれ様々な形で1G連フラグの成立を示唆して楽しませてくれました。中でもやはり別格なのは、爺ビッグで「キーン!!」で「ハワイ」というのは当時を思い出して今でも興奮出来るほどです。

また1G連のストック数自体も後継機の番長などと違って、5つ(最初のビッグを含む)までストックすることが可能で、ダブル揃いや純ハズレなどが絡んだ日には簡単に3500枚オーバーのメダルを手にすることが出来ました。さらには5つに到達しても、その都度1G連フラグを引き続ければ1つに限りフラグ持越しが可能であり、どこまで出玉を伸ばせるか分からないほどです。

高確率演出に鷹狩りなど多彩な演出も「吉宗」の魅力

吉宗と言えば出玉にばかり目が行きがちですが、様々に魅力溢れる演出があったことも見逃せません。まずはやはり「高確率演出」の存在でしょう。この高確率演出もまた、後のパチスロ機種に多大な影響を与えたのも間違いありません。吉宗の高確率演出は、正しく言えば「ガセを含んだ前兆演出」です。

もちろん前兆演出自体は吉宗以前から存在していたのですが、とにかく吉宗の高確率演出は完成度が高かったものです。大家紋やダブル手ぶら忍者、突如として降りてくる家紋など熱いところを挙げたらキリがないほどです。特に大家紋出現時はハズレ対応なため、そのゲームで小役対応出目などが出た日にはもう脳汁が止まらないほど。

演出と出目が互いにかみ合ってさらに高い演出バランスをくみ上げていたのが吉宗だと言えるでしょう。その結果が出てくるのが、711枚取れるビッグなのでもはや説明の必要もありませんよね。まあ、時には1921ハマってレギュラー単発なんてこともありましたけれども…。

「【パチスロ4号機 最強の人気機種はどっち?】「北斗の拳」VS「吉宗」の人気投票中!」まとめ

結局のところ、北斗と吉宗、どちらかより優れているかというのを決めるのは中々難しいことだと思います。北斗の拳はバトルボーナスの面白さが有利な一方、瞬間的な爆発力では711枚を誇る吉宗には負けてしまいます。そしてまた吉宗も高い爆発力を誇る一方、ST機ゆえハマりもまた存在し安定感という意味では完全に小役抽選である北斗が有利な場面もあります。

結局のところ、北斗か吉宗か、というよりかは、「北斗の拳」も「吉宗」もどちらもホールで楽しむことが出来たあの頃がどれだけ楽しかったか、ということを象徴している2機種だと言えるのではないでしょうか。

それでは気になるアンケートの結果を発表します。

「北斗の拳」VS「吉宗」のアンケートの結果発表!

【パチスロ4号機 最強機種決定戦】「北斗の拳」VS「吉宗」のアンケート

北斗の拳

吉宗

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【パチスロ4号機 最強機種決定戦】「北斗の拳」VS「吉宗」のアンケート

北斗の拳

吉宗

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす