ウォーターサーバ契約前に検討すべきこと「5選」! ~ 契約条件 徹底比較 ~

ウォーターサーバ契約前に検討すべきこと「5選」! ~ 契約条件 徹底比較 ~

会社やセレブの自宅に設置されているウォーターサーバー。以前は高級なイメージがありましたが、最近ではウォーターサーバーを利用する費用が安くなったこともあり、ウォーターサーバーを利用するファミリーや一人暮らしの人も増えてきました。実際にウォーターサーバーの契約を検討している人は多いのではないでしょうか。

しかし契約を検討していても、どこのウォーターサーバーが良いのかわからないと言う人や、そもそもウォーターサーバーのメリットやデメリットがわからないという人は多くいます。そこで今回はウォーターサーバーを契約する際に検討すべき項目を紹介し、どのウォーターサーバがあなたに最適かを徹底比較してきます。

そもそもウォーターサーバーってなに?

ウォーターサーバーはタンクから水をくみ上げる機械のことで、ウォーターサーバを設置することにより、いつでも冷水と温水を飲むことができます。

ウォーターサーバーを利用して水を飲むためには、お水とウォーターサーバーが必要になります。お水を提供する会社と契約することで、お水を定期購入や別途注文購入することができ、自宅までお水を届けてもらえます。そしてウォーターサーバーは、契約時に「購入するか」、「レンタルするか」を選択することができます。

契約する会社によって、お水の硬度(軟水/硬水)や値段、ウォーターサーバーのデザインなど、様々な条件が変わってきます。ウォーターサーバーを契約する際は、様々な条件を考慮して、自分に最適な契約を結ぶ必要があります。

では、ウォーターサーバーを契約する会社によって、どのような条件が異なってくるのでしょうか。

ウォーターサーバーの比較!

  • 「ウォーターサーバー」の比較検討材料
  • ウォーターサーバーの購入 or レンタル
  • ウォーターサーバーのレンタルが無料なウォーターサーバー提供会社
  • ウォーターサーバーの機能性
    • 【高齢者は要検討】ボトルの設置位置が高いのか、低いのか
    • 【子供がいる家庭は要検討】ロック機能の有無
    • 保温温度を複数パターンで温度設定が可能か
  • ウォーターサーバーの電気代
  • ウォーターサーバーのデザイン

ウォーターサーバーの購入/レンタル

まず一番初めに考慮しなくてはいけないこと。ウォーターサーバーを購入するのか、レンタルするのか。

一度もウォーターサーバーを契約したことがない人には、ウォーターサーバーをレンタルすることをおすすめします。

ウォーターサーバーを契約したものの、必要性を感じず解約することもたくさんあります。もしウォーターサーバーを購入していた場合、解約したらウォーターサーバーは利用できない大きな粗大ごみになってしまいます。また最近では、レンタル費用が無料のウォーターサーバーがたくさんあるため、まずは本当にウォーターサーバーを利用し続けるか判断できるまでは、レンタルからはじめることをおすすめします。

ウォーターサーバーのレンタルが無料なウォーターサーバー提供会社

実際に利用して、サービスに満足し、今後もウォーターサーバーを利用し続けると判断できたなら、そのとき改めてウォーターサーバーを購入しましょう。レンタルの契約を破棄してレンタルのウォーターサーバーを返却してから、ウォーターサーバーを購入することができるので、購入を検討するのは利用価値があると判断した後でかまいません。

しかし、レンタル料金が無料の場合、なぜウォーターサーバーを購入する必要があるのでしょうか。答えは簡単です。

購入できるウォーターサーバーは、デザインがおしゃれでかっこいいものがそろっているからです。

レンタルのウォーターサーバーのデザインは比較的シンプルでインテリアに合いにくいというデメリットがあります。そのためお金に余裕があれば、インテリアに合うデザインのウォーターサーバーを求めて、購入する人は多くいます。もちろんデザインにこだわらないという方は、無理に購入する必要はありません。

ウォーターサーバーのデザインに優れたウォーターサーバー提供会社

ウォーターサーバーの機能性

ウォーターサーバーの機能はしっかりと検討する必要があります。様々な検討要素がありますので、まずは紹介します。

ボトルの設置位置が高いのか、低いのか

ボトルの設置位置は高齢者は要検討すべき項目です。なぜか。

12~20リットル、つまり12キロから20キロに相当する水をウォーターサーバーに設置しなければいけないからです。

もし高齢者であれば、高い位置に重たい荷物を設置することは、腰に負担がかかったり、転んで怪我する可能性もあります。可能であれば低い位置にボトルを設置するタイプのウォーターサーバーを選んだほうが良いでしょう。

ロック機能の有無

ロック機能の有無は子供がいる家庭は要検討すべき項目です。理由は簡単です。ボタン一つで熱湯が出てくるのが、ウォーターサーバー。ロック機能が付いていることは必須で、容易に解除でいないような仕組みになっているウォーターサーバーを選ぶべきでしょう。

保温温度を複数パターンで温度設定が可能か

保温温度を複数パターンで温度設定ができることは、利用用途によっては必要になる機能です。基本的にお茶やカップラーメンのお湯に利用するというのであれば、高温(90~95度)の1パターンで十分でしょう。しかし白湯や子供向けに60度くらいのお湯が必要な場合、1パターンでは足りません。自分がどういった温度のお湯が必要になるのかをしっかり考慮する必要があります。

ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーの光熱費はしっかりと確認したほうが良いでしょう。ウォーターサーバーの電気代の相場は、月1000円ぐらいです。しかし、電気代が月500円以下というウォーターサーバーもあります。最近はやりの省エネモードやECOモードという、電気代を抑える仕組みが付いているものです。

この500円の差と言うのは非常に大きな差になります。レンタルサーバー代と同等の料金のため、たくさんお水を飲む方は電気代もその分高くなるため、レンタルサーバー代を支払ったほうが安くなるときすらあります。レンタルサーバー代やお水代、そして電気代をトータルで考えていく必要があります。

ウォーターサーバーの電気代が安いウォーターサーバー提供会社

ウォーターサーバーのデザイン

前述しましたが、ウォーターサーバーを購入するとなると、デザインの選択肢が大きく広がります。インテリアに合ったデザインのウォーターサーバーを選ぶことができるでしょう。ただ、初めてウォーターサーバーの契約を検討している場合は、購入せずにまずはレンタルから始めることをおすすめします。とはいえ、インテリアに合わないウォーターサーバーを家においてしまうと、せっかくこだわって購入した家具たちがかわいそう。ある程度は部屋にマッチしたウォーターサーバーを選ぶべきでしょう。

ウォーターサーバーのデザインに優れたウォーターサーバー提供会社

お水の比較!

  • 「お水」の比較検討材料
  • お水の値段
  • お水の定期購入が必要か(購入ノルマがあるのか)

お水の値段

お水の値段は通常、500mlのお値段が60~80円くらいが相場になります。自動販売機のお水が100円だったり、薬局などのお水は2,000ml(2リットル)のお値段が80円前後で売っていたりいることを考えると、ウォーターサーバーのお水は決して安くはなくむしろ高いといってもよいくらいです。ただウォーターサーバーの魅力はお財布にやさしいことではなく、いつでも清潔な、冷えたお水、温かいお湯、熱い熱湯がすぐに出ること、そして毎日水を購入する必要がないためお買い物の荷物が少なくなることです。水を管理する必要がなく、常に家に水があることは主婦にとっては非常に安心を与えることでしょう。また災害時に水に困ることもありません。貯水の役割もこなしています。

ウォーターサーバーのメリットはさておき、肝心のお水の値段ですが、もちろん安いに越したことはありません。しかし、レンタルサーバーが有料であったり、レンタルサーバーの電気代が高かったりすることもあるため、お水の値段だけではなく、ウォーターサーバーをトータルで判断する必要があります。

お水が安いウォーターサーバー提供会社

お水の定期購入が必要か(購入ノルマがあるのか)

お水の定期購入が必要かはお水の値段以上に気にする必要がある項目です。ウォーターサーバーを契約したら、月に購入しなければいけないお水の量が決まっていることがほとんどです。つまり、毎月お水の「購入ノルマ」があります。仕事の出張で家を離れる人や、旅行で家を離れがちになる人は、お水を消費しきれず、家にお水のボトルがたまってしまう人も多くいます。

ファミリーのような水の消費量が多いところは気にする必要はありませんが、一人暮らしの人は普段自分がどれくらいお水を購入しているのかをしっかりと振り返り、自分の消費量と購入ノルマの水の量を超えているのか検討する必要があります。もし超えていないのであれば、購入ノルマを設けていないウォーターサーバーを選ぶべきといえるでしょう。

購入ノルマがないウォーターサーバー提供会社

お水の硬度(軟水/硬水)

お子さんをお持ちのファミリーや、料理にこだわる方は、お水の硬度は検討が必要な項目です。

赤ちゃんの場合、ミルク(調乳)・離乳食作りでは、60mg/リットル以下の軟水を使用が推奨されています。なぜかと言うと硬度が高いお水にはミネラルが多いため、粉ミルクに含まれるミネラルとあわせると、必要以上のミネラルを剰摂取になったりします。またお腹を壊す原因にもなったりするため、小さなお子さんをお持ちの方は軟水を選ぶべきでしょう。また料理では硬水の場合、味が変わってしまったりするため、軟水を利用したほうがおいしい料理が作れます。

逆に小さなお子様がいない、料理に利用しないという方であれば、ミネラル補給のため、硬水を選ぶ方もいるようです。とはいえお子さんをお持ちであれば、安心・安全なお水を選ぶべきであるため、お子さんのために「60mg/リットル以下の軟水」を選んであげるべきです。

お水が軟水であるウォーターサーバー提供会社

まとめ

ウォーターサーバーにも様々な検討項目があり、家族で使うのか、一人で使うのか、小さな子供がいるのか、デザインにこだわるのか、といったたくさんの検討横目があります。自分に最適なウォーターサーバー提供会社と契約できるよう、しっかりと情報を整理してウォーターサーバーの契約を決めてください。

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす