【ランサーズ vs クラウドワークス】クラウドソーシングおすすめはどっち?人気投票中!

【ランサーズ vs クラウドワークス】クラウドソーシングおすすめはどっち?人気投票中!

新しい働き方として注目される「クラウドソーシング」。パソコンとインターネット環境があれば誰でも仕事が出来るので、主婦や副業を行いたい社会人、学生にも人気の仕組みとなります。アウトソーシングの中でも有名なのが、「ランサーズ」と「クラウドワークス」になります。

そこで今回バトクエでは、ランサーズとクラウドワークスの特徴を紹介し、最後に『【ランサーズ vs クラウドワークス】クラウドソーシングおすすめはどっち?』という人気投票ランキングのアンケート結果を紹介します。

まだまだアンケートを実施中なので、あなたの意見を聞かせてください♪

【ランサーズ vs クラウドワークス】クラウドソーシングおすすめはどっち?のアンケート

ランサーズ

クラウドワークス

ランサーズとクラウドワークス

クラウドソーシングを中心に事業展開する「ランサーズ」は、2008年からサービス開始しました。「クラウドワークス」は2012年。

特にランサーズはクラウドソーシングサイトの最大手として知名度が高く、メディアにも頻繁に露出することでも有名です。

一方で「クラウドワークス」はランサーズのサービス開始から4年後に事業が開始。タスク手数料の無料化(2017年6月まで)や、出金申請を手軽に行える「クイック出金」機能など、ワーカーとクライアントの仕事環境への改善にも積極的です。

【クラウドソーシング】ランサーズ派

ランサーズの長所画像

ランサーズのメリット

ランサーズでは、プロジェクト・タスク募集を含めて非常に豊富な仕事が存在します。業界の最大手らしく、専門的な仕事から内職・簡単なライティング記事制作など、個人の技術や趣向に合わせて仕事をできる環境です。

10年以上続くサービスなので、事業展開における業務連携にも優れ、クライアントを含めた各企業の信頼度は高いと言えます。信頼があるからワーカーも安心して仕事ができる環境を構築しています。

スポット常駐というユニークな働き方

ランサーズには「スポット常駐」というユニークなサービスが存在します。「スポット常駐」はワーカーがクライアント先に直接足を運んで仕事をする仕組みです。今までのクラウドソーシングにおいて、ワーカーが自宅に居ながら仕事が行えましたが、同時にコミュニケーション不足からくる意思のズレといったトラブルもありました。クライアント先に足を運ぶことで、継続的な仕事にも繋がる可能性があり、報酬も保証されるメリットがあるのです。

ランサーズのデメリット

膨大なクライアントから仕事を探す上で、ランサーズのUI(サービスの見た目)が少し情報量が多いため、好みの仕事を探すのに時間が掛かることがあります。

また違法なクライアントをサイト上に表記されることを防ぐ「ブロック機能」も少し弱く、すべての案件が表示されてしまいます。クライアント側も同じような案件を何十件も募集する場合もあるので、仕事の探し辛さに拍車を掛けていることもあります。

【クラウドソーシング】クラウドワークス派

クラウドワークスの長所画像

クラウドワークスのメリット

クラウドワークスはランサーズと違って、クライアントやワーカーをサイト上に表記しない「ブロック機能」が充実しています。ブロックすれば各クライアント・ワーカー間で連絡が断絶されますし、表記がされなくなるため、しつこい案件募集も目につかなくなります。

さらに、クラウドワークスは違法な案件を手軽に通報できる機能も存在します。違法案件については、各クラウドソーシングサイトが頭を悩ませていますが、クラウドワークスは違法案件の除去に尽力している印象です。

評価システムが充実

クライアントのページに移動すれば、過去にどのような案件を募集したかや評価システムの存在によって、信頼できるクライアント・ワーカーかを見極めることができることも魅力的です。過去の実績が表示されることによって、ワーカー側の専属案件の獲得にも繋がるので便利となります。

また、ランサーズも同様にプロジェクト・タスクで手数料が取られますが、クラウドワークスでは報酬金額が20万円より多ければ手数料が安くなるのです。ですから20万円以上の収入が見込めるならクラウドワークスで仕事をするほうがお得です。

クラウドワークスのデメリット

ランサーズと同じで、豊富な案件や専門的なプロジェクトの存在によって信頼されているクラウドソーシングサイトですが、期間をおかない状態でサービスの仕組みを変えたり(タスクの有料化再開など)、利用規約に違反するクライアントが日々増えているのに、有効打になる対策を行っていない印象を受けます。

もちろんクラウドワークス側もサービスの向上を目指して運営していることは理解できるのですが、ワーカーたちの不信感をまだまだぬぐい切れていないようです。クライアントとワーカーが仕事をしやすい環境が構築されているだけに、非常に惜しいと思います。

どちらも優れる・改善を希望するところが存在する

クラウドソーシングサイトはまだまだ誕生して歴史が浅いので、ユーザーが改善してほしい点がいくつも存在します。ランサーズとクラウドワークスにもそれは言えることで法律の整備や環境の構築によって、もっと世間にも浸透する新しい働き方になる可能性を秘めています。

まだまだ未熟なサービスのため、安い案件が多い

この2社のサービスを利用すると、それぞれにメリットとデメリットが混在していることが分かりますが、どちらのクラウドソーシングサイトに言えることは、ワーカー側を馬鹿にしているような以上に安い報酬の案件が多いことです。

最大手の2社が違法案件を放置したり、違法な低報酬案件が乱立すれば、それだけ業界全体にも影響を及ぼすとこに繋がるでしょう。なので積極的にデメリットを改善すると同時に、クライアントやワーカー側の意見を積極的に取り入れる体制強化も必要といえるでしょう。

クラウドソーシングが市民権を獲得していくためにも、2社の動向が今後も重要になっていくのです。

「【ランサーズ vs クラウドワークス】クラウドソーシングおすすめはどっち?」まとめ

クラウドソーシングサイトを運営する企業が増えているので、今後も競争が激化する可能性はあります。ランサーズとクラウドワークスは追随する企業の指標になるほど業界でし中心的な役割を持っています。まだまだ発展途上にあるクラウドソーシングをより良いものにするためにも、2社が優れた事業展開をどれだけ行っていくのかがクラウドソーシングの未来が掛かっているのではないでしょうか。

それではお待たせの結果発表!

【ランサーズ vs クラウドワークス】クラウドソーシングおすすめはどっち?のアンケート

ランサーズ

クラウドワークス

まだまだやってます!

【ランサーズ vs クラウドワークス】クラウドソーシングおすすめはどっち?のアンケート

ランサーズ

クラウドワークス

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす