【沖縄県 お土産・名物】健康になりたきゃ大浜農園の黒紫米を食べるべき!~黒紫米が美容と健康に良い理由を徹底解説~

【沖縄県 お土産・名物】健康になりたきゃ大浜農園の黒紫米を食べるべき!~黒紫米が美容と健康に良い理由を徹底解説~

皆さん、沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」をご存知でしょうか?

「黒紫米(こくしまい)」は、近年日本で食べられているお米の先祖(原種)に最も近いと言われる古代米の一つです。主に暖かい沖縄地方で栽培されていますが、その中でもとくに、西表島にある大浜農園の黒紫米は、農薬をほとんど使わない、西表島の大自然を活かした方法で作られています。栄養価が高いと言われる沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」は、沖縄県のお土産にはもちろん、楽天やAmazonなどの通販として購入することもできます。そこで今回は、沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」の魅力を存分に紹介していきます。

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」が人気の理由!

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」は、栄養素が非常に豊富!

古代米は、白米に含まれていない栄養素が多く含まれています。「黒紫米(こくしまい)」は古代米の一つで、黒い色をした玄米のような見た目ですが、この黒い部分に非常に栄養素が多く詰まっており、黒紫米の最大の魅力と言えるでしょう。

黒紫米の黒い部分には、「アントシアニン」というポリフェノールが含まれています。「アントシアニン」は、血管を保護して動脈硬化を予防する効果や、老人性痴呆、発がんを抑制する抗酸化作用もあるという研究結果が出ています。また老化の原因となる活性酸素を抑える美容効果も期待されています。

黒紫米の魅力は、黒い部分の効果だけではありません。「アントシアニン」の他にも、カルシウム、鉄、たんぱく質、ビタミンB1・B2、ナイアシン、ビタミンE、マグネシウムなど、白米に比べて多くの栄養素がバランスよく豊富に含まれています。

栄養素が非常に多く健康に良いお米こそが、沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」です。

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」は、大自然を利用した農薬をほとんど利用しない!

西表島にある大浜農園では、農薬を極力利用しないで黒紫米を栽培する努力を行っています。

例えば除草であれば、『米ぬか』を利用した除草法があります。米ぬかで地面を遮光し、米ぬかが腐敗することで土壌表面を酸欠状態にすることができます。遮光および酸欠状態にすることで、雑草の出芽を抑えることができます。

他にも、科学肥料の利用を極力抑え、鶏糞や牛糞などの有機肥料を利用したり、沖縄県のエコファーマーの認定を受けています。

減農栽培を行った沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」は、安心安全の栄養素が豊富な黒紫米ということができるでしょう。

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」のトリビア・美味しい食べ方!

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」は、不老長寿になるお米?

中国では1500年以上前より、不老長寿の米として歴代の皇帝に献上されてきた食べ物が「黒紫米」です。また世界三大美人の一人「楊貴妃」が食べていたとも言われているほど。

日本でも黒紫米は、薬米と呼ばれ薬膳料理に珍重され、健康・美容に良い長寿食として愛されているお米です。特に沖縄県の西表島では、沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」は、行事や祝い事には欠かせない大切な食材として多く食べられています。まさに赤飯の代わりになるお米と言えるでしょう。

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」の美味しい食べ方!

「大浜農園の黒紫米」をお米として食べる!

「大浜農園の黒紫米」の主な食べ方は、白米にほんの少し加えるだけ。黒紫米だけを食べることは、味に特徴があるため一般的ではなく、白米に混ぜて食べるのが一般的です。

3合の白米に、大さじ2杯の「大浜農園の黒紫米」を加えて、通常の白米と同じように炊くと全体が薄い紫色に色づいたご飯が炊き上がります。沖縄名物の「肉みそ」を挟んでおにぎりにしても美味しく食べることができますし、ご飯だけで食べても美味しく食べることができます。沖縄県では、抗菌作用のある月桃の葉に包んでお弁当として持ち運び、昔から農家や漁師がお昼に食べていたという話もあります。

とはいえ、沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」は、各家で配合や炊き方に違いがあり、その家の味を象徴する料理の1つと言っても過言ではありません。

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」は、白米の代わりとして食べることができるので、どんな食材やおかずにも合う上、もち米に似た成分もあり、香ばしい風味とモチモチした食感を味わうことができます。

「大浜農園の黒紫米」は、粉にしてパンやお菓子に混ぜることもできる!

「黒紫米」はご飯としてだけでなく、パンや蕎麦、お菓子作りに使うこともできます。

「黒紫米」をすりつぶして混ぜると、パンや蕎麦、お菓子そのものがモチモチした食感となり、もちろん紫黒米の高い栄養価を摂取できます。「大浜農園の黒紫米」を粉にしたものも売られているので、それを使うとより簡単に作ることができます。

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」のまとめ

いかがでしたでしょうか。「大浜農園の黒紫米」は、とにかく栄養素が多く、さらには減農栽培しているため、安心安全の健康食品と言えます。古くから美容と健康によい食品として愛され、西表島では欠かせない食材として食べられ続けています。沖縄県の西表島では、お祝い事のとき赤飯の代わりに「黒紫米」が出てくるのは当たり前の光景です。

沖縄県の名物「大浜農園の黒紫米」はお土産で購入することもできますが、もちろん楽天やAmazonなどの通販でも購入することができます。美容・健康にこだわる方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす