不動産を買うなら「結婚してから」vs「結婚する前」

不動産を買うなら「結婚してから」vs「結婚する前」

不動産には土地と家が含まれていますが、結婚前に購入する人もいれば、結婚前に購入する人もます。それぞれ、投資用や子供が生まれたから…など、不動産を買うタイミングにはさまざまな要因があり、迷う人も多いものです。そこで結婚前後の意見を比較しましょう。

まだまだアンケート募集です!ご協力お願いします!

不動産を買うなら「結婚してから」vs「結婚する前」のアンケート

結婚後

結婚前

不動産を買うなら「結婚してから」のメリット・デメリット

不動産を買うなら「結婚する前」のメリット・デメリット画像

結婚するかどうか分からないから

男性はもちろん、最近では女性でもマンションの購入を考えるものです。独身女性は結婚の予兆もないままに、独身貴族としいてマンションの購入に踏み切ることはよくあることです。キャリア女性が独身時代にマンションを購入してから、もしも将来結婚することになってもパートナーを住まわせることもできます。

しかし、これはメリットでもありますが、デメリットでもあります。運よくパートナーもマンションを買っているなら、家を2軒所有することになるだけです。こうした事態になったときに夫婦の互いのマンションのいずれかが無駄でもったいないと思うのか、思わないのかで変わってきます。資金に余裕があれば二軒所有しておけばいいし、無駄と思えばどちらかを売却したり賃貸に出すことで対処できそうです。

そもそも結婚相手もいないのに結婚生活を想定して家を買うということはかなりのリスクがあります。まず、独身貴族としてのつもりで家を買うなら結婚前でもリスクが少ないと言えます。結婚を考えず、独身貴族のつもりで買うなら結婚前の購入もいいですが、結婚するつもりなら結婚してから買う方が安全ですよね。逆に言えば独身貴族を決め込んでいるなら早めに不動産を買ってもメリットが多いということです。

結婚する相手のことを考えて

結婚生活を送るための家を買うなら、結婚相手が見つかってからの方がリスクが少ないということですが、パートナーにも人生があります。もしキャリア女性で転勤が多い転勤族の場合、事情で別居しなくてないけない、子供の教育を考えて別の地域に引っ越したい、など都合はいくらでも変わる可能性があるものです。夫婦といえどお互いの人生は縛る権利がないので、結婚前の1人よがりな物件探しは危険なこともあるということ。

結婚後に家族の意見を聞いてから購入することはこのようなリスクを最小限の止めることもできそうです。もしも、配偶者が転勤族なら結婚してから奥さんがマンションに住んで子供を育てるということもできます。結婚後に定住先を選ぶことは子育て環境を選ぶこと、子供にあった環境を選ぶことができます。転勤者は月に一度家に帰ってくるという生活が可能にもなります。老後は、転勤先から戻ってきた家族と過ごすことができますよね。

不動産を買うなら「結婚する前」のメリット・デメリット

不動産を買うなら「結婚する前」画像

年齢枠などの要因から

不動産を購入する年齢が中高年、高齢である場合には、結婚前に購入していることが多いこともあります。ローンの支払い事情も年齢枠が設けられていることもあるからです。たとえ、中高年で不動産の購入がなくても一括で購入できるくらいの貯金や資産が必要ですね。

一方で、まだ若年層である場合には、頭金を準備することすらままならないことがほとんどです。若くして結婚する前に不動産を購入するとしたら、親兄弟、親戚から資金援助を懇願している場合です。

物理的な面で言えば、例えば男性が結婚前に家を購入しても、キッチンや水周りの家事を担う女性が動きにくい、使いにくいとなれば新たなリフォームも必要になってくるかもしれません。そうなれば、二度手間になる工事と工事費用は無駄そのものです。逆に女性が購入した家でも男性が通勤に不便な地域なら別居や売却も考えることになります。

もしも子供が生まれたら、子供の教育を一番に考えた住まいや環境が必要になります。勉強するには近所に学習塾がない、受験させる学校もない、習い事をさせることもできない、通学に不利な環境、公園がない、子育て環境には到底合わないと考えた場合にはそうした変更は必ず必要になってきます。子供の教育や仕事の通勤を不動産の犠牲にするわけにもいかないので、必ず変更は出てくるものです。

定住する家族の住みやすい不動産を買うことが望ましいので、とくに田舎に定住する予定の人は「結婚してから」不動産を検討する人が多いです。一方、首都圏においてはもう人生の羅針盤は概ね決められています。首都圏で働いていたのに急に田舎の家業を継ぐことになったという稀な事情でもない限りは、定住先は決まっていたようなものです。

不動産を買うなら「結婚してから」vs「結婚する前」のまとめ

不動産は一生に一度の大きな買い物です。購入時期のポイントは資金面や仕事意外にも、誰と将来住むのかを見極めることが大切です。将来家族と住むなら家族の住みやすい物件を選んだり、家族の意見も取り入れてみてはいかがでしょう。

不動産を買うなら「結婚してから」vs「結婚する前」結果発表!

不動産を買うなら「結婚してから」vs「結婚する前」のアンケート

結婚後

結婚前

まだまだ投票募集です!

不動産を買うなら「結婚してから」vs「結婚する前」のアンケート

結婚後

結婚前

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす