「沖縄ぜんざい」は夏のNo1スイーツ!冷たいぜんざいの魅力とは?|沖縄県 名物・お土産

「沖縄ぜんざい」は夏のNo1スイーツ!冷たいぜんざいの魅力とは?|沖縄県 名物・お土産

皆さん、沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」をご存知ですか?

「沖縄ぜんざい」は、本土の一般的な「ぜんざい」とはまったく違います。暖かく冬に食べるのが一般的ですが、「沖縄ぜんざい」は冷たくて夏に食べます。どんな食べ物かというと、沖縄県の黒糖などを使い甘く煮込んだ金時豆にの上に、自家製の白玉とカキ氷がのっているスイーツです。一度食べると病みつきになり沖縄の夏に欠かせないスイーツと言われています。「沖縄ぜんざい」のアン部分はお土産屋はもちろんのこと、楽天やAmazonなどの通販で購入することもできるので、家でカキ氷作って「沖縄ぜんざい」を楽しむこともできます。そこで今回は、沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」の魅力を紹介します。

またバトクエでは、沖縄県のお土産や名物のアンケート・ランキングを取っています!もしよければあなたの好きなお土産や名物を教えてください♪

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」が、人気がある理由!

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」は、まさに沖縄県のスイーツ!

暑い沖縄県だからこそ、冷たいものを食べたくなるもの。沖縄県で食べるカキ氷は格別ですが、そのカキ氷を超える夏のスイーツこそ「沖縄ぜんざい」です。ぜんざいのみだと甘ったるいイメージがありますが、そこにカキ氷を乗せることで、さっぱりとした食べ物に生まれ変わります。甘くて冷たいそして、食べ応えがある、そんな魔法のスイーツこそが「沖縄ぜんざい」です。

冷たいカキ氷と、食べ応えのある白玉と甘く煮込んだ金時豆の組み合わせは病みつきになる沖縄県民、忘れられなくもう一度訪れる旅行者が多くいます。今では沖縄県に名店が溢れるほど、夏には欠かせない食べ物となりました。

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」は、金時豆を使うので豆の食感を味わえる!

小豆は言わずと知れたアンコの原料。金時豆は煮豆用で、小豆より少し大きいのが特徴です。「沖縄ぜんざい」では、金時豆が利用されています。また金時豆はカリフォルニア産のものを使用しており、金時豆自体が大粒で食べ応えがあります。金時豆は煮込んでも煮崩れしにくい特徴があるので、大粒で形状を維持できる金時豆を食べるときには食感を味わうことができます。

通常のぜんざいとはちがい、「沖縄ぜんざい」には、白玉と金時豆の2つの食感と甘味を味わうことができることは、沖縄県で人気がある理由の一つです。

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」は、元々は子供の健康を願うヘルシー食!

沖縄県ではその昔「あまがし」というお菓子がありました。緑豆と大麦を黒砂糖で煮こんで、冷やして食べるお菓子です。緑豆は漢方で食欲不振や食べすぎに効果があるとされており、子どもの健康を願う行事の際に食べられていました。

戦後、カリフォルニア産の金時豆が出回り、便秘や生活習慣病に効果があること、煮崩れせずに食べられるということから、少しずつ金時豆が使われるようになりました。そして冷蔵庫の普及により、氷を乗せるスタイルへ変化し、「沖縄ぜんざい」が完成しました。

もともとは子供の健康を願う際に食べられていたものですが、時代とともに変化し、今のスタイルへと進化しました。とはいえスイーツなのに、健康によいというのも「沖縄ぜんざい」の魅力の一つといえるでしょう。

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」のトリビア

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」には新しい味が誕生?

最近になってシロップ味やフルーツを盛り込んだものなど、「沖縄ぜんざい」の新しい味が発売されるようになり、男女問わずとても人気があります。暑い夏にさっぱりとした味や、よりいっそう甘いもの、酸味が効いた味など、様々な味を楽しめるようになりました。

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」の隠し味は「黒糖」!

実は沖縄県は、黒糖・黒蜜が名物。日本国内でも最高級品ですが、そんな黒糖で金時豆を煮込んだものを利用しているのが「沖縄ぜんざい」です。またカキ氷の上から黒蜜をかけるような甘党もいるのだとか。

また身体によい金時豆とミネラル豊富な黒糖を利用しているので、前述したヘルシー食である理由に納得できます。まさに、暑い沖縄の夏を乗り切るための食べ物と言えるでしょう。

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」の美味しい食べ方

カキ氷風

スタンダードな「沖縄ぜんざい」は、豆・氷・白玉で構成されており、それだけでも美味しいのですが、かき氷スタイルで練乳や抹茶、きな粉、黒蜜などをかけても美味しくいただけます。

アイス on アイス

暑い夏には、バニラアイスクリームのトッピングもおすすめです。黒糖で煮た金時豆とバニラアイスとの相性も抜群です。氷があることで、甘ったるさをうまく緩和してくれてさっぱりと食べることができます。一番のおすすめはバニラアイスだが、チョコや抹茶なども美味しくいただけるでしょう。

沖縄そばのデザートとして

沖縄県の地元民、特に学生達が集まるような食堂では、沖縄そばとぜんざいが定番セットとして注文されます。

温かいこってりとした濃いめの沖縄そばの後に、さっぱりと冷たいぜんざいが食後の口当たりをさっぱりと変えてくれます。食堂などによっては、沖縄そばのデザートに小さめのぜんざいがついてくるお店もあります。

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」

沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」のまとめ

いかがでしたでしょうか。沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」の魅力が少しでも伝わったらと思います。

食べ応えのある白玉、甘く煮込んだ金時豆、冷たいカキ氷、この3つの病みつきになる組み合わせこそが「沖縄ぜんざい」です。地元民からも、旅行者からも愛されるこの沖縄県の夏のスイーツは、沖縄県に行くのであればぜひ食べていただきたい逸品です。

沖縄県の地域やお店によっても、豆の煮方、黒糖の種類や量の違いによって味が異なり、沖縄旅行の際はぜひ食べ歩きしてお気に入りのお店を見つけてみてはいかがでしょうか。「沖縄ぜんざい」をお土産として購入することはもちろん、楽天やAmazonなどの通販で購入することもできます。沖縄県にいけないという人は、ぜひ沖縄県の名物「沖縄ぜんざい」を通販で試してみてはいかがでしょうか。

沖縄県の名物・お土産のアンケート・ランキングの結果を紹介!

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

まだまだ募集中なので、ぜひ沖縄県の名物・お土産のアンケートにご協力ください♪

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす