「551蓬莱の豚まん」は日本一と言われる理由は生地にあり?|大阪のお土産・名物

「551蓬莱の豚まん」は日本一と言われる理由は生地にあり?|大阪のお土産・名物

皆さん、大阪の名物「551蓬莱の豚まん」をご存知ですか?

大阪だけではなく、関西に住んでいれば必ず聞いたことがある「551蓬莱」のCM。それくらい関西では有名で人気の商品が「551蓬莱の豚まん」です。甘くて美味しい分厚めの生地にジューシーな豚と肉汁がマッチし、おやつにお昼ご飯に利用する家庭も多くあります。また観光客からも大人気で、大阪に行けば「551蓬莱の豚まん」を立ち食いしたり、お土産として購入したりする光景をよく見ます。もちろん楽天やAmazonなどの通販でも購入できます。そこで今回は大阪の名物「551蓬莱の豚まん」の魅力を紹介していきます。

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」が、美味しくて人気がある理由!

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」は、生地に秘密がある!

「551蓬莱の豚まん」を食べれば、まず生地(皮)が分厚いと驚くでしょう。通常皮が分厚いと、食べにくい、もっとお肉を楽しみたいのに、と思ってしまいがちです。しかし「551蓬莱の豚まん」の生地は、ほんのり甘くてモチモチのため、生地だけでも十分美味しく食べることができます。

またその分厚い生地がしっかりとお肉の肉汁を閉じ込めるため、「551蓬莱の豚まん」は生地の甘さと肉汁のジューシーさが、とてもマッチした最高の豚まんと言えるでしょう。

少し大きめのサイズですが、ぺろりと食べれるほどの美味しさで、クセになる逸品です。

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」は、生地へのこだわりが半端ない!

まず「551蓬莱の豚まん」は、保存料を使用せずに無添加で作られています。お土産として大人気の商品であるにも関わらず、生地へのこだわりから保存料を使わないことには、こだわりを感じずにはいられません。

そして「551蓬莱の豚まん」は、生では販売していません。そのため「551蓬莱お店ではすでに蒸したものしか購入することができません。これにはしっかりした理由があります。

豚まんの生地はイースト菌が発酵し続けるため、美味しさや形を保てるのはわずか150分しかないためです。

150分の間においしくふっくらと蒸し上げる必要があるので、販売店舗も工場から150分以内の場所にしか出店していません。そういったこだわりがあるからこそ、「551蓬莱の豚まん」の甘い生地を実現することができるのでしょう。

そんなこだわりを持ちながら、1日14~15万個を手作りで製造しているというので、製造力も半端ありません。付属の「からし」も自社製造で毎日生産し、できたてのうちに出荷しています。

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」の『551』ってなんや?由来は?

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」

関西では、蓬莱という店名がついているにも関わらず、「551」と呼ぶ人も多くいます。筆者の母もまさにその一人で、『今日のお昼551でええか?』と母が聞いてきたのをよく覚えています。

そもそも「551」というのはいったい何なのか?

実は創業当初のお店の電話番号「551」だったことが由来になります。そして会社のコンセプトを次のように定めたことから「551蓬莱の豚まん」の名前が誕生したようです。

  • 蓬莱のコンセプト
  • 味もサービスも、5(こ)5(こ)が1番を目指そう!

また数値を利用したのには、数字であれば世界共通で誰にでもわかるという理由があったそうです。こちらは創業者の愛した煙草が、「ステイツ・エキスプレス・スリーファイブ」という名前で、「555」というパッケージに一際目立つ数字を見てひらめいたようです。

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」の美味しい食べ方!

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」

もちろんそのまま食べるのが、一番のおすすめですが、「からし」もぜひつけて食べてほしいです。生地が甘いため、からしが良くあうのです。しっかりした味わいの豚まんにピリッとしたからしがアクセントとなります。そこに醤油を少し加えても美味しくいただけます。とにかくベタに食べるのが一番と言えるでしょう。

「551蓬莱の豚まん」のもう一つのおすすめの食べ方として、中華スープに浸すという食べ方です。生地がしっかりしているので、スープをしみこませるともちもち感がなんともいえない存在になります。豚まんが余ってしまった次の日などには非常におすすめで、野菜もたっぷり入れれば、朝食としてこの1品だけで十分満足できること間違いなしです。

大阪の名物「551蓬莱の豚まん」のまとめ

いかがでしたでしょうか。大阪の名物「551蓬莱の豚まん」の魅力が少しでも伝わったらと思います。

「551蓬莱の豚まん」の生地へのこだわりが、甘くてモチモチした厚めの生地がしっかりとジューシーな豚肉と肉汁がマッチした最高の豚まんになりました。まさに大阪でしか食べれない逸品であり、「わざわざ大阪に来ないと食べられないものにしたかった」という蓬莱の戦略通りの人気商品です。

大阪に行って食べるのが一番ですが、もちろんお土産や、楽天やAmazonなどの通販で購入することもできます。大阪にこれないという人は、いつでもどこでも「551蓬莱の豚まん」を楽しむことができるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす