「十勝ワイン」は、日本で珍しい辛口にこだわり続けたワイン!寒さに打ち勝つワインの実力とは!?|北海道 お土産・名物

「十勝ワイン」は、日本で珍しい辛口にこだわり続けたワイン!寒さに打ち勝つワインの実力とは!?|北海道 お土産・名物

皆さん、北海道の名物「十勝ワイン」をご存知ですか?

「十勝ワイン」は、北海道の十勝地方にある池田町が運営する「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」で製造されているワインです。冬の寒さに打ち勝ち作られる「十勝ワイン」は、辛口にこだわり続け、さらには北国ならではの酸味の強いぶどうの味をダイレクトに味わえます。畜産が有名な北海道の十勝地方の料理とよく合うと評判です。北海道ではお土産として購入することはもちろん、楽天やAmazonなどの通販で購入することもできます。そこで今回は北海道の名物「十勝ワイン」の魅力を存分に紹介します。

北海道の名物「十勝ワイン」が、選ばれる理由!

北海道の名物「十勝ワイン」

「十勝ワイン」は、辛口かつ酸味を感じる北国ならではのワイン!

「十勝ワイン」には、強い『辛口』へのこだわりがあります。これは「そのワインが持つ良さは、料理と一緒に楽しんで初めて理解できるもの」というコンセプトを持っており、そのコンセプトを満たすために、50年以上の歴史を通して辛口路線を走り続けています。

また「十勝ワイン」は、極寒の北海道で作られるぶどうを利用しています。寒い環境で育つぶどうは酸味が強くなり、まさに「十勝ワイン」で利用されるぶどうも酸味が強いぶどうです。

辛口かつ酸味をダイレクトに味わうことができる、北国ならではのワインこそが「十勝ワイン」の魅力と言えるでしょう。

「十勝ワイン」は、北海道十勝地方の料理に合うように作られている!

「十勝ワイン」が辛口にこだわる理由は、料理に合うワインを目指しているためですが、北海道の十勝地方は言わずと知れた畜産農業が有名な地域です。牛乳、チーズに始まり、お肉、ハム、ソーセージなどが非常に美味しい素材を日本全国に提供しています。

ぶどうの酸味をそのまま表現する辛口の「十勝ワイン」であるからこそ、そんな日本最高級の素材の良さや料理そのものの良さを、引き立ててくれるのです。「十勝ワイン」の味わい方として、産地を同じくする十勝地方の素材と料理と一緒に味わうことはまさに至福と言えるでしょう。

例をあげると、十勝地方には、黒毛和牛やハーブ牛といったブランド牛も多いので、それらを使ったしゃぶしゃぶやすき焼きと十勝ワインを合わせてみるのも贅沢な味わい方です。また十勝地方のチーズは通販などで入手もしやすいので、「十勝ワイン」とのコンビネーションはお手軽に楽しむこともできます。

「十勝ワイン」は、白も赤も揃っている!

「十勝ワイン」白も赤

「十勝ワイン」には、白ワイン、赤ワインもそろっていますが、白ワインの場合は鶏肉料理や魚介類、甲殻類などを素材として使った料理、赤ワインには和食や中華、肉料理までマッチし、その料理の良さをしっかりと引き出してくれます。

十勝地方の美味しい食材にあう種類が揃っているのも「十勝ワイン」の魅力の一つと言えるでしょう。

北海道の名物「十勝ワイン」のトリビア・おすすめの飲み方!

「十勝ワイン」の始まりは?

近年ワイン生産が盛んになってきた日本ですが、「十勝ワイン」の始まりは、1950年代まで遡ります。

「十勝ワイン」が生まれるきっかけは、1950年代に起こった大地震や冷害などの自然災害です。その災害の後、当時の町長が町内に自生する山ぶどうに着目し、復興も兼ねて町おこし的な形で自治体が主体となり、ぶどうの栽培が始まりました。

この山ぶどうがワインに適する品種だったこともあり、1960年代にワイン醸造に取り掛かかることになりました。すると、製造開始して数年後の1964年にはブタペストで開催された「第4回国際ワインコンペティション」でみごと銅賞を受賞しました。

これを機に同じ1964年に池田町は「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」を開所し、1966年から「十勝ワイン」ブランドがスタートしました。「十勝ワイン」は今でも、北海道の池田町が運営する「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」で製造されています。冬の寒さとの戦いなどいくつもの困難を克服しながら十勝ワインブランドは成熟し、全国にその名を知られるようになりました。

「十勝ワイン」の醸造している池田町はワイン消費量が半端ない!

十勝地方である北海道の池田町の町民は、地元への愛情、そして池田町が作る「十勝ワイン」への愛情が半端ないのです。その理由とは?

池田町の成人ひとり当たりの1年間のワイン消費量は、なんと10リットル以上。これは日本人平均の5倍程度にあたります。

池田町が運営する「十勝ワイン」をこよなく愛しているからといってよいでしょう。またワインを醸造する「ぶどう栽培研究」たゆまない努力を知っているからこそ、地元の「十勝ワイン」を応援しているのでしょう。

こういった町をあげて頑張っているエピソードを聞くと、応援したくなりますね!

北海道の名物「十勝ワイン」

北海道の名物「十勝ワイン」のまとめ

いかがでしたでしょうか。北海道の名物「十勝ワイン」の魅力が少しでも伝わったらと思います。

池田町が醸造する「十勝ワイン」は、辛口にこだわった酸味の強いぶどうの味をダイレクトに味わえます。十勝地方の日本トップクラスの素材の料理に最適なワインなので、もし北海道の帯広や十勝近辺に旅行に行った際は、「十勝ワイン」を飲んでみてください。

もちろんお土産として買って帰っても喜ばれること間違いなしですが、北海道に行けない人は楽天やAmazonなどの通販を利用すれば、いつでもどこでも「十勝ワイン」を楽しむことができるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす