年賀状は今でも出している?年賀状は出さない?現代社会の多数派はどっち?ランキング投票結果発表中!

年賀状は今でも出している?年賀状は出さない?現代社会の多数派はどっち?ランキング投票結果発表中!

年の暮れが近づくころ、にわかに焦り始めるのが年賀状です。毎年早めに出そうとは思いつつも、ついつい忙しくて先延ばしにしてしまい、いつもぎりぎりになってしまうという人は多いのではないでしょうか?

ところが最近では、チャットやSNSが盛んに利用されるようになり、年賀状を出さずにメールやラインなどのやり取りで済ませてしまう人も多くなってきました。特に若者を中心にその傾向が強く、需要が減ることを恐れる郵便局は、しきりに年賀状の呼びかけを行う姿が多く見受けられます。

そこで今回は、年賀状を出す派の意見と出さない派の意見を紹介して、「今でも年賀状は出している vs 年賀状は出さない」というアンケートのランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

年賀状は今でも出している?現代社会の多数派はどっち?のアンケート

出している

出さない

年賀状を「出している」派の意見

年賀状を「出している」派

【年賀状に前向きな意見】日本の伝統を大切にしたい!

毎年年賀状を出しているという人の中には、昔からの日本の伝統を重んじている人が多いといえます。SNSやチャットなどのインターネットの環境が広がる現代だからこそ、はがきから伝わる心の通い合いが大切だという考えです。日本に伝わる良き風習を大切にしたい、そんな思いがあるようです。

【年賀状に前向きな意見】普段会えない人だからこそ、近況報告したい!

普段なかなか会えない人だからこそ、年に一度の近況報告がうれしく感じます。特に年齢を重ねていくと、今年もハガキが届いたということで、お互いの健康を確認しあえるといった意見もありました。

【年賀状出すけど迷い中の意見】少しずつ枚数を減らしたい...

しかし、年賀状を出しているという人の中にも、少しずつ迷いを感じている人も実際に増えています。年賀状のやり取りはやはり続けた方がいいとは思うのですが、普段ほとんど関わる事がないのに年賀状だけの付き合いになってしまっている人は、正直少しずつ枚数を減らしていきたいと考えているようです。

【年賀状出すけど迷い中の意見】手間とお金が馬鹿にならない

日々忙しい中で年賀状を書くのは、誰でもとても手間がかかるうえにお金もかかります。そのためどうせ年賀状を出すのであれば、本当に必要で大切だと思える人にだけ出したいという意見も多いようです。

年齢と共にどうしてもやり取りする人が増えてしまうため、毎年だいぶ遅れて届く人や、出したのに返事のなかった人、これから先の付き合いがないと断定できる人は、多くの方が悪いと思いながらも心を鬼にしてやめたという意見が目立ちました。

年賀状は出している派の意見のまとめ

このように、年賀状を出しているという意見の人には、大きく分けて次のようなパターンに分かれるといえます。

  • 付き合いがあってもなくてもハガキが届くのを楽しみにしながら毎年やり取りをしているという人
  • 本当に親しく大切に思う人にだけは、メールやSNS、チャットのような手段ではなく、心のこもったはがきを出したいと思って出している人
  • 毎年面倒とは感じながらも出さないことにも抵抗があるため、なんとなく義務感のような気持ちで出しているという人

いずれにしても、年賀状を出す事に意味があると感じている人も多いということですが、今後関わることがない人には出すのを控えたいという人は多くいるようです。

年賀状を「出さない」派の意見

年賀状を「出さない」派

ポストより、スマートフォンの方が見る!

年賀状を出さないという人は、統計からすると比較的年齢の若い方に多いという傾向があります。若者が年賀状離れしている最大の理由は、現代のメールやSNS、チャットを主流としたインターネットの普及と言えるでしょう。

若者の大半がスマートフォンをやタブレットなどの端末機器を所持しており、毎日様々な情報をやり取りしています。生活の一部のように手軽に楽しんで利用している人にとっては、正直ポストより圧倒的にスマートフォンのほうを見ることが多く、メールやSNS、チャットのほうが相手も見てくれるだろうという意見です。

無料で簡単に挨拶ができる!

メールやSNS、チャットなどは無料で簡単に挨拶ができます。わざわざ有料のはがきを買ったり、忙しい時に時間をかけて年賀状を作るのは無駄だという割り切った考え方といえるでしょう。

若い人の中には、昔から伝わる日本の伝統というような意識は低く、より手軽で簡単に送りあえるSNSやチャットを好むという傾向が強くあります。

幸せそうな写真は、つらい人がいる...

年賀状を出さないという人の中には、ただ面倒というだけではなく、年賀状を出すことの難しさに直面している人もいます。

どういうことかというと、年賀状の主流となっている写真付き年賀状、子供の誕生や結婚の報告など、出す側にとって嬉しいかぎりの幸せな写真が添えられていたりします。しかし、自慢することがない人にとっては、何の写真をのせればいいのでしょうか。

例えば年齢を重ねてもずっと独身でいる方、今の時代に多い子供が欲しくても子供ができないというご夫婦の方にとって、特にそれほど親しいわけでもない方からの写真付きの年賀状は、貰って困るものだと言われています。受け取る側にとって、必ずしもこのはがきが喜ばしいと感じるものではありません。

そんな意見が巷で多く聞かれるようになり、出す側にとってもいろいろと迷うという意見が目立つようになりました。中には出す人によって写真をのせないようにしたり、絵柄を変えるようにしたりと、配慮することもありますが、そんな風に悩むくらいなら年賀状は出さないという意見も多くありました。

年賀状は出さない派の意見のまとめ

SNSやチャットならば、必要な人にだけ簡単に写真をのせたり文面を変えたりといった作業が手軽にできるため、気をつかいながら年賀状を出すよりも気分が楽、という意見は多くありました。確かにこのような意見も一理あると感じるのは、時代の変化がそうさせていると感じずにはいられません。

また、年賀状を出さないという人の中には、単純に仕事が忙しくて書いている暇がないからという意見も多く、現代人の忙しさや経済的な厳しさを如実に表しているものであり、こちらも今の時代仕方がないのかなと感じる意見もありました。

「年賀状は今でも出している?年賀状は出さない?現代社会の多数派はどっち?」まとめ

いかがでしたか。年賀状を出している人も、出さない人も、それぞれの意見がありました。比較的年配の方が出して、若者が出さないという傾向がありました。年賀状に対する意見は賛否両論あるため、人によって考え方は様々ですが、時代の変化と共に普段なかなか手紙やはがきを書く人が減っている世の中において、年に1度の年賀状の風習が続いていくことは願うばかりです。

それでは、お待ちかねのアンケート・ランキング結果の発表です。

年賀状は今でも出している?現代社会の多数派はどっち?のアンケート

出している

出さない

まだまだアンケート募集中です!あなたの意見も聞かせてください!

年賀状は今でも出している?現代社会の多数派はどっち?のアンケート

出している

出さない

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす