北海道の「本物のししゃも」は肉厚で全然違う!握りや刺身で食べれる美味しさとは?|北海道お土産/名物

北海道の「本物のししゃも」は肉厚で全然違う!握りや刺身で食べれる美味しさとは?|北海道お土産/名物

皆さん、北海道の名物である本物の「ししゃも」を食べたことがありますか?

「ししゃも」は、世界中でも北海道太平洋沿岸部のみに生息する日本固有の回遊魚です。実は一般に広く出回り食卓に上がる「ししゃも」と呼ばれているものは、実は全くの代物であり、多くは「カラフトシシャモ(カペリン)」という別の魚なのです。本物の「ししゃも」は、ふっくらと丸みがあり、カラフトシシャモに比べ、鱗・目・口が大きく皮が飴色なのが特徴で、味も脂が乗って甘みがあります。

旬な時期が10月~11月中頃と非常に短く、北海道のお土産や楽天やAmazonなどの通販でもなかなか手に入れることができない幻の名物と言えるでしょう。そこで今回は北海道の名物「ししゃも」の魅力を存分に紹介します。

北海道の名物「ししゃも」が、美味しくて人気がある理由!

北海道の名物「ししゃも」

「本物のししゃも」は「カラフトシシャモ(カペリン)」より美味しい!

「カラフトシシャモ」は、旬な時期はなく、いつ食べてもそれほど味に変化はありません。味は脂の乗りが少ないため全体的にあっさり食べることができ、通常「子持ちししゃも」という魚卵の詰まったメスを食べています。

一方、北海道の本物の「ししゃも」には、「カラフトシシャモ」より脂が乗っており、味が濃厚で味がしっかりしています。また北海道の本物の「ししゃも」は、身の厚みが肉厚です。また焼いたときの香りが強く、濃密な香りがします。特にオスの身は、卵に栄養を取られないため、より肉厚の逸品です。その肉厚さから北海道では、刺身や握り寿司に利用されるほどです。

北海道の本物の「ししゃも」は、脂が乗った肉厚で味が濃厚であるため、通常食べる「カラフトシシャモ」で味わえない魅力が詰まっています。

「本物のししゃも」は、オスとメスで味の違いが楽しめる!

「カラフトシシャモ」は、通常「子持ちししゃも」という魚卵の詰まったメスを食べ、オスは脂の乗りがいまいちなことから、あまり食べられていません。

しかし北海道の本物の「ししゃも」は、オスもメスも美味しく食べられます。

まずメスですが、10月〜11月の旬のうちでも卵の成熟度によって味が異なります。旬の前半は卵が未熟なため脂が乗っていて濃厚な味わいがします。卵が少し育ってくると脂が抜けてあっさりしてきます。そして旬の後半、卵に栄養が詰まってきた頃は甘みや旨味が強くなります。

次にオスですが、卵に栄養が取られない分、身が肉厚で脂も乗っています。そのため刺身や握り寿司としても食べることができます。もちろん焼いても美味しく、焼くと身はねっとりとして弾力を味わうことができます。

  • 北海道の本物の「ししゃも」の特徴
  • メス
    • 旬の前半は卵が小さく、身に脂が乗って濃厚な味わい
    • 旬の後半は卵が育ち、身はあっさりしているが、甘味と旨味が強い味わい
  • オス
    • 身が肉厚で、脂が乗って濃厚な味わい

北海道の名物「ししゃも」のトリビア!

北海道の名物「ししゃも」

本物の「ししゃも」は、かなり希少価値がある!

本物の「ししゃも」は、日本固有の回遊魚で、世界中でも北海道太平洋沿岸部のみに生息します。一部の地域でしか獲ることができず、季節も秋の10月~11月と非常に短いため、大変貴重な魚として知られています。

貴重な魚としては数値上も明らかで、北海道産の「ししゃも」が占める割合は市場全体のわずか10%未満です。また痛みやすいため、鮮魚はほとんど出回りません。

「ししゃも」の語源は?

「ししゃも」の語源はアイヌ語から来ており、アイヌ民族の間では神様がくれた食べ物として尊ばれていました。

アイヌ民族では「神さまが川に流した柳の葉がししゃもになった」という言い伝えがあり、アイヌ語で柳の葉のことを「ススハム」といい、それがなまって「ししゃも」となったと言われています。

北海道の名物「ししゃも」の美味しい食べ方!

北海道の名物「ししゃも」

「ししゃも」は身が崩れやすいため、焼き方に少しコツが必要です。

まずアルミホイルはくっついてしまうため、使ってはいけません。フライパンやホットプレートにクッキングシートを敷いて、弱火~中火でじっくりと焼くのがポイントです。身がふっくらと膨らみ、両面にほどよく焦げ目が付いたら焼き上がりです。

焼きシシャモは七味やマヨネーズとともに酒の肴として間違いないので、ぜひ身を崩さないで美味しく召し上がってください。「ししゃも」そのものの濃厚な香りと味わいを堪能するには、やはり焼きシシャモが一番です。

北海道の名物「ししゃも」のまとめ

いかがでしたでしょうか。北海道の名物「ししゃも」の魅力が少しでも伝わったらと思います。

カラフトシシャモとは異なり、北海道の本物の「ししゃも」は身が厚く脂が乗っているため、焼きだけではなく旬の10月~11月頃の北海道では刺身や握り寿司として食べることができます。肉厚で脂が乗った濃厚な味わいこそ北海道の本物の「ししゃも」です。

旬な時期が短いため、北海道のお土産や楽天やAmazonなどの通販でもなかなか手に入れることができません。ぜひ10月~11月頃の旬な時期を狙って、通販で購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす