【2019年プロ野球セ・リーグ順位予想】広島東洋カープの4連覇は黄色信号?順位予想ランキングを人気投票中!

【2019年プロ野球セ・リーグ順位予想】広島東洋カープの4連覇は黄色信号?順位予想ランキングを人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA(フリーエージェント)動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。広島東洋カープは、セ・リーグ3連覇という快挙を成し遂げましたが、カープの主力の放出やジャイアンツの大型補強など、2019年シーズンは苦戦することが予想されます。

そこで今回は2019年の広島東洋カープの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

広島東洋カープの2018年の振り返り&2019年の展望!

緒方監督が就任4年目を迎えた2018年シーズン。2位に7ゲームの差をつけての優勝と、セ・リーグでは圧倒的な力を見せつけました。その要因はなんだったのでしょうか。

2018年も打撃陣の成長!

2017年は「タナキクマル」の同学年トリオの1番2番3番の俊足強打が目立ちましたが、2018年は野間 峻祥の成長、鈴木 誠也の1年を通した活躍による真の4番打者に成長など、若手の成長が目立ち選手層の厚さを見せてくれました。

鈴木 誠也

とはいえ、29歳と成熟期を迎えた丸 佳浩の打率.306・本塁打39本は圧巻で、セ・リーグ最強打線をしっかりと牽引したことや、打撃は不振でもシーズンを通して安定した守備を見せた菊池 涼介、ショートとしてカープの中で唯一全試合出場した田中 広輔の貢献も忘れることはできません。

投手陣は2018年も中継ぎがすごかった...!

投手陣は、何と言っても中継ぎ・抑え投手陣が頑張りました。40試合以上登板した投手がなんと6人もおり、先発投手を支え続けシーズンを通して安定した勝利をあげることができたのは中継ぎ・抑え投手の貢献と言えるでしょう。

特に抑えの中﨑 翔太は同点シーンでの登板も含め68試合の登板と大車輪の活躍を見せてくれました。中継ぎのセットアッパーとしては、ジャクソン、フランスアの両外国人投手、安定したリリーフを見せる一岡 竜司、高卒2年目の19歳の成長著しいアドゥワ 誠はロングリリーフにビハインド登板にフル回転しました。

先発投手も、大瀬良 大地は自己最多の15勝をあげ1年を通してエースとしての活躍を見せてくれました。WHIPはなんと1.00と、セ・リーグの中でもトップクラスの成績を納めています。先発の次に良かったのはジョンソンの11勝。しかしその後の先発投手陣が目立った成績を上げることができませんでした。2018年シーズンの飛躍を期待された岡田 明丈や、大瀬良 大地と共に二桁勝利を期待された野村 祐輔は、不本意なシーズンとなったことでしょう。

大瀬良 大地

広島東洋カープの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年広島東洋カープをさる選手は...

まずは、なんとチームを打撃で引っ張り続けた丸 佳浩は、FA宣言で読売ジャイアンツに移籍することになりました...丸 佳浩ほどの選手は替えが効かないのですが、潤沢な資金がある巨人軍(ジャイアンツ)には市営球団である広島カープの資金が勝てるわけがありません。暖かく送り出してあげつつも、広島カープの若手の台頭を願うばかりです。

次に広島カープの功労者であり、多くのファンから愛された大ベテランの新井 貴浩がとうとう引退します。精神的な支柱となっていた新井 貴浩が抜けることは広島カープには大きな影響を与えるでしょう。

2018年広島東洋カープのドラフトの分析!

広島カープの今最も恐れていること、それは菊池 涼介、田中 広輔の二遊間の来年2019年のFA流出。そういった背景もあり、ドラフト上位には内野手がずらりと並びました。

  • 広島東洋カープのドラフト
  • 1位 小園(報徳高校・内野手・右投げ左打ち)
  • 2位 島内(九州共立大・右投手)
  • 3位 林(智弁和歌山高校・内野手・右投げ左打ち)
  • 4位 中神(市岐阜商高校・内野手・右投げ右打ち)

将来、菊池 涼介、田中 広輔の二遊間の戦力の代わりとなる選手がこの中から出てくるのか、非常に楽しみですね。また即戦力としては、ドラフト2位の島内選手に先発陣に食い込むことができるのかは、2019年シーズンの戦力に大きく関わるので、広島の唯一のウィークポイントとも言える先発の一角を担うことを期待してしまいます。

2019年シーズン 広島東洋カープはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長ができる選手は?

2018年のブレイクといえば、何と言っても高卒2年目の19歳のアドゥワ 誠でしょう。中継ぎにロングリリーフに活躍をみせてくれました。2019年は先発への転向も十分に考えることができ、そうなったら広島カープの唯一のウィークポイントをきっと埋めてくれるに違いありません。

アドゥワ 誠

また左投手の先発候補として、20歳の高橋 昂也の飛躍が期待されます。サウスポー(左投げ)では十分早い150キロに近いストレートと切れ味抜群のスライダーというポテンシャルから、2018年は何回か先発としてチャンスをもらいましたが、結果を残すことはできませんでした。まだまだ20歳の成長できる年齢なので、2019年こそ先発の一角を担ってほしいものです。

【野手編】2019年シーズンの成長ができる選手は?

ここ数年確実な成長をみせてくれているものの広島カープの中軸まで成長できていないのが、西川 龍馬。打撃面ではその片鱗をみせてはいますが、西川 龍馬の失策数はリーグ最多の「17」と守備面に不安があり、それを払拭するような打撃をみせないと、1年を通したレギュラーにはなれないかもしれないです。2019年の飛躍を期待するにはまずは安定した守備力を手にいれることから始める必要がありそうです。安定した守備力を手に入れ、精神的に安定すれば、打撃も飛躍的な成長を見せることができるのではないでしょうか。

既存選手は引き続き2019年も活躍できるのか?

内野手の選手層は厚く、誰かが調子を落としても代わりの選手はたくさんいるので、心配いりません。しかし、丸 佳浩が抜けた外野手の1枠は誰が埋めることになるのか、選択が難しいと言えるでしょう。今現在ではこの選手に期待できるというめぼしい選手が台頭していないため、若手が成長するのか、外国人選手がやってくるのか、2019年の外野手は先発投手以外の懸念材料と言えます。

また投手陣は、大瀬良 大地、ジョンソン、野村 祐輔、岡田 明丈、九里 亜蓮を中心とした先発投手は、そもそも2018年不振の選手が多く、年齢的にも若手・成熟期の選手が多いため、2019年は2018年より良くなる可能性の方が高いといえます。

中継ぎ・セットアッパーは、ジャクソン、フランスア、一岡 竜司、アドゥワ 誠、抑えの中﨑 翔太は揺るぎないといえ、そちらに割って入ってくる若手の成長が期待できます。

広島東洋カープの既存選手は引き続き期待できると言えるでしょう。

「2019年広島東洋カープのセ・リーグ順位」はズバリ!

若手投手陣の成長や、既存選手の引き続きの活躍は大いに期待できますが、打撃を引っ張ってきた丸 佳浩の移籍、ジャイアンツの大型補強という不安材料はあるため、4連覇というのは少し難しい可能性が高いと予想できます。

ズバリ2019年の広島東洋カープはセ・リーグ「2位」と予想します!

  • 2019年シーズン広島東洋カープが4連覇する条件はこれだ!
  • 外野手の補強
  • 先発投手力の底上げ

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす