【2019年プロ野球 順位予想】中日ドラゴンズはAクラスに返り咲ける?順位予想ランキングを人気投票中!

【2019年プロ野球 順位予想】中日ドラゴンズはAクラスに返り咲ける?順位予想ランキングを人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。中日ドラゴンズは2018年は5位でシーズンを終え、6年連続Bクラスと落合政権以降ふるわない成績が続いています。しかし2018年の中日ドラゴンズは2019年に繋がる明るい材料がいくつもあり、2019年シーズンこそAクラスへの復活が期待されています。

そこで今回は2019年の中日ドラゴンズの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

中日ドラゴンズの2018年の振り返り&2019年の展望!

中日ドラゴンズの2018年の一番の話題は、何と言っても松坂 大輔の復活なのではないでしょうか。しかし話題はあっても順位は2017年同様の5位に沈んでしまいました。それでも2019年は期待できると思っている中日ファンは多くいるのではないでしょうか。それでは中日ドラゴンズの明るい材料を振り返りましょう。

2019年も期待できるほど打撃力が充実!

2018年の中日ドラゴンズのチーム打率は「.265」。これはヤクルトの.266に次ぐセ・リーグ2位となっています。中日ドラゴンズの打線を引っ張ったのは何と言っても、クリーンナップの3人、平田 良介、アルモンテ、ビシエドでしょう。

  • 平田 良介 打率:.329
  • アルモンテ 打率:.321
  • ビシエド 打率:.348

リーグでも最強と言える中日ドラゴンズのクリーンナップの2名の外国人選手は2019年も契約延長に合意したと報道されており、2019年も驚異のクリーンナップとして活躍も期待できます。

また遊撃手の京田 陽太や高橋 周平の台頭、そして大島 洋平や福田 永将などの中堅選手の安定した活躍など、野手陣の戦力が充実してきたことがわかります。

まだまだ戦力の充実が期待できますが、2017年シーズンの悲惨な状況を考えると、2018年はかなり戦力の底上げに成功したと言えます。2019年はもう一人二人若手選手が育ってくれば、セ・リーグでもトップクラスの野手陣が充実したチームとなるでしょう。

投手陣は2019年もあまり期待はできないのか...?

投手陣は、何と言っても松坂 大輔の話題が目立ちました。平成の怪物と呼ばれたのももう10年以上も前のこと。かつては日本球界のエースとして活躍していましたが、30歳になったころから怪我に泣かされ、投げることができないシーズンが続きました。そんな松坂 大輔がついに復活。2週間に一度の登板間隔でしたが、見事「6勝」をマークし、カムバック賞を受賞しました。

松坂 大輔

しかし、松坂 大輔の話題以外は、話題がほとんどなかったのが2018年の中日ドラゴンズ。唯一、二桁勝利の13勝をマークしたガルシアは、金額交渉が折り合わず、退団が決定してしまい、2019年シーズンの先発投手陣は全く計算できる選手がいない状況になりました。

それでも2019年は中日ドラゴンズの投手陣に全く期待できないかというと、そうではありません。ベテラン吉見 一起の復活、小笠原 慎之介や柳 裕也などの若手選手の台頭など、明るい材料もあります。とくに若手投手は怪我の影響もあり活躍できなかった選手が多くいたため、若手投手の成長は大いに期待できるでしょう。

中日ドラゴンズの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年中日ドラゴンズをさる選手は...

2018年投手陣で唯一先発投手として活躍できたガルシアですが、3年6億(1年2億)という希望額を中日ドラゴンズが受け入れることができず、阪神タイガースへの移籍が決定的となりました。先発投手事情を考えると、中日ドラゴンズには引き止めて欲しかったところです...

また長きにわたり中日ドラゴンズを支えた荒木 雅博、岩瀬 仁紀の両ベテランは引退を決意。そして岩瀬 仁紀につなぐセットアッパーとして活躍していた浅尾 拓也も引退。精神的な支柱を失ってしまいました。

岩瀬 仁紀

2018年中日ドラゴンズのドラフトの分析!

中日ドラゴンズを去る選手は重要な選手が目立ちましたが、2018年の中日ドラゴンズのドラフト会議は大成功といってよいでしょう。

  • 中日ドラゴンズのドラフト
  • 1位 根尾 昂(大阪桐蔭高・内野手)
  • 2位 梅津 晃大(東洋大・投手)
  • 3位 勝野 昌慶(三菱重工名古屋・投手)
  • 4位 石橋 康太(関東第一高・捕手)
  • 5位 垣越 建伸(山梨学院高・投手)
  • 6位 滝野 要(大阪商業大・外野手)

まず走攻守すべてを兼ね備えた未来の遊撃手候補である根尾 昂は、即戦力ではないが近い将来かならず中日ドラゴンズの中核を担う選手となってくれるでしょう。

そして何よりウィークポイントをピンポイントで補強できたことは大いに評価できます。先発でも抑えとしても即戦力として期待できる梅津 晃大や勝野 昌慶。そして捕手不足を補う高校No1キャッチャーと言われる石橋 康太。

即戦力として期待される投手は、2019年シーズンの戦力に大きく関わり、2019年の順位に大きく影響してきます。期待せずにはいられませんね。

2019年シーズン 中日ドラゴンズはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長ができる選手は?

3年目の柳 裕也に期待している中日ファンは多いのではないでしょうか。2018年は6月に背中の筋肉を痛めて離脱してしまいましたが、シーズン終盤に戻ってきて先発投手として好投するなど才能の片鱗を見せており、何かをきっかけに化ける可能性は大いにあります。ローテーションの一角として活躍できる選手へ成長してほしいものです。

柳 裕也

また小笠原 慎之介や鈴木 翔太にも期待したいところ。手術の影響はあるものの、まだまだ若手のため柳 裕也同様に何かをきっかけにブレイクしてほしいものです。

また中継ぎ投手の鈴木 博志には2019年大いに期待してもいいのではないでしょうか。2018年53試合に登板し、防御率は4.41とふるわなかったものの、150キロ台の自慢のストレートで来年以降は中継ぎの中でもセットアッパーしても期待できる選手です。

【野手編】2019年シーズンの成長ができる選手は?

何と言ってもセカンドのスタメンとして定着した高橋 周平の打撃の成長は期待できるのではないでしょうか。チャンスに強い打撃がより安定するにはもう少し守備が良くなる必要がありそうです。守備が安定し精神的に安定すると打撃も必然的に上がってくるのではないでしょうか。

また京田 陽太は打率が2018年下がってしまいましたが、もっとできる選手と思う中日ドラゴンズファンは多いのではないでしょうか。1年通してショートを守れて20盗塁できる俊足好守の選手なので、打撃さえ良くなればこの先10年のショートは安泰となるでしょう。

既存選手は2019年どのようになるのか?

野手がようやく充実してきたことは、中日ドラゴンズにとって近年のもっとも嬉しい材料といえ、セ・リーグ屈指のクリーンナップはそのまま来年も中日ドラゴンズに残留するので、野手陣は2019年も期待できると言って良いでしょう。現在のレギュラーを脅かす選手が現れればプロ野球屈指の選手層になる可能性は大いにあります。

また投手陣は、活躍した選手は中日ドラゴンズを去ってしまったので、既存選手の成長もしくは調子を取り戻していくしかあいりません。2019年は2018年同様に投手事情で苦労するかもしれませんが、才能光る選手の成長、ベテランの復活に期待するしかありません。

「2019年中日ドラゴンズのセ・リーグ順位」はズバリ!

野手陣の引き続きの活躍には大いに期待できます。あとは本当に投手陣が充実さえすれば落合政権時代の黄金期が再来する可能性は大いになります。若手選手で光る才能を持つ投手はたくさんいるのですが、2019年にブレイクできるのか、ここが中日ドラゴンズの鍵となりそうです。しかし投手陣の成長が2019年に間に合う可能性はいまひとつ低いと言えるでしょう。

ズバリ2019年の中日ドラゴンズはセ・リーグ「4位」と予想します!

  • 2019年シーズン中日ドラゴンズがAクラスに返り咲く条件はこれだ!
  • 投手力の底上げ
  • 既存の野手陣が怪我をしない

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす