【2019年プロ野球 順位予想】横浜DeNAベイスターズは最下位に沈む?順位予想ランキングを人気投票中!

【2019年プロ野球 順位予想】横浜DeNAベイスターズは最下位に沈む?順位予想ランキングを人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。横浜DeNAベイスターズは、2018年クライマックスシリーズまであと一歩届かない4位でシーズンを終えました。2019年こそクライマックスシリーズ出場を期待するファンは多いかもしれませんが、戦力を分析すればなかなか難しい現状があります。

そこで今回は2019年の横浜DeNAバイスターズの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

横浜DeNAベイスターズの2018年の振り返り&2019年の展望!

2年連続Aクラスの後、2018年は4位でシーズンが終了。最後までAクラスかけてジャイアンツと争っていましたが、一歩届きませんでした。しかし詳細の成績を見ると4位でも大健闘と言える内容だったのはご存知でしょうか。

それでは横浜DeNAベイスターズを振り返りましょう。

打撃陣はクリーンナップは充実!それ以外が物足りない...2019年は大丈夫?

横浜DeNAベイスターズのクリーンナップはかなり充実していました。日本の4番まで成長した筒香 嘉智を4番に固定し、宮﨑 敏郎、ロペス、ソトをその日の調子などで2番、3番、5番を任せると言ったような打順を組んでいました。

筒香 嘉智

しかし、この4人はセ・リーグの中でも驚異と言えましたが、それ以外の選手が苦戦を強いられました。

その結果チーム打率は.250とセ・リーグのワーストとなっています。

この中軸さえのりきれば、ほかは怖くないバッターが続くため、ベイスターズに対する投手のやりくりは非常に容易となり、ベイスターズのチーム得点も572点とセ・リーグワーストとなってしまいました。

驚異となる4人の打者の前にランナーを貯めることができなかった、そんなシーズンがベイスターズの2018年と言えます。

中継ぎ・抑え投手の奮闘があったからこその2018年...

そして何より先発投手の不足。二桁勝利をあげたのがルーキーの東 克樹のみという、先発投手が壊滅的な状況でした。エースとしての成長を期待した今永 昇太は、防御率6.80と不調に陥ったり、2年連続二桁勝利を期待された濵口 遥大はローテーションを守れなかったりと、期待していた先発投手がことごとく活躍できなかったシーズンと言えるでしょう。

その結果、なんとチーム防御率は4.18と、セ・リーグワースト2(5位)でした。

そんな中、なぜAクラス争いができたのかというと、中継ぎ・抑え投手が安定していたからと言えるでしょう。終盤までもつれた試合を一つ一つ大切に勝ったからこそ、4位という順位を残すことができたと言えるでしょう。

2018年を振り返ると、野手・投手共に非常に不安な状況だったことが伝わったでしょうか。はたしてベイスターズは2019年、この状況を改善することができるのでしょうか。

横浜DeNAベイスターズの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年横浜DeNAベイスターズをさる選手は...

12人もの選手が2018年ベイスターズを去ることになりましたが、中でも数年前までは外野手としてレギュラーで活躍していた荒波 翔、2016年中継ぎとして62試合に登板した須田 幸太などの戦力外通告には驚かされました。

2018年横浜DeNAベイスターズのドラフトの分析!

是が非でも先発投手を補強したかった横浜DeNAベイスターズですが、即戦力として期待できる投手をそこまで多く指名することはできませんでした。

  • 横浜DeNAベイスターズのドラフト
  • 1位 上茶谷 大河(東洋大学・投手)
  • 2位 伊藤 裕季也(立正大学・内野手)
  • 3位 大貫 晋一(新日鐵住金鹿島・投手)
  • 4位 勝又 温史(日本大学鶴ヶ丘高等学校・投手)
  • 5位 益子 京右(青藍泰斗高等学校・捕手)
  • 6位 知野 直人(新潟アルビレックスBC・内野手)

1位と3位はまさに必要と言える、即戦力の投手を指名しました。しかし、比較的将来を期待できる高校生の指名が目立ち、2軍での育成が鍵になりそうな選手が多く見られました。

ベイスターズのウィークポイントとも言える先発投手として、上茶谷 大河と大貫 晋一には大いに期待をよせたいですね。

2019年シーズン 横浜DeNAベイスターズはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長ができる選手は?

横浜DeNAベイスターズには若い先発投手が多くいます。それも先発として光る何かを持っている投手です。

まず2019年で26歳になりこれから全盛期を迎える今永 昇太、2019年で24歳になり二桁勝利を上げるポテンシャルを持つ濵口 遥大、そして2年目を迎える2018年チームで唯一の二桁勝利をあげた東 克樹。この3人が順当に成長し、そろって二桁勝利をあげたりしたら、セ・リーグに旋風を巻き起こせるかもしれません。

今永 昇太

【野手編】2019年シーズンの成長ができる選手は?

筒香 嘉智、宮﨑 敏郎、ロペス、ソト、この4人以外に投手の恐怖となる打者が、もう一人出てくるだけで、かなり打線の印象が変わります。特に切り込み隊長となるような1番打者がベイスターズに必要なのではないでしょうか。

阪神タイガースから2018年移籍してきた大和は守備や走塁能力が非常に高く、打撃も悪くはないのですが、3割を打てるような打者ではなく、投手の驚異にはなりませんが、理想的なつなぎ役の2番にはなれます。

切り込み隊長が育ちさえすれば、大和が2番に入り、3番から6番までを筒香 嘉智、宮﨑 敏郎、ロペス、ソトに任せ、7番は調子の良い打者、8番はキャッチャーという、理想的な打線が出来上がります。

切り込み隊長の最有力候補として、2018年レギュラーとして活躍した桑原 将志があげられますが、いまひとつ強打者になりきれていません。走力は十分のため、何かきっかけを掴み3割打てるような打者に育ってほしいものです。

桑原 将志

既存選手は2019年どのようになるのか?

筒香 嘉智、宮﨑 敏郎、ソトの3選手は、年齢的にも30歳前後と成熟期の選手のため2019年も安定した成績を残してくれるでしょう。打撃は後はこのクリーンナップの前にどのようにランナーを貯めるか、ということが課題と言えます。

先発投手陣は、2018年以上悪くなることはないと言えるほど悪かったので、後は上がるだけです。しかしベイスターズ自慢の中継ぎ・抑えはどうでしょうか。

主に中継ぎとしてチームを支えた砂田 毅樹、三上 朋也、三嶋 一輝、パットン、エスコバーの5人は全員30歳以下、抑えの山﨑 康晃も2019年に27歳となるので、投手としては全盛期を迎えます。この中で何人か調子を落としても、十分中継ぎや抑えは機能すると言えるでしょう。それほどベイスターズの中継ぎ陣は充実していると言えます。

「2019年横浜DeNAベイスターズのセ・リーグ順位」はズバリ!

2018年のシーズン4位という成績とは裏腹に、チーム打率はセ・リーグ最下位、チーム防御率はセ・リーグ5位と、決してチーム力があったわけではありません。ラミレス監督の人柄、采配で勝ち取った4位だったことが数値からわかります。

そして打撃の鍵となる切り込み隊長、投手の鍵となる先発投手は、2019年に解決されるのかを検討しても、両方少し難しいと言えるでしょう。先発投手は才能ある若手がいることは事実なのですが、全員ブレイクする可能性は低いと言え、2019年シーズンAクラス争いをしているのか、というと少し難しいのではないでしょうか。

ズバリ2019年の横浜DeNAベイスターズはセ・リーグ「6位」と予想します!

  • 2019年シーズン横浜DeNAベイスターズがクライマックスシリーズに出場する条件はこれだ!
  • ローテーションを守れる先発投手が最低3人以上
  • 切り込み隊長となる1番打者の出現

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす