【2019年プロ野球 順位予想】読売ジャイアンツの補強を考えると優勝?順位予想ランキングを人気投票中!

【2019年プロ野球 順位予想】読売ジャイアンツの補強を考えると優勝?順位予想ランキングを人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。読売ジャイアンツは、2018年セ・リーグ3位という結果でしたが、2006年以来の負け越しの責任を高橋監督が負い、新しく原監督が就任することになりました。原監督が就任するや、大型の補強に乗り出し、抜本的な改革が進みました。

そこで今回は2019年の読売ジャイアンツの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

読売ジャイアンツの2018年の振り返り&2019年の展望!

高橋監督は若手を積極的に起用し若手の育成が期待されました。実際に様々な若手を使いましたが、明確に主力へ成長したと言えるのは岡本 和真ぐらいなのではないでしょうか。その結果、2018年はシーズン3位ではありましたが負け越しという、ジャイアンツにとっては屈辱的なシーズンとなりました。

久々の生え抜きスター選手が誕生!2019年も大いに期待!

2018年、ジャイアンツには待ちに待った生え抜きのスター選手が現れました。3割30本100打点を22歳の若さで達成した岡本 和真。球界を代表する選手である阿部 慎之助、坂本 勇人、長野 久義などの後、ジャイアンツの生え抜き選手がなかなか出てきませんでしたが、待望の生え抜きスターが出現しました。しかも長距離打者と期待が高まります。

岡本 和真

しかしそれ以外の若手は、そこそこの成績をあげるものの、レギュラー定着まではいかず、若手育成の代償なのか不本意な順位でシーズンを終えることとなりました。

菅野 智之はジャイアンツのエースから日本のエースへ!

なんといっても菅野 智之の安定した活躍は目を見張るものがありました。もちろん毎年素晴らしい成績を残しているのですが、改めて防御率2.14、15勝、WHIP 1.00と文句のない数値を残してくれました。

しかし、先発投手陣で二桁勝利をあげたのは菅野 智之のみで、それに次ぐのが山口 俊の9勝、吉川 光夫と今村 信貴の6勝と、いまいちシーズンを通して活躍した先発投手はいませんでした。それでも中継ぎ・抑え投手の踏ん張りや、調子がいい選手をうまく回すことで、チーム防御率は3.79と、セ・リーグで最も良い数値を残しています。

2018年は負け越してしまいましたが、スター選手の出現や投手陣の躍動など、決して暗いニュースばかりではなく、2019年に繋がる内容だったと言えるでしょう。

読売ジャイアンツの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年読売ジャイアンツをさる選手は...

ソフトバンクからFA移籍した杉内 俊哉は怪我に悩まされ現役引退、左のセットアッパーとして一時代を築いた山口 鉄也も怪我から回復せず引退、抑えも勤めたことがある西村健太朗、守備固めに代打に便利屋として活躍した脇谷 亮太など、ジャイアンツを長年支えた選手たちが多く引退しました。

戦力外となった意外な選手として、ジャイアンツの主軸として期待されていた中井 大介。トライアウトのすえ横浜DeNAベイスターズへの入団がきまりました。

2018年読売ジャイアンツのドラフトの分析!

ジャイアンツのウィークポイント、それは高齢化した外野手、そして1年を通してローテーションを守れる先発投手、だったはずなのですが、ジャイアンツのドラフト戦略は意外な方針でした。

  • 読売ジャイアンツのドラフト
  • 1位 高橋 優貴(八戸学院大・投手)
  • 2位 増田 陸(明秀学園日立高・内野手)
  • 3位 直江 大輔(松商学園高・投手)
  • 4位 横川 凱(大阪桐蔭高・外野手)
  • 5位 松井 義弥(折尾愛真高・内野手)
  • 6位 戸郷 翔征(聖心ウルスラ高・投手)

1位の高橋 優貴は変則サウスポーの大学生ため、先発や中継ぎで期待できる即戦力です。これはジャイアンツの補強ポイントにマッチしています。しかし残りは全部高校生であり、外野手は一人も指名しておりません。将来性をとった指名となっています。

2019年へ向け、ドラフト外で大型補強!

ドラフトの結果を見ると「?」が頭に思い浮かぶ人も多かったかもしれませんが、その答えはドラフト外のところに答えがありました。

FA選手、自由契約になった大物選手を片っ端から契約を始め、稀に見る大型補強を敢行しました。

まず高齢化した外野には、広島の主軸(というか日本を代表するレベル)の走攻守そろった丸 佳浩を補強しました。3番もしくは5番を任されることになるでしょう。

丸 佳浩

次に内野ならどこでも守れる中島 宏之。年齢は36歳と高齢ですが、レギュラーもしくは代打の切り札として活躍することが予想できます。

そしてジャイアンツの隠れたウィークポイントである捕手。守備はいいけど打撃がいまいちである小林 誠司、それに見かねたのか阿部 慎之助の捕手復帰宣言が飛び出したり、いまいちパッとしないポジションの補強として、炭谷 銀仁朗の補強。炭谷 銀仁朗も打撃はいまいちですが、.250近い数値は期待でき、小林 誠司と調子のよい方を起用するなど、選択肢の幅が広まります。

そして先発の一角として期待できる岩隈 久志。菅野 智之と山口 俊が先発ローテーションは2019年も確定的ですが、それ以外は確定と言える投手はいません。実績だけではなく実力も疑うことのない岩隈 久志は、若手の奮起を期待できる発奮剤となるかもしれません。

このようにウィークポイントを的確に埋めたジャイアンツの補強により、2019年のジャイアンツはかなり期待できるのではないでしょうか。

2019年シーズン 読売ジャイアンツはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長ができる選手は?

2018年もっとも期待を裏切ったと言える投手こそ、田口 麗斗です。21歳という若さから先発ローテーションを任され、菅野 智之の後継者とまで期待されておきながら、23歳の2018年シーズンは2勝8敗という不本意な成績で終わってしまいました。本来の調子に加え、年齢相応の成長を見せてくれれば、15勝も夢ではない逸材のため、復活&成長すれば菅野・岩隈・田口で40勝も夢ではありません。

田口 麗斗

そしてもう一つの課題。中継ぎ投手陣が良い成績を残してくれたため、浮き彫りにはならなかったですが、抑え(クローザー)を固定できていなかったのは、2019年へ向けた大きな課題と言えます。マシソンが候補なのかもしれませんが、日本人の不動なるクローザーが現れてくれれば、ジャイアンツの懸念材料はほとんどなくなるといっても過言ではありません。

【野手編】2019年シーズンの成長ができる選手は?

外野手の成長が見込める選手は、あまり期待できません。丸 佳浩の補強でそこは気にしなくてもよいでしょう。

しかし内野手には成長が見込める選手が多くいます。岡本 和真のサード、坂本 勇人のショートは揺るぎませんが、吉川 尚輝は俊足巧打の将来の1番候補としての成長は非常に期待できます。セカンドへコンバートさせてみるのも一つ。2019年でまだまだ24歳という成長を期待できる年齢のため、試合で多く使いレギュラーに定着してほしいものです。

既存選手は2019年どのようになるのか?

野手陣は補強もありかなり充実しているため、きっと既存選手と新しい選手がうまく融合するでしょう。問題は中継ぎ投手陣です。以外と高齢化が進みつつあるので、怪我や不振が心配です。しかし実績がある選手ばかりなので、総崩れになる可能性は低く、大きな問題になる可能性は低いでしょう。

「2019年読売ジャイアンツのセ・リーグ順位」はズバリ!

ウィークポイントをしっかりと補強したジャイアンツ。正直セ・リーグだけではなくパ・リーグを見渡しても、トップクラスの充実度と言えます。若手の成長を期待しなくても十分な戦力がそろっているため、かなりの確率で優勝争いに絡んでくるでしょう。また選手のモチベーションをあげるのが上手な原監督なだけあり、死角はさらに減ったと考えることができます。

ズバリ2019年の読売ジャイアンツはセ・リーグ「1位」と予想します!

  • 2019年シーズン読売ジャイアンツが優勝するための条件はこれだ!
  • 大型補強を敢行したのでとくになし
  • 強いて言うなら絶対的守護神(クローザー)の出現

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす