【2019年プロ野球 順位予想】阪神タイガースは最下位から優勝争いができる?順位予想ランキングを人気投票中!

【2019年プロ野球 順位予想】阪神タイガースは最下位から優勝争いができる?順位予想ランキングを人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。阪神タイガースは、2018年屈辱の最下位という結果で終わりましたが、2019年はどうなるのでしょうか。阪神タイガースの最も注目すべきところは監督交代。捕手として『超』優秀だった矢野が監督として就任しました。

そこで今回は2019年の阪神タイガースの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

阪神タイガースの2018年の振り返り&2019年の展望!

阪神タイガースの2018年はとにかく空回りが多かったシーズンでした。打てば打たれる、抑えれば打てないといった、投打がうまくかみ合わないシーズンだったと言えるでしょう。しかし若手をしっかりと使った金本監督の我慢の甲斐もあり、若手の成長を感じることができたシーズンでもありました。

スター的活躍までいかないが、合格点をあげたい野手はたくさん!2019年に期待!

金本監督になって3年目、2018年も若手を使ってきましたが、スター選手と言える選手は最後まで出てきませんでした。しかし合格点をあげれる若手選手、これからさらに期待したい選手は多く現れたと言って良いでしょう。

まず1年を通して安定した活躍を見せた糸原 健斗。セカンドのレギュラーとして全試合に出場し打率.286をマークしました。2019年は3割を期待したいところです。次にサードのレギュラーとして活躍した大山 悠輔。打率.274、本塁打11本と、4番には少し物足りない感は否めないですが、まだ2年目の24歳のため2019年は3割20本を期待したいですね。

糸原 健斗

他にもシーズン後半からようやく遊撃手のレギュラーに返り咲いた北條 史也は打率.322という成績を残したり、捕手としてレギュラーを狙う原口 文仁は打率.315と、2019年さらに飛躍を期待できる25歳前後の若手野手がたくさん現れ始めました。

とはいえ、チーム打率はセ・リーグ5位の.253、チーム本塁打は85本と広島カープや横浜DeNAベイスターズの半分以下という屈辱的な数値でした。

2019年阪神タイガースが巻き返すには、まずは打線の奮起が必須と言えるでしょう。成長著しい若手がいる分、十分期待できます。

中継ぎ・抑え投手の奮闘があったからこその2018年...

阪神タイガースはシーズン前半はそこまで悪くない成績でした。それは中継ぎ・抑え投手が踏ん張ったからこそ。6回以降の勝利の方程式を築き上げることができていました。藤川、能見、桑原を筆頭に6回から8回までを抑え、9回は安定のドリス。この布陣が出来上がっていたからこそ、打線が奮起しなくても勝ち星を拾うことができていました。

特に藤川 球児の復活は見事であり、かつての絶対的な存在へ戻ったと言っても過言ではありません。2019年はクローザーへ立候補しているため、250セーブを達成し名球会入りしてほしいものですね。

他にもシーズン後半からようやく遊撃手のレギュラーに返り咲いた北條 史也は打率.322という成績を残したり、捕手としてレギュラーを狙う原口 文仁は打率.315と、2019年さらに飛躍を期待できる25歳前後の若手野手がたくさん現れ始めました。

とはいえ、チーム打率はセ・リーグ5位の.253、チーム本塁打は85本と広島カープや横浜DeNAベイスターズの半分以下という屈辱的な数値でした。

2019年阪神タイガースが巻き返すには、まずは打線の奮起が必須と言えるでしょう。成長著しい若手がいる分、十分期待できます。

中継ぎ・抑え投手の奮闘があったからこその2018年...

阪神タイガースはシーズン前半はそこまで悪くない成績でした。それは中継ぎ・抑え投手が踏ん張ったからこそ。6回以降の勝利の方程式を築き上げることができていました。藤川、能見、桑原を筆頭に6回から8回までを抑え、9回は安定のドリス。この布陣が出来上がっていたからこそ、打線が奮起しなくても勝ち星を拾うことができていました。

特に藤川 球児の復活は見事であり、かつての絶対的な存在へ戻ったと言っても過言ではありません。2019年はクローザーへ立候補しているため、250セーブを達成し名球会入りしてほしいものですね。

藤川 球児

しかしシーズン終盤はリリーフ陣に疲れが顕在化し失速してしまいました。それもそのはずで、中継ぎ投手陣はみんな30代という年齢のため、仕方がないと言えます。また先発陣は全体的に悪くはないのですが、投打がかみ合わず二桁勝利はエースのメッセンジャーのみという寂しい結果になりました。

それでもシーズンを通して、チーム防御率4.03という、セ・リーグで2位という素晴らしい成績を残しています。

阪神タイガースの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年阪神タイガースをさる選手は...

2018年は9人の選手が阪神タイガースを去ることになりました。中でも、かつてのスーパースターと言える西岡 剛や、移籍後タイガースに尽力してくれたユーティリティープレイヤーの今成 亮太の退団は残念と言えます。

2018年阪神タイガースのドラフトの分析!

阪神タイガースのウィークポイント、たくさんありますが、最大の課題は長距離砲でしょう。成長を期待できる若手の中でも長距離砲は少ないため、是が非でも長距離砲をドラフト会議で獲得してほしいものでしたが、指名したのは走攻守バランスの良い野手を上位に指名。

  • 阪神タイガースのドラフト
  • 1位 近本 光司(大阪ガス・外野手)
  • 2位 小幡 竜平(延岡学園高・内野手)
  • 3位 木浪 聖也(ホンダ・内野手)
  • 4位 齋藤 友貴哉(ホンダ・投手)
  • 5位 川原 陸(創成館高・投手)
  • 6位 湯浅 京己(富山GRNサンダーバーズ・投手)

走攻守のバランスが良い選手として糸原 健斗が台頭してきたため、少し意図が見えないドラフト会議となりました。

それでも4位で指名した齋藤 友貴哉は、150キロを超える自慢のストレートは威力・質ともにプロで通用するであろう即戦力右腕です。中継ぎでの起用が予想され、ベテランたちが疲れるシーズン終盤の活躍を期待したいところです。

2019年阪神タイガースのサプライズ新戦力!

阪神タイガースにはサプライズの新戦力がいることをご存知ですか?

2018年中日ドラゴンズの唯一先発投手として二桁勝利を納めたエース級のガルシアが、阪神タイガースへの入団が決定的となりました。3年6億(1年2億)という希望額を中日ドラゴンズが受け入れることができず、阪神タイガースへガルシア自らアプローチしてきたようです。メッセンジャーとの2枚看板となり阪神タイガースを2019年引張ってくれることを期待しています。

またオリックス・バッファローズのエース西 勇輝がFA宣言をして阪神タイガースへの移籍が決まりました。阪神タイガースは実績があるエース級の先発投手を2名も補強することができました。これは戦力アップ間違いなしです。

2019年シーズン 阪神タイガースはどうなる!?

監督変更がプラスに働く可能性が非常に高い!

金本監督が必死に若手を育てた基盤に、あの野村ID野球の継承者である矢野新監督が引き継ぐことが決まりました。決して金本監督が悪いわけではありません。精神論・根性論で阪神タイガースに足りないメンタルを見事に立て直した金本監督の基盤に、矢野新監督の頭脳が加わることになります。

矢野新監督

矢野新監督は、野村克也監督時代に正捕手としていわゆるID野球を叩き込まれ、見事に阪神タイガースを10年にわたり支え続けた正捕手と言える存在です。星野仙一監督時代の強かった阪神はまさに野村監督時代の基盤があったことも一つの理由と言えるでしょう。

今回は金本監督(メンタル野球)から矢野監督(頭脳野球)へ監督が変わるわけですが、野村監督(頭脳野球)から星野監督(メンタル野球)の逆バージョンであり、双方の良いところを継承できた2000年代の強かった阪神タイガースの時代の近い状態になるため、期待せずにはいられません。

この監督交代が見事に成功し、再び強い阪神タイガースを見れることを楽しみにしているファンは多くいるのではないでしょうか。

2019年シーズンの活躍が期待できる選手は?

糸原 健斗、大山 悠輔、北條 史也、原口 文仁には、期待していない阪神タイガースファンはいないのではないでしょうか。25歳前後のこれからタイガースを支えるであろう野手であり、2019年こそ4人揃って打率3割、2桁本塁打を残してくれれば、猛虎打線復活間違いなしでしょう。

また藤川 球児のクローザー復活は非常に楽しみです。通算250セーブの達成も視野に入るため、シーズン終盤は優勝争いに加え記録達成を楽しみに球場へ足を運ぶ阪神タイガースのファンは多くいそうですね。

「2019年阪神タイガースのセ・リーグ順位」はズバリ!

野手陣の成長および長距離バッターの獲得は課題として残りますが、矢野新監督の就任は阪神タイガースへかなり良い影響を与えること間違いありません。実際に2018年は2軍を率いて日本一になっているので、その手腕を疑う余地はありません。

金本監督のメンタル野球に、矢野新監督の頭脳野球を加え、セ・リーグに旋風を巻き起こしてくれるでしょう。

ズバリ2019年の阪神タイガースはセ・リーグ「3位」と予想します!

  • 2019年シーズン阪神タイガースが優勝争いに加わる条件はこれだ!
  • 長距離バッターの獲得
  • 野手陣のさらなる成長

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年セ・リーグ順位予想!のアンケート

広島東洋カープ

ヤクルトスワローズ

読売ジャイアンツ

横浜DeNAベイスターズ

中日ドラゴンズ

阪神タイガース

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす