【2019年北海道日本ハムファイターズ 順位予想】優勝争いできる実力ある?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

【2019年北海道日本ハムファイターズ 順位予想】優勝争いできる実力ある?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。北海道日本ハムファイターズは2018年3位でシーズンを終えましたが、ライオンズやホークスとは大きなゲーム差をつけられ、その実力差は大きいものでした。ファイターズは2019年へ向けた対策が必要と言えます。

そこで今回は2019年の北海道日本ハムファイターズの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

北海道日本ハムファイターズの2018年の振り返り&2019年の展望!

2018年のシーズン序盤は首位の西武ライオンズに肉薄するなど、優勝を狙える位置にいました。特に投手陣の調子が良く、イマイチ波に乗れない打撃陣を助けていましたが、シーズン後半になると、先発投手陣の疲れが見え始め、徐々に後退。首位ライオンズには13.5ゲーム差、2位ホークスには7ゲーム差と大差をつけられての3位となりました。

イマイチ波に乗り切れなかった野手陣だが、2019年は大いに期待?

主力が度々1ヶ月ほど離脱するなど、苦しいシーズンではありましたが、若手をうまく出場させ、2019年を楽しみにできる1年になったのではないでしょうか。中田 翔、西川 遥輝、中島 卓也などの実績ある選手を始め、想定通りの活躍を見せる選手も多かったですが、近藤 健介は想定以上の活躍をしてくれたのではないでしょうか。

近藤 健介

近藤 健介は、もともと打撃は評価されていたのですが、捕手として送球面に課題があったこともあり、指名打者や内野外野と空いたポジションを転々と便利屋として利用されていたところ、2018年は外野手として1年通して活躍し、打率.323をマーク。2018年のように安定して起用されれば、2019年は首位打者&二桁本塁打を期待できるのではないでしょうか。

中田 翔、西川 遥輝、中島 卓也、近藤 健介などの実績ある選手が揃って30歳前後と一番成熟している時期であり、さらに若手の台頭やベテランの奮起が予想できるので、2019年はファイターズが楽しみなシーズンと言えるでしょう。

2019年も楽しみなリリーフ陣、しかし先発投手は?

北海道日本ハムファイターズのリリーフ陣は2018年素晴らしい成績でした。10年以上ファイターズの中継ぎを支え続けた宮西 尚生は2018年も健在、それに加え、公文 克彦、浦野 博司など、シーズンを通してリリーフ陣は安定していました。

中でも、抑えとして覚醒した石川 直也は19セーブをマークしました。コントロールに難があったり、調子の良し悪しの波が激しいこともあったりした2017年から生まれ変わったかのように2018年は安定した成績を残すことができました。2019年も楽しみな存在になること間違いありません。

しかし先発投手はどうでしょうか。はっきり言って悪くはなく、二桁勝利をあげた上沢 直之やマルティネスをはじめ、 高梨 裕稔、加藤 貴之、有原 航平など、枚数は揃っているのですが、シーズン後半の勝負所でゲームを作れませんでした。

143試合という長いシーズン通して安定した成績を残すのは少し難しいことは、誰もがわかっています。そういったシーズン後半戦に安定して勝てる本物のエースや、ローテーション候補がもう2,3人増え投手層が厚くなれば、よりシーズンを安定して勝ちきれるようになるのではないでしょうか。

石川 直也

北海道日本ハムファイターズの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年北海道日本ハムファイターズをさる選手は...

レアード内野手、トンキン投手など、1軍でも活躍していた3名の外国人選手は退団が決定しました。レアードの退団は、近藤 健介の内野へのコンバートや清宮 幸太郎の枠を空けたなど、様々な憶測があります。

また長きにわたりファイターズを支えた矢野 謙次や石井 裕也の引退にはお疲れ様でしたと言ってあげたいですね。

2018年北海道日本ハムファイターズのドラフトの分析!

育成に定評があるファイターズだからこそできる将来への投資といえる高校生中心のドラフトでしたが、ドラフト会でもしっかりと即戦力をうまく補強できているところがドラフト巧者として名高いファイターズと言えるでしょう。

  • 北海道日本ハムファイターズのドラフト
  • 1位 吉田 輝星(金足農業高校・投手)
  • 2位 野村 佑希(花咲徳栄高校・内野手)
  • 3位 生田目 翼(日本通運・投手)
  • 4位 万波 中正(横浜高校・外野手)
  • 5位 柿木 蓮(大阪桐蔭高校・投手)
  • 6位 田宮 裕涼(成田高校・捕手)
  • 7位 福田 俊(星槎道都大学・投手)

2019年シーズン 北海道日本ハムファイターズはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

先発ローテーションは4~5人候補がいますが、球界を代表するようなエース級は残念ながらいないと言っていいでしょう。さらに先発ローテーションを脅かすような存在を考えてもすぐには出てこないのではないでしょうか。

しかし、2018年もっとも活躍した先発投手の上沢 直之は、2019年さらなる飛躍を期待してもいいのではないでしょうか。毎年確実な成長を見せており、2018年ようやくブレイク。ファイターズで一番勝ち星を上げることに成功しました。2019年はローテーションを1年通して守り、そして苦しい後半戦も安定して勝ち、本当の意味でのファイターズのエースとなってくれることを願うファンは多いはずです。

他にも注目したいのは、上原 健太です。2018年はわずか10試合の登板に終わりましたが、負けなしの4勝をあげ、2019年のブレイクが期待されます。先発ローテーション投手を脅かす存在となり、苦しい時に勝ち星を上げれる重要な選手に成長してほしいものです。

【野手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

野手は2人期待したい選手がいます。

1人目は何と言っても清宮 幸太郎。高卒1年目でありながら、1軍で53試合に出場し7本の本塁打を放ちました。1軍昇格後はなかなか1軍のたまになれない場面も目立ちましたが、まだまだ19歳の高卒1年目。2019年は開幕から1軍でチャンスを掴み、20本塁打を放ってほしいものです。きっと若手にチャンスを与える栗山監督なら清宮 幸太郎にチャンスを与えてくれるでしょう。

清宮 幸太郎

2人目は、ジャイアンツから移籍して2年目でようやく才能が開花しつつある大田 泰示です。ジャイアンツではその選手層の厚さから1年を通して試合に出れなかったのですが、ファイターズではコンスタントに試合に出してもらい、打率.274、14本塁打とまずまずの成績を残すことができました。怪我してから失速した感は否めないため、しっかりとコンディションを戻して2019年は1年を通して活躍し、3割20本の成績を期待したいところです。

「2019年北海道日本ハムファイターズのパ・リーグ順位」はズバリ!

前年度5位から見事に2018年はAクラスの3位まで立て直しました。2019年は大きな補強はないものの若手のさらなる成長が期待できるため、2019年は楽しみなシーズンと言って間違いありません。それでもライオンズやホークスの上位チームの牙城を崩せるのかは、すこし難しい可能性もあります。

ズバリ2019年の北海道日本ハムファイターズはパ・リーグ「3位」と予想します!

  • 2019年シーズン北海道日本ハムファイターズが優勝争いする条件はこれだ!
  • 先発投手陣の充実化
  • 選手層が厚いわけではないため、怪我人が続出しないこと

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす