【2019年オリックス・バッファローズ 順位予想】やはり苦戦は必至?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

【2019年オリックス・バッファローズ 順位予想】やはり苦戦は必至?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。西 勇輝と金子 千尋という長きにわたりチームを支えてきたエースを流出してしまい、オリックス・バファローズは2019年どのように戦っていくのか注目が集まっています。

そこで今回は2019年のオリックス・バッファローズの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

オリックス・バファローズの2018年の振り返り&2019年の展望!

シーズン前の評判は良くもなく悪くもなく。その評判通りの2018年シーズン4位という結果に終わってしまいました。しかし投手陣と野手陣で明暗がくっきり別れるような結果となりました。

前評判以上に活躍できなかった野手陣...2019年はもっと厳しい?

もっとも期待を裏切ったのはというと、マレーロ、ロメロの2選手でしょう。1年目及第点となる成績を残し、2年目は3割30本を期待された両外国人ですが、全く及ばず低迷を続けました。

選手 1年目 2年目
マレーロ 打率.274・26本塁打 打率.237・25本塁打
ロメロ 打率.290・20本塁打 打率.201・11本塁打

またT-岡田も打率.225・本塁打13本と低迷。キャッチャーやショートに守備を重視する采配を見せていたため、主軸の低迷はオリックス・バッファローズにとっては非常に痛かったと言えます。

そんな中、唯一明るい材料といえば、吉田 正尚のブレイクと言えるでしょう。もともと能力は高く、期待されていたのですが怪我などで1年を通して活躍できていませんでした。

2018年ようやく1年を通してプレイでき、打率.321・26本塁打・86打点と見事な成績を残すことができ、オリックスの4番へ成長したシーズンとなりました。2019年も同じ成績を残して、日本を代表する選手になってほしいですね。

吉田 正尚

投手陣はとにかく頑張った!しかし2019年は...

2018年シーズン4位で終われたのも投手陣のおかげと言っても過言ではありません。パ・リーグのチーム防御率で1位の3.69は見事の一言。

リリーフ陣は枚数も揃っていましたが、安定感抜群でした。クローザーの増井 浩俊はいうまでもなく、吉田 一将、近藤 大亮、比嘉 幹貴などのベテランや、澤田 圭佑、山本 由伸などの若手がうまく融合できた中継ぎ陣はパ・リーグ屈指と言えるでしょう。

また西 勇輝、山岡 泰輔、アルバース、金子 千尋、ディクソンの5人を中心とした先発投手陣はパ・リーグで一番安定していたともいえるほど。山岡 泰輔に関しては、防御率3.95・7勝と期待されていたほど活躍できなかったが、その潜在能力は誰もが認めており、2019年はエースとしての活躍を期待してしまいます。

しかし、西 勇輝と金子 千尋は退団が決定...

長きにわたりオリックスの先発陣を引っ張ってきた2人がFAと自由契約で他球団へ移籍が確定。先発投手陣には痛すぎる移籍となりました。頼りになるエースを育てるのか、はたまたどこかから獲得するのか、早急な先発投手陣の立て直しが必要となりました。

西 勇輝

オリックス・バッファローズの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年オリックス・バッファローズを去る選手は...

先ほども述べた通り、先発投手陣の西 勇輝と金子 千尋が退団します。さらに野手陣では、小谷野 栄一の引退、中島 宏之の自由契約(ジャイアンツに移籍)となり、実績のあるベテラン勢の退団。

2018年は貧打で苦しんだので、まだまだ数値を残せそうな中島 宏之には残って欲しかったと思うファンは多くいるのではないでしょうか。

2018年オリックス・バッファローズのドラフトの分析!

オリックスの課題、それは言うまでもなく、打撃陣の補強、そして西 勇輝と金子 千尋の穴をどう埋めるのか。ドラフト会議でそちらの補強ができたのでしょうか。

  • オリックス・バッファローズのドラフト
  • 1位 太田 椋(天理高等学校・内野手)
  • 2位 頓宮 裕真(亜細亜大学・内野手)
  • 3位 荒西 祐大(Honda熊本・投手)
  • 4位 富山 凌雅(トヨタ自動車・投手)
  • 5位 宜保 翔(KBC学園未来高等学校沖縄・内野手)
  • 6位 左澤 優(JX-ENEOS・投手)
  • 7位 中川 圭太(東洋大学・内野手)

即戦力の投手や内野手の補強、そして将来を見据えた補強、100点とはいきませんが、ウィークポイントを程よく補強できたのではないでしょうか。とはいえ、ドラフトだけでは2大エースに変わる補強や、貧打を解消できるまでは至らないという見方が正しいかもしれません。

2019年シーズン オリックス・バッファローズはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

やはり先発投手陣の強化は必須と言えますが、投手層はもともと厚かったこともあり、期待できる選手は多くいます。

例えば、2年連続でローテーションを守った山岡 泰輔は2019年24歳になります。プロ3年目を迎え、そろそろブレイクしてもいい頃です。素材としても一流なので、オリックスのエースへと飛躍する勝負の年にしてほしいものです。また変則サウスポーの田嶋 大樹は2019年プロ2年目となり、飛躍の年にしてほしいところ。

またリリーフからの配置転換で、穴を埋めるという手もあります。例えば、山本 由伸は高卒2年目の2018年は中継ぎとして54試合に登板し、防御率2.89という素晴らしい成績を残しました。まだまだ若いため、先発投手に転校することは可能、まさに2大エースがいなくなった2019年はチャンスを掴んでほしいものです。

【野手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

2018年一年通して使われた若手、福田 周平、大城 滉二の飛躍には期待したいところです。特に福田 周平は盗塁もできる選手なので、西村新監督の好む選手と言えるでしょう。3割20盗塁を残せるような1番バッターになれるように2019年は成長してほしいものですね。

しかしまだまだ戦力の底上げは必要です。やはり既存選手の復活は必須と言えるでしょう。とくにT-岡田はまだまだ老け込むような年齢ではありません。2019年も打率.280、30本塁打を残せる才能は十分素質があるので、復活しチームを支えてほしいものです。

福田 周平

「2019年オリックス・バッファローズのパ・リーグ順位」はズバリ!

2大エースの退団の穴を埋めることは、パ・リーグNo1のチーム防御率を誇る投手層なので、もしかしたらかもしれません。しかし打撃陣の早急な立て直しは少し現実的ではないかもしれません。2019年オリックスのAクラスの道のりは少し遠いと言えるでしょう。

ズバリ2019年のオリックス・バッファローズはパ・リーグ「5位」と予想します!

  • 2019年シーズンオリックス・バッファローズがAクラスに入る条件はこれだ!
  • 3割30本放つ外国人助っ人を2人獲得する
  • 2大エースの穴を埋める

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす