【2019年千葉ロッテマリーンズ 順位予想】Aクラスは夢のまた夢...?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

【2019年千葉ロッテマリーンズ 順位予想】Aクラスは夢のまた夢...?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。千葉ロッテマリーンズは井口監督のもと、2018年は機動力野球をテーマに戦いました。しかし、想定以上に貧打で苦しんだシーズンと言えるでしょう。2019年はマリーンズは浮上していけるのか。

そこで今回は2019年の千葉ロッテマリーンズの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

千葉ロッテマリーンズの2018年の振り返り&2019年の展望!

機動力野球をテーマに掲げたこともあり、盗塁数は、2017年チーム盗塁数78だったのが、2018年はチーム盗塁数124へと飛躍、まさに井口監督のやりたい野球を体現できた1年だったのではないでしょうか。しかしシーズンの結果は5位。いったい何がうまくまわらなかったのか。

機動力は上がった、けどランナーを返す打者がいない...2019年はどうなる?

機動力は前述した通り、チーム盗塁数が1.5倍以上に成長しました。とくに中村 奨吾は盗塁数がパ・リーグ2位となる39盗塁を記録し、井口監督の野球の体現者となりました。

中村 奨吾

しかし実際の得点数はパ・リーグで5位の534得点でした。なぜそれほど機動力が伸びて、チーム得点数が伸びなかったのか。

答えは簡単です。とにかく「ランナーを返せなかった」ということです。貧打と言えば貧打かもしれないですが、チーム打率はパ・リーグ4位の打率.247とまずまずの成績でした。しかし本塁打など、長打があまりにも少なかったと言えます。

項目本塁打 塁打
西武 196 2241
ソフトバンク 202 2191
日本ハム 140 1869
オリックス 108 1740
ロッテ 78 1670
楽天 132 1775

チーム本塁打数は、パ・リーグで最下位の78本。ちなみにチーム塁打数もパ・リーグで最下位の1670でした。チーム打率がパ・リーグ4位で塁打数が最下位ということは、どんだけ長打を打てていないのか、という証明になります。

2018年でチームで2桁本塁打を放ったのは、井上 晴哉のみです。ちなみに井上 晴哉は、すべての数値がキャリアハイとなり、飛躍の1年になりました。2019年も同じような成績を残せるのか、勝負の年になりそうです。

2019年は機動力野球を少し抑えてでも、長打を打てるバッターの起用を検討した方が良いかもしれません。外国人助っ人打者の起用など改善できる余地はたくさんあるため、2019年飛躍する可能性は十分あります。

野手陣も課題でしたが、投手陣はもっと課題...2019年も少し大変?

チーム防御率4.04、パ・リーグ5位という投手陣が崩壊。先発・中継ぎは波があったもののまだ許容できましたが、抑えの内 竜也が乱調で試合をひっくり返される試合が多く、2019年まずは守護神の復活もしくは新しい守護神の確立が急務と言えるでしょう。

とはいえ、抑え以外も課題は山盛りです。先発投手として計算できたのはボルシンガーくらい。涌井 秀章や石川 歩はローテーションを守ってはくれましたが、成績はいまひとつ。2人ともベテランの対応力で2019年は立て直し、2桁勝利を納めて欲しいものです。

中継ぎ陣は、益田 直也や松永 昂大など、活躍してくれた選手もいましたが、3人目が出てこず、苦しい台所事情が続きました。

先発・中継ぎにおいても、もう2〜3人の選択肢が増えない限りは、2019年も苦戦する可能性が高いと言えるでしょう。もちろん抑えの確立は必須と言えます。

井上 晴哉

千葉ロッテマリーンズの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年千葉ロッテマリーンズを去る選手は...

3名の戦力外通告による退団はありましたが、他球団ほど選手の整理は行われませんでした。

また岡田 幸文と大隣 憲司の引退は、少し残念です。2人とも球界を沸かせた名選手。特に岡田 幸文は2501打席ホームランなしで引退し伝説となりました。またソフトバンクファンでは知らない人はいないほど、一時代を支えた大エース大隣 憲司。難病と戦って復活した姿は感動的でした。

2018年千葉ロッテマリーンズのドラフトの分析!

千葉ロッテマリーンズで不足している戦力、つまりウィークポイントは、野手では長打力、そして投手は全部。しかし長打力のある打者をドラフトで獲得するルーキー達に期待するのは難しく、外国人の助っ人の獲得が望ましい補強となるでしょう。そのため、ドラフトでは可能な限り投手力の底上げを行うべきと言えます。

  • 千葉ロッテマリーンズのドラフト
  • 1位 藤原 恭大(大阪桐蔭高・外野手)
  • 2位 東妻 勇輔(日本体育大・投手)
  • 3位 小島 和哉(早稲田大・投手)
  • 4位 山口 航輝(明桜高・外野手)
  • 5位 中村 稔弥(亜細亜大・投手)
  • 6位 古谷 拓郎(習志野高・投手)
  • 7位 松田 進(Honda・内野手)
  • 8位 土居 豪人(松山聖陵高・投手)

基本的には即戦力の投手、未来の大砲という指名となり、チーム事情にかなったドラフトになりました。大砲が育つまでは時間がかかりますが、即戦力の投手が3名いるため、チームに足りていない先発や中継ぎの底上げをルーキー達に期待してしまいます。

2019年シーズン 千葉ロッテマリーンズはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

そろそろブレイクするのではと期待された二木 康太の2018年は、飛躍どころか前年度を下回る成績に。2019年は飛躍して欲しいですが、可能性はそこまで高くないでしょう。

では誰に期待したらいいのか。2019年高卒4年目の勝負の年とも言える成田 翔。2018年期待されていましたが、結果を残すことはできませんでした。ただ2018年は中継ぎへ転向して実績を積んだいわゆる準備成長期間。2019年は中継ぎ投手陣の中心となって1年間活躍して欲しいです。

【野手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

藤岡 裕大と平沢 大河は、同じ内野手として開幕前はどちらが遊撃手を守るのか、と話題になりましたが、藤岡 裕大が遊撃手、平沢 大河が外野手という形で、2人同時に起用されました。しかし結果は打率が2人とも.250を切り、結果を残せませんでした。2人ともポテンシャルが高いので、2019年こそ結果にこだわり3割20盗塁を目指せる飛躍の年にしてほしいです。

また2019年にレギュラーを取れるかはわかりませんが、2018年の状況を考えるとチャンスを与えて欲しい選手がいます。日本ハムの清宮 幸太郎に匹敵すると言われた逸材である安田 尚憲です。2019年は高卒2年目の20歳になるシーズンですが、ロッテに足りない力、つまり長打力を持っているので、可能であれば起用して2割20本というような数値で構わないので、チームの起爆剤になってほしいものです。

しかし分析すればするほど、投手も野手も2019年は戦力不足が予想できてしまいます。なんとかマリーンズにはAクラス争いを実現し、ファンを喜ばせて欲しいのですが...

安田 尚憲

「2019年千葉ロッテマリーンズのパ・リーグ順位」はズバリ!

打撃陣のウィークポイント長打力のある打者の補強は、そう簡単に埋めれるものではありません。やはり長打力のある打者は2019年は外国人選手に依存してしまうでしょう。投手力の底上げは可能かもしれませんが、Aクラスを争うような投手力を整えるのは至難の技と言えるでしょう。

ズバリ2019年の千葉ロッテマリーンズはパ・リーグ「6位」と予想します!

  • 2019年シーズン千葉ロッテマリーンズがAクラスを狙える条件はこれだ!
  • 30本塁打を狙える外国人助っ人を2人獲得する
  • 投手力の底上げ

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす