【2019年福岡ソフトバンクホークス 順位予想】やはり優勝大本命?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

【2019年福岡ソフトバンクホークス 順位予想】やはり優勝大本命?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。福岡ソフトバンクホークスは優勝候補の筆頭でしたが、2018年結果はパ・リーグ2位。2019年ホークスが再び優勝することができるのでしょうか。

そこで今回は2019年の福岡ソフトバンクホークスの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

福岡ソフトバンクホークスの2018年の振り返り&2019年の展望!

ベテランに成熟期を迎えた中堅、そして若手、投打ともに選手層が厚く、2018年も磐石に思えましたが、替えがきかない選手が怪我をしたり、思うようなシーズンをおくれませんでした。

投手陣が崩壊...しかし2019年は期待できる!?

シーズン始まってすぐに絶対的な守護神であったサファテ、そしてエースの千賀 滉大が怪我で離脱、サファテに関してはは2018年絶望で帰国という最悪な状況でスタートを切ることに。さらには先発投手陣がピリッとしない内容が続き、中継ぎへの負担が増え、中継ぎ陣も崩れるシーンが目立ちました。

その結果、2018年のチーム防御率3.90とパ・リーグ4位。この数値だけ見れば悪くないのですが、前年度はチーム防御率が3.22という素晴らしい結果だけに、比較するとその違いに驚きます。

  • 2017年チーム防御率:3.22
  • 2018年チーム防御率:3.90

先発陣も中継ぎ陣も全体的に調子が上がりませんでした。たとえば、2017年は絶対的エースとして君臨した東浜 巨は防御率3.32(前年度2.64)・7勝5敗(前年度16勝5敗)だったり精彩を欠く投手が多くいました。また復活が期待された武田 翔太も以前のような投球を見せることができなかったり、期待した投手が活躍できなかったことも2018年ホークスが苦戦した理由の一つでしょう。

武田 翔太

とはいえ、まだまだ成熟期を迎える前の25歳前後の選手や、30歳前後のポテンシャルが高い選手が非常に多いため、2019年は本来持っている力を発揮しさえすれば、また投手王国であるホークスを見ることができるでしょう。

怪我、不振、それを補う選手層!2019年も期待できる?

投手陣だけではなく、野手陣も怪我が多かったシーズンでした。守備の要の今宮、4番内川の怪我、そしてチームの顔である松田 宣浩の前半戦の大不振。それでも選手層の厚さで乗り切り、8月から打線の復調もあり、首位西武を猛追する原動力となりました。

その中でもやはり柳田 悠岐は打率.352・36本塁打・102打点・21盗塁と別格の活躍を見せてくれました。中村 晃は安定した活躍なども特筆すべきことですが、23歳という若さで初の全試合出場した若手の上林 誠知は2019年も期待が高まります。

その結果、最終的にはチーム打率がパ・リーグ2位の.266という数値を残しています。2019年も2018年同様に持ち前の選手層の厚さで乗り切ってくれるでしょう。

上林 誠知

福岡ソフトバンクホークスの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年福岡ソフトバンクホークスを去る選手は...

2018年ホークスは選手の大整理が行われました。戦力外通告の数はなんと19選手。長年ホークスを支えた摂津 正や五十嵐 亮太なども含まれており、プロ野球の厳しさを痛感させられます。

また本多 雄一は33歳という若さで引退を表明、驚いたホークスファンも多くいるのではないでしょうか。選手層が厚いホークスだからこそ引退を決意したのかもしれません。

2018年福岡ソフトバンクホークスのドラフトの分析!

選手が不足している訳ではないため、将来性を重視したようなドラフトが予想できました。強いて言うのであれば、中継ぎ投手陣はいくらいても良いので、即戦力の投手が必要と言えるでしょう。

  • 福岡ソフトバンクホークスのドラフト
  • 1位 甲斐 野央(東洋大学・投手)
  • 2位 杉山 一樹(三菱重工広島・投手)
  • 3位 野村 大樹(早稲田実業高校・内野手)
  • 4位 板東 湧梧(JR東日本・投手)
  • 5位 水谷 瞬(石見智翠館高校・外野手)
  • 6位 泉 圭輔(金沢星稜大学・投手)
  • 7位 奥村政稔(三菱日立パワーシステムズ・投手)

ドラフトの結果は、即戦力の投手、そして未来の大砲という徹底したドラフトでした。即戦力の投手陣の中から、中継ぎ投手陣の救世主となるような存在が何人かいれば2019年のホークスの投手陣は磐石となるかもしれません。

2019年シーズン 福岡ソフトバンクホークスはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

まずは2019年プロ2年目で飛躍を期待したい高橋 礼。アンダースローから浮き上がるストレートを武器に、2018年は12試合に登板しましたが、日本シリーズでの活躍は印象的で、3試合に登板し、全試合で無失点という素晴らしい内容でした。その内容が認められ、侍ジャパンとして日米野球にも出場しました。2019年は中継ぎなのか先発なのか、起用方法はわからないですが、高橋 礼にとって飛躍した1年になる可能性が非常に高いです。

また2018年ドラフト1位の甲斐 野央には期待している人が多いのではないでしょうか。

MAX159キロのストレートは、スピンが綺麗と評判。さらには落差の大きなフォークも持っているため、セットアッパー・抑えとして非常に期待されています。サファテがどこまで回復するのかわからないため、日本人のクローザー誕生を期待しているファンも多いでしょう。

【野手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

ホークスの若手育成は非常にすごく、新しい選手がどんどん出てきます。とくに育成枠からの成長は12球団でNo1といえ、レギュラーになり甲斐キャノンで2018年一躍有名になった甲斐 拓也、内外野どこでも守れ2018年選手層の厚みを出してくれた牧原 大成など、育成が成功している証と言えます。

なかなかホークスのレギュラー陣の牙城を崩すのは難しいかもしれませんが、レギュラーを脅かすような選手がまたすぐに出てきてほしいものですね。

甲斐キャノン

「2019年福岡ソフトバンクホークスのパ・リーグ順位」はズバリ!

投手陣の不調もありましたが、ドラフトで即戦力を豊富に獲得し、しっかりと補強できたため、2019年は同じような状況になることは少し考えにくく、やはりパ・リーグNo1の投手王国に返り咲くことが予想できます。また野手の選手層の厚さは改めて証明されたため、やはり2019年も優勝争いの大本命と言えるのではないでしょうか。

ズバリ2019年の福岡ソフトバンクホークスはパ・リーグ「1位」と予想します!

  • 2019年シーズン福岡ソフトバンクホークスが優勝する条件はこれだ!
  • 補強した投手がリリーフとして機能する
  • レギュラー野手を脅かす存在が現れる

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす