日本人歴代No1「スローカーブ」をなげる投手は誰?人気投票ランキング中!

日本人歴代No1「スローカーブ」をなげる投手は誰?人気投票ランキング中!

日本人のプロ野球選手で、歴代No1のスローカーブを投げる投手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?

実はスローカーブを投げるには高い技術が必要と言われ、プロ野球でも投げる投手はほとんどいません。決め球として使っていたのは、中日ドラゴンズの今中慎二とオリックスや阪神タイガースで活躍した星野伸之くらいではないでしょうか。ストレートとスローカーブの緩急で打者を翻弄する投球術は必見です。

そこで今回はスローカーブを投げる投手を紹介し、「日本人のプロ野球選手で歴代No1のスローカーブを投げるのは誰か」という人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

日本人歴代No1「スローカーブ」をなげる投手は誰?のアンケート

ダルビッシュ有

三浦大輔

今中慎二

星野伸之

メジャーでどよめきが起きるスローカーブ「ダルビッシュ有」

ダルビッシュ有

ダルビッシュ有は七色の変化球の持ち主でどれも一級品です。変化球の調子により投げ分けることでも有名で、ダルビッシュ有はスライダーを決め球に使っていますが、スライダーの調子が悪い時などに利用するのがスローカーブです。

メジャーリーグに渡っても投げており、150km/hの豪速球と90km/hのスローカーブの緩急60km/hという投球術に、メジャーでは『超スローカーブ』という造語ができたほどです。ちなみにメジャーでは、たまに投げるスローカーブに敵味方関係なくどよめきが起きるそうです。

高い技術&スローカーブで緩急をつける「三浦大輔」

三浦大輔

『ハマの番長』こと三浦大輔もスローカーブを武器にしていた一人です。横浜ベイスターズ一筋で25年活躍し、プロ野球ファンであれば誰もが愛する投手だったのではないでしょうか。

三浦大輔はストレート、カットボール、スライダー、シュートなどのストレートに近い球種をメインに使っていますが、ここぞっていう時に緩急をつけるためスローカーブを投げます。

緩急+変化量は歴代No1?「今中慎二」

今中慎二

今中慎二は、スローカーブを決め球として使っていた数少ない選手。中日ドラゴンズで4年連続開幕投手を務めるなど、全盛期は中日ドラゴンズのエースとして活躍していました。

豪速球とスローカーブの緩急No1!

ストレートは150km/h前後、スローカーブは80km/h前後、スピードの落差が70km/hという驚異的な緩急で打者を翻弄しました。しかし、今中慎二のスローカーブは、緩急だけではありません。しっかりとカーブとして変化していることが特徴です。打者からは高めのボールから低めのボールに落ちてきます。『70km/hの緩急』と『ボールゾーンからボールゾーンへの変化量』、これが今中慎二のスローカーブでした。

また決め球としてスローカーブを利用していたため、今中慎二の腕の振りは同じです。つまりチェンジアップが大きく変化するような、まさに『魔球』といえるでしょう。

今中慎二のスローカーブに対して、当然打者は腰が抜けたり、打っても手打ちになったり、まさに打者を翻弄できる魔球でした。

ストレートも遅いけど、スローカーブはもっと遅い「星野伸之」

星野伸之

ストレートは120km/h台という遅球王!

オリックスや阪神タイガースで活躍した星野伸之は80km/h代のスローカーブを決め球にしており、スローカーブとフォークという2種類の変化球を持っていますが、ストレートの球速は120km/h台という他の選手とは比べ物にならないくらい球速が遅い投手でした。

しかしパ・リーグの強打者は、星野伸之のストレートを速いと評価します。梨田昌孝、清原和博、中村紀洋など錚々たる選手が星野伸之のストレートを速い・打ちにくいと評価しました。

120km/h後半のストレートに80km/h台のスローカーブ、この緩急からストレートを球速以上に見せているのも事実ですが、星野伸之のストレートの質が高かったこともストレートが速い・打ちにくいと称されていた理由の一つでしょう。純度の高いスピンから初速と終速の差がない伸びのあるストレートだったことが星野伸之がプロで通用した理由です。

伝説いっぱい!

とはいえ、120km/h後半のストレートと、80km/h台のスローカーブを武器にするピッチャーはプロ野球の歴史上、星野伸之以外にはいないため、たくさんの伝説があります。

  • 星野伸之が投げたスローカーブをキャッチャーが手で取った
  • 通算2041奪三振はプロ野球歴代21位(2019年時点)
  • 180cmの身長に対して体重65kg以上増えなかった
  • 漫画に遅球王として登場した

「日本人歴代No1「スローカーブ」をなげる投手は誰?」のまとめ

いかがでしたか。高い技術が必要となうスローカーブ。緩急をつけるために1試合に数球使用する選手はいるものの、ウイニングショットとして利用している投手は数えるくらい視界ませんでした。それくらいスローカーブを投げるには、高い技術が必要だったのです。今中慎二や星野伸之はスローカーブを決め球として使っている珍しい投手と言えるでしょう。

皆さんの考える最高のスローカーブを投げる投手はだれでしょうか。それでは最後に気になる人気投票ランキングの発表です。

日本人歴代No1「スローカーブ」をなげる投手は誰?のアンケート

ダルビッシュ有

三浦大輔

今中慎二

星野伸之

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

日本人歴代No1「スローカーブ」をなげる投手は誰?のアンケート

ダルビッシュ有

三浦大輔

今中慎二

星野伸之

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす