食後の歯の手入れは「つまようじ」vs「糸ようじ」どっち?人気投票実施中!

食後の歯の手入れは「つまようじ」vs「糸ようじ」どっち?人気投票実施中!

老若男女ともに毎日のボデイケアで必要な耳のお掃除。ホテルや旅館サービスに多い綿棒派と、自宅用の耳かき派に大きく分かれるのではないでしょうか。両者を使いこなす人もいるようですが、どっちの方が好きという人は多くいるのではないでしょうか。

歯を健康に維持して、年を重ねても美味しいご飯を食べることには誰もが憧れるのではないでしょうか。そんな歯の健康を維持するために、歯磨きはもちろんですが、食後での歯と歯の間に詰まった食べ物たちの除去も必要です。そういった背景もあり、飲食店に爪楊枝が用意されていることも多く、中には糸ようじを持ち歩く人もいるほどです。

そこで今回は、「つまようじ」と「糸ようじ」の特徴を紹介し、最後に『食後の歯の手入れは「つまようじ」vs「糸ようじ」どっち?』というアンケートの人気投票結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

食後の歯の手入れは「つまようじ」vs「糸ようじ」どっち?のアンケート

つまようじ

糸ようじ

「つまようじ」派!

爪楊枝は、小さくて軽量、人の歯にも優しい木材で作られており、歯の隙間の手入れだけでなく、デザートや肉団子などを食べる用具としても重宝されています。そんな爪楊枝を利用する人の意見を紹介します。

「つまようじ」派

用意されているから

洋食屋には置いてないところもあったりしますが、和食屋や中華料理屋の飲食店には、大概つまようじは用意されています。わざわざ糸ようじを用意しなくても、お店側が用意してくれているので、それを利用する人は多くいます。

手が汚れず、口を開かず、食事中に歯の手入れができる

そもそも食事のマナーにおいて最も嫌われる失態というと、ゲップ、おなら、口を開けて(音を立てて)食べる、手が汚れる、肘をついて食べるなど。たとえ食事が終わっても、それは同じです。つまり手が汚れたり口を開けたりするのは極力避けたいのが人の心情です。

つまようじを利用すれば、食卓でマナーの範疇で歯のケアをすることができます。海外では失礼にあたるかもしれませんが、たとえ相手が食事中でも爪楊枝を口に入れて歯の手入れする人は多くいます。手を汚すわけでもなく、口を開けるわけでもなく、上品に歯の手入れをすることができるのは、つまようじの魅力の一つと言えます。

「糸ようじ」派!

糸ようじは、歯間の食べ残り・歯垢をしっかり除去できます。食事中や食後の歯のケアにも使われたりしますが、歯磨きの後の歯間の汚れ落としにも用いられたりします。つまようじが簡易的な歯のケアであれば、糸ようじは本格的な歯のケアに近いかもしれません。そんな糸ようじを利用する人の意見を紹介します。

「糸ようじ」派

奥歯の歯間の掃除に便利

つまようじで奥歯までケアするのは難しいですが、糸ようじであれば奥歯までしっかりとケアできます。奥歯の歯間に行き届き、さらには歯垢(プラーク)を落とすこともでき、虫歯予防や歯の黄ばみ予防にもつながることは糸ようじの大きなメリットといえるでしょう。

衛生的

爪楊枝は様々な飲食店でサービスされていますが、時々小包装されずに爪楊枝そのものが容器に入れられていることがあります。口の中に入れる用途を考えたとき、決して衛生的とは言えません。

しかし糸ようじは、サービスされているものではないため、自分で管理するものです。よほど雑な管理をしない限り、圧倒的に糸ようじの方が衛生的といえるでしょう。

食事の場では利用できないことはデメリット

一方で糸ようじのデメリットは、食事中はもちろん食後も食卓で利用するのはマナー違反になることです。トイレの洗面台などで利用する必要があるので、簡易的な利用をすることは難しいといえるでしょう。

「食後の歯の手入れは「つまようじ」vs「糸ようじ」どっち?」まとめ

いかがでしたか。歯に食べ物がつまることはよくあるものですが、つまようじで簡易的にとるのか、糸ようじで徹底的にとるのか、好みは別れるでしょう。あなたはどっち派でしょうか?

それでは、お待ちかねのアンケート・ランキング結果の発表です。

食後の歯の手入れは「つまようじ」vs「糸ようじ」どっち?のアンケート

つまようじ

糸ようじ

まだまだアンケート募集中です!あなたの意見も聞かせてください!

食後の歯の手入れは「つまようじ」vs「糸ようじ」どっち?のアンケート

つまようじ

糸ようじ

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす