あなたは「文系」?それとも「理系」?実際はどっちが多いのか人気投票実施中!

あなたは「文系」?それとも「理系」?実際はどっちが多いのか人気投票実施中!

進学するにあたり、文系と理系に分かれますがほとんど理数系が得意なら理系へ、国語や英語が得意なら文系へという適当な割りふり方が多いものです。とはいえ、文系出身でも理系のエンジニア職についたり、理系出身でも文系の営業職についたり、様々です。

そこで今回は、文系と理系のそれぞれの特徴を紹介し、最後に『あなたは「文系」?それとも「理系」?実際はどっちが多い?』というアンケートの人気投票結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

あなたは「文系」?それとも「理系」?実際はどっちが多いのか人気投票実施中!のアンケート

文系

理系

文系の特徴

文系

活字が大好き!

読書がすきで、小説から民俗学、歴史に至るまでジャンルを問わず活字が好きな人は、文系に多いものです。

活字好きな人は読書量が多くなり見識がある人多く、人前ではなしたり、営業したりするときに、その能力は存分にはっきされるため、文系には活字好きが多い傾向があります。

量より質!

何をこなすにも、時間がかかり完璧主義。クオリティを優先するので効率が後回しになっていることが多いのなら文系の傾向が高いかもしれません。芸術性が高かったり、センスがある人が多い傾向があります。

理系だと、同じものをいかに効率よく作るか、というところを重視する傾向があるので、文系はその真逆と言えるでしょう。

理系の特徴

理系

数字が頭に浮かぶ!

何か情報を聞いてからすぐに数字が浮かぶ人は理系的な考えができる人です。

とくにお金の見積もり、時間の見積もり、年齢など数を聞いただけですぐに現状を理解できる人は、理系の人が多い傾向があります。

しっかりと計算し計画を立てることができるのは、理系の特徴と言えるでしょう。

ロジカル!

理屈っぽい、論理的思考、嫌なことを逐一つつく。そういった悪いイメージが理系にはあるかもしれませんが、ビジネスでは立派なロジカルシンキング。

ビジネスではいいですが、プライベートでの空気の読めないロジカルな理系には気をつけましょう。

「あなたは「文系」?それとも「理系」?実際はどっちが多い?」まとめ

いかがでしたか。文系と理系の特徴から最適な仕事はある程度は絞ることができますね。あなた自身は文系、理系どちらでしょうか?それでは、お待ちかねのアンケート・ランキング結果の発表です。

あなたは「文系」?それとも「理系」?実際はどっちが多いのか人気投票実施中!のアンケート

文系

理系

まだまだアンケート募集中です!あなたの意見も聞かせてください!

あなたは「文系」?それとも「理系」?実際はどっちが多いのか人気投票実施中!のアンケート

文系

理系

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす