超名作!あのドラゴンクエストができるまでの制作秘話5つ〜人気投票実施中!〜

超名作!あのドラゴンクエストができるまでの制作秘話5つ〜人気投票実施中!〜

いまや、日本のゲームの代表作であり、世界に誇るドラゴンクエストシリーズですが、その制作の裏には苦労や様々な秘話があるのをご存知でしょうか。

「復活の呪文を読み返すと未来を予知している事が分かった!」とか、「ポートピア殺人事件はドラゴンクエストを発売する前の布石だった!」など、各メディアでは都市伝説のような話を取り上げていたり、「え、そうだったんだ!」という話も見受けられますが、今回は制作秘話である「実は●●だった」を5つご紹介いたします。

また、バトクエでは、ドラクエに関するアンケートを実施しています。まずは投票をお願いします!

他の記事が気になる方はこちらから!

ドラゴンクエストvsファイナルファンタジーのアンケート

ドラゴンクエスト

ファイナルファンタジー

実は初代ドラゴンクエストで使える容量はガラケーの写真以下

今やスマホ時代ですから写真や動画をたくさん保存できて当然ですが、驚きな事にファミコンで使える容量はガラケーの画像1枚よりも少なかったのです。そんな時代にあの大作ドラゴンクエストを開発するには様々な苦労がありました。

例えば、ノートにズラズラと書いておく必要があった復活の呪文ですが、ご説明した容量の問題により使用できる文字にすら制限がありました。使える文字の種類は、なんと「イ・カ・キ・コ・シ・ス・タ・ト・ヘ・ホ・マ・ミ・ム・メ・ラ・リ・ル・レ・ロ・ン」という20種類しかなかったため、モンスターの名前なども、当初予定していた名前から変更されたものがあったと言います。

実はスライムは、あんな可愛くなる予定ではなかった

スライム画像

ドラゴンクエストの定番キャラクターであるスライムですが、当初あのような形ではありませんでした。スライムというのは、そもそもあのような形をしているものではなく、オモチャでも流行った緑色のドロドロ、ネバネバした液体とも個体とも言えないような物体を指します。

設定としては、スライムにとりつかれると飲み込まれで殺されてしまうという少々怖い設定だったのですが、ドラゴンボールの作者として有名な鳥山明さんが、あの形に直したという事実があるのです。

今のドラゴンクエストに欠かせない『スライム』は、こういったエピソードが無かったら生まれていなかったキャラクターなのです。

実は、すぎやまこういちと堀井裕二の出会いはアンケートはがき

ドラゴンクエストの音楽は誰しも一度は聞いたことがあるかと思います。そして、あの曲をすぎやまこういちが、トイレでたったの5分で作ったという話も割と有名かと思います。そんな、すぎやまこういちと堀井裕二の出会いは、ゲームソフトのアンケートから始まったというのをご存知でしょうか。

すぎやまこういちは、有名な作曲として当時からその名は知られていましたが、実はゲーム好きの一面があるという事はあまり知られていませんでした。当時すぎやまこういちがプレイしていたゲームのアンケートが、すぎやまこういち本人から投稿されていたことがキッカケとなり、それを見つけた堀井雄二本人からすぎやまこういちに連絡がいく事となり、今のスクエアエニックスとの繋がりができたという裏話があるのです。 今の堀井雄二とすぎやまこういちの出会いがこのようなものだったとは、奇跡のような話です。

鳥山明はドラクエの絵を描くつもりじゃなかった…!?

ドラゴンボールで有名になった鳥山明ですが、ご存知のとおり、ドラゴンクエストのデザインもしていることで有名です。しかし、堀井雄二との出会いは、とある人の嘘がキッカケでした。

当時、ドラゴンボールの連載で忙しく、更にはその連載を続けていけるかという局面に陥っていた鳥山明が、集英社の一担当であった鳥嶋和彦に出会います。その鳥嶋和彦は、ドラゴンクエストの生みの親である堀井雄二との交流もあり、その会話の中で「鳥山君がゲームを作りたがっているよ」と適当な事をいった事がドラゴンクエストのキャラクターを鳥山明が担当となるきっかけになりました。

当人も「私はそんなことは言っていない」ときっぱり否定していたというエピソードもあり、何となく運命的なものを感じる出会いでもあります。

実はドラゴンクエストの誕生の元に、Appleが関わっていた

今や、スマホの代表であるiPhoneですが、そのiPhoneを開発したApple社が、実はドラゴンクエストが誕生するキッカケとなっていたのをご存知でしょうか。Apple社が当時開催していたパソコン展示会にて、堀井雄二が出会うパソコンゲームの中にRPGの元祖とも言うべき『ウィザードリィ』と『ウルティマ』があったのです。

ですが、この時点でのパソコンと言ってもその機能や性能には限界があり、更にそのパソコンのRPGゲームをファミコンの中に凝縮させようという発想に至ったのは堀井雄二ならではのものではないでしょうか。そういった、チャレンジ精神がなかったら今のゲーム業界はなかったかもしれません。

超名作!あのドラゴンクエストができるまでの制作秘話5つのまとめ

いかがでしたでしょうか。名作ドラゴンクエストの裏には隠された制作秘話がまだまだあると思いますが、私たちが今現在遊んでいるドラゴンクエストもこうして作られてきた歴史を考えると、なんとも感慨深いものですね。

スクエニ2大RPG人気結果発表!

ドラゴンクエストvsファイナルファンタジーのアンケート

ドラゴンクエスト

ファイナルファンタジー

まだまだ投票受付中です!投票お願いします!

ドラゴンクエストvsファイナルファンタジーのアンケート

ドラゴンクエスト

ファイナルファンタジー

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす