最強ロボアニメはどっち?『ガンダム』vs『エヴァンゲリオン』アンケート人気投票!

最強ロボアニメはどっち?『ガンダム』vs『エヴァンゲリオン』アンケート人気投票!

日本が世界の誇るアニメの一大ジャンルとなっているのが、いわゆる「ロボットアニメ」です。巨大なロボットが敵と戦うアニメは数え切れないほど制作されてきましたが、数あるロボットアニメのなかでも有名なのは「機動戦士ガンダム」と「新世紀エヴァンゲリオン」という2作品ではないでしょうか。どちらも日本に社会現象を巻き起こしたと言われる名作ですが、この2作品には一体どのような違いがあるのでしょうか。

そこで今回は、ガンダムとエヴァンゲリオンのどちらが優れたロボットアニメなのか比較し、最後に人気アンケート投票の結果を紹介します。

まずは『ガンダム』vs『エヴァンゲリオン』のアンケートにぜひ投票ください♪

最強ロボアニメはどっち?『ガンダム』vs『エヴァンゲリオン』のアンケート

ガンダム

エヴァンゲリオン

「機動戦士ガンダム」のここがすごい!

実はガンダムは打ち切り作品!

機動戦士ガンダム、いわゆる初代ガンダムが最初にテレビ放映されたのは、1979年のことでした。今では考えられないことですが、初代ガンダムが放送された当時はなかなか人気が出ず、全52話まで放送される予定だったのが43話で打ち切られてしまったという過去があります。

ガンダム再放送の署名活動が起こる!

しかしガンダムがすごかったのはここからで、打ち切りが決定した直後から人気が徐々に上昇し、43話で打ち切られた後も熱烈なファンたちによる再放送要請嘆願署名が集まるなど、制作陣の予想を大きく上回る反響を見せ始めました。

初代ガンダムの再放送は最高視聴率29.1%!

結局ガンダム再放送、再々放送と何度もテレビ放映されることとなり、放送するたびに視聴率が上がる怪物アニメへと進化を遂げました。初回放送時にはで5.3%しかなかった視聴率も、再放送時には名古屋地区で瞬間最高視聴率29.1%を記録するまでに上昇したといいます。

「機動戦士ガンダム」は大人向けアニメ!

初代ガンダムは倒すべき敵(ラスボス)がいない

ガンダムをここまで人気作品に押し上げた要因として、これまでのロボットアニメとは視聴者層が違ったという理由があります。それまではロボットアニメと言うと「マジンガーZ」や「ゲッターロボ」などに代表される子供向けのストーリーが主流でした。

子供向けのロボットアニメは、倒すべき敵の姿がハッキリとしていることが特徴です。例えばマジンガーZは、世界征服を企む悪の科学者ドクターヘルを倒して世界の平和を守るということがストーリーの肝となっています。ゲッターロボも、人類から地上を奪おうとする恐竜人を倒すことが目的で、いずれも「こちらが正義で、相手が悪」という大前提のもとにストーリーが成り立っています。

しかしガンダムの敵は、怪物でもなければ生粋の悪人というわけでもありませんでした。ひとことで言えばガンダムは「宇宙戦争」をテーマにした物語で、作中で敵国として描かれているジオン公国の人々もまた、戦争の被害者といえる立ち位置にいたのです。

初代ガンダムはリアルな戦争ドラマ

誰が悪者だと一概には断言できないリアルなストーリーはまさに大人向けの難しいテーマの作品であるといえます。最初は子供向けアニメだと思って見ていなかった大人たちも、口コミなどからガンダムのストーリーの奥深さを知り、評判が高まると共にガンダムにハマる大人が続出しました。

その人気は初回放送から40年近くが経過した現在でも衰えることはなく、ガンダムには現在でも多くの続編が制作されています。スピンオフやOVAまで入れると、初代ガンダムに連なる作品の数はなんと100種類を超えます。また、ガンダムのプラモデルは「ガンプラ」と呼ばれ、アニメ好きに限らず多くのホビーファンを熱狂させるジャンルとして知られています。

ガンダムはもはや、ひとつのアニメ作品という枠を飛び越えて一大コンテンツとして認知されている作品なのです。

「新世紀エヴァンゲリオン」のここがすごい!

エヴァンゲリオン放送直後から大人気!円盤売上が2位の約4倍!

エヴァンゲリオンは、1995年からテレビ東京系列で放映されたアニメです。1979年以降はほとんどガンダム一強となっていたロボットアニメ業界に革命を起こした作品であり、1990年代のアニメとしては唯一DVDの売り上げが11万枚を突破するなど、エヴァンゲリオンの登場は大きな社会現象となりました。

90年代のアニメDVDの売り上げランキングでは、3位のドラゴンボールGT、2位の機動戦艦ナデシコが共に約3万枚であることを考えても、エヴァンゲリオンの11万枚という売り上げは明らかに異常であることがわかります。

エヴァンゲリオンは実は「人造人間」

エヴァンゲリオンは日本を代表するロボットアニメだと言われていますが、厳密に言えば「ロボットアニメ」とは異なります。何故なら一見して巨大ロボに見える「エヴァンゲリオン」は、実のところロボットではなく「人造人間」であるからです。

エヴァンゲリオンは見れば見るほど謎が深まる...!

放映が開始された当時、ほとんどの視聴者はエヴァンゲリオンを単なるロボットアニメだと思っていたはずです。しかし従来のロボットアニメとは違い、1話目を見ても「主人公は何と戦っているのか」「エヴァンゲリオンとは何なのか」がほとんどわかりません。エヴァンゲリオンのストーリーは、見れば見るほど謎が深まるという斬新な構成になっていたのです。

ロボットアニメに限らず、それまでのアニメ作品ではストーリーの進行と共に謎が明らかになっていくのが普通でした。しかしエヴァンゲリオンではあえて、解読不可能な謎や伏線をバラまきながらストーリーを進めることで、視聴者に「考察」を促したのです。当時はネットも一般的では無い時代でしたが、アニメ雑誌の視聴者コーナーやファンの集いなどでエヴァンゲリオンについて熱い議論が交わされました。つまり、あえてミステリアスなストーリーにすることでファン同士の繋がりを深め、口コミで一気に知名度を上げていった作品がエヴァンゲリオンだったのです。

「新世紀エヴァンゲリオン」も大人向けアニメ!

エヴァンゲリオンはヒューマンドラマ!

登場キャラクターの人間的なドラマを深く描いているのもこの作品の特徴です。エヴァンゲリオンは仮にもロボットアニメというジャンルに収まる作品でありながら、ロボットと敵と戦いよりも人間同士の関係性に焦点を当てることの多い作品でした。

主人公の碇シンジは思春期の少年であり、突然エヴァンゲリオンのパイロットに選ばれたことによる苦悩や、ヒロインの綾波レイに対する恋心なども細かく描写されています。純粋な恋愛模様を描くというよりも、思春期の少年が抱くリアルな性欲を包み隠さずに表現していたことも印象的でした。

エヴァンゲリオンを全てを理解することは不可能!

エヴァンゲリオンは、あらゆる意味で斬新なアニメでした。ガンダムの登場以降「大人が見ても面白いアニメ」は増えてきていましたが、エヴァンゲリオンは完全な「大人向けのアニメ」であり、また大人が見ても全てを理解することはできない難解な作品でした。この作品には、かつては勧善懲悪の分かりやすいストーリーが求められていたアニメの世界に、入り組んだ大人のドラマ性を取り入れた功績があるといえるでしょう。

エヴァンゲリオンはの人気は今でも続く...

初回放映から20年以上が経過した現在でも、エヴァンゲリオンの人気が衰えることはありません。テレビ放送が終わった後もストーリーが大幅にリメイクされた映画版が公開されたり、スピンオフ作品も多く公開されています。また、アミューズメントの世界にもエヴァンゲリオンを題材としたゲームやパチンコが登場し、人気を博しています。

まだまだ話題の絶えない新世紀エヴァンゲリオン。今後も新作やスピンオフが発表され続け、私たちに更なる衝撃を与えてくれるに違いありません。

「最強ロボアニメはどっち?『ガンダム』vs『エヴァンゲリオン』アンケート人気投票!」まとめ

いかがでしたか。ガンダムもエヴァンゲリオンも、大人向けアニメという共通点、ストーリーが難しく、考えさせられるという共通点があります。そういった背景もあるので、子供から大人まで世代を超えて人気があるアニメなのでしょう。

実はガンダムもエヴァンゲリオンも漫画で読めると知っていましたか?アニメを見るのはちょっとという方には非常におすすめなので、商品を見てみてはいかがでしょうか。

それでは、最後に最強ロボアニメはどっちか、アンケート・ランキング投票の結果を発表します。

最強ロボアニメはどっち?『ガンダム』vs『エヴァンゲリオン』のアンケート

ガンダム

エヴァンゲリオン

まだまだアンケート投票中なので、皆さんもぜひ投票してください♪

最強ロボアニメはどっち?『ガンダム』vs『エヴァンゲリオン』のアンケート

ガンダム

エヴァンゲリオン

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす