【針供養】毎年何の豆腐に刺している?刺し易い豆腐人気投票ランキング!

【針供養】毎年何の豆腐に刺している?刺し易い豆腐人気投票ランキング!

一般的に12月8日もしくは2月8日に行われる針供養。針供養は、使えなくなってしまった針を供養してあげる行事のことをいいます。また、役目を終えた針に対する労いと、感謝の気持ちをあらわすとともに、裁縫の上達も祈る行事とされており、寺社に針を持って供養したり、家で柔らかいお豆腐やこんにゃくに刺して供養していきます。針供養をご家庭でやる際は、お手軽という理由から豆腐が利用されることが多いのだとか?

そこで今回バトクエでは、どのお豆腐が針供養に向いているか人気投票ランキングを行いたいと思います!

また、まだまだアンケートを実施中ですのでおすすめ豆腐を選んでください♪

他の記事が気になる方はこちらから!

【針供養】毎年何の豆腐に刺している?刺し易い豆腐人気投票ランキング!のアンケート

木綿豆腐

おぼろ豆腐

絹ごし豆腐

ざる豆腐

針供養とは?

針供養とは?画像

名前の通り、針を供養してあげる行事のことをいいます。詳しくいうと、一般的に折れたり、錆びたりと使えなくなってしまった針を豆腐やこんにゃくなど柔らかいものにさしてお寺に持っていき、感謝の気持ちとともに、裁縫の上達も祈る行事のことです。

柔らかいものに刺すことで、最後は柔らかいところで休んでねという意味になると言われています。

昔は、各家庭で針供養が行われており、柔らかいものにさした針たちを川に流したり、土に埋めたりもしていたようですが、最近では奉納するのが一般的とされています。

針供養のルーツ

針供養は、事八日の行事の一つとされており、着物などの衣類を作るのに必要な「針」を供養してきました。

旧暦の12月8日と2月8日を事始まり・事納めとしており、何かを始める・終わる大切な日とされてきました。両日共に、どちらでも成りうる日となっていました。

  • 事始まりが12月8日ならば、事納めが2月8日
  • 事始まりが2月8日ならば、事納めが12月8日

そして事八日は、事の神を祀るための物忌みの日で、その一つの行事が針供養でした。

針供養が行われる主な神社

針供養は、淡島信仰の行事とされてきたため以下の条件に当てはまる寺社で行われております。

  • 淡島神社(粟島神社)
  • 淡島神を祭る堂(淡島堂・粟島堂)がある寺院

東京では「浅草寺」・大阪では「太平寺」・福岡では「淡島神社」などで行われております。

針供養に向いている豆腐とは?

針供養に向いている豆腐とは?画像

木綿豆腐

昔からあるもっとも一般的な豆腐で、鍋物に最適とされている豆腐で固さもスタンダードですので、無難に針を供養することができます。

おぼろ豆腐

寄せ豆腐とも呼ばれている「おぼろ豆腐」は、職人の腕が一番求められる豆腐とも言われています。おぼろ豆腐は、他の豆腐の工程最中にできるもののため、その豆腐屋の基準とされています。そんな職人技がでるおぼろ豆腐に針を刺せば、安心して成仏してくれること間違い無いでしょう!

絹ごし豆腐

豆乳を凝固させただけの状態で、水分をしぼる前の豆腐ですのでとても柔らかい豆腐となっています。やはり、最後はとにかく柔らかいものに刺して供養したいという人におすすめの豆腐となっています!

ざる豆腐

ざる豆腐は、おぼろ豆腐をざるに盛り込んで、脱水した豆腐です。ですので、他の豆腐に比べると固い豆腐となっています。安定した刺し心地を求める方はざる豆腐がおすすめです。

【針供養】毎年何の豆腐に刺している?刺し易い豆腐人気投票ランキング!のまとめ

いかがでしたでしょうか?針供養は、使えなくなった針を供養するための大切な行事として日本人の習慣となっています。ご家庭で供養したい場合は、刺す豆腐を選ばないといけないので、どの豆腐が成仏してくれるか考える必要があると思います。

ちなみに、寺社に持っていけば基本的には豆腐は提供されますので、悩む必要はありません。なので、分からないという方は寺社で供養するのが一番のおすすめ方法となっています。

それでは気になる針供養で使える豆腐の投票結果発表!

【針供養】毎年何の豆腐に刺している?刺し易い豆腐人気投票ランキング!のアンケート

木綿豆腐

おぼろ豆腐

絹ごし豆腐

ざる豆腐

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【針供養】毎年何の豆腐に刺している?刺し易い豆腐人気投票ランキング!のアンケート

木綿豆腐

おぼろ豆腐

絹ごし豆腐

ざる豆腐

合わせて読みたい記事

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす