【ANA vs JAL】日本2大航空会社どっちがおすすめ?徹底比較&人気投票中!

【ANA vs JAL】日本2大航空会社どっちがおすすめ?徹底比較&人気投票中!

今や日本でANAとJALが飛んでいない空港はないのでは?というほど全国を飛び回っている二大エアラインと言えるANAとJAL。インターネットで航空券の検索をすると、ANAとJALの両方検索され、どっちにするか迷った人は多くいるのでは?

飛行機に乗ると、ANAもJALも独自のサービスを展開しており、人それぞれ好みが別れます。さらにANAとJALの最大の魅力であるマイルを一度ため出したら、1社に利用を絞る人も多くいるでしょう。

そこで今回バトクエでは、ANAとJALの魅力と特徴を紹介し、最後に『【ANA vs JAL】日本2大航空会社どっちがおすすめ?』という人気投票ランキングのアンケート結果を紹介します。

まだまだアンケートを実施中なので、あなたの意見を聞かせてください♪

【ANA vs JAL】日本2大航空会社どっちがおすすめ?のアンケート

ANA

JAL

ANAとJALの徹底比較

ではまず、ANAとJALの違いを比較します。

  • ANA vs JAL
  • 運賃
    • ほぼ同じ
  • 路線数
    • ほぼ同じ
    • 沖縄を中心に離島はJALが充実
  • 機内サービス
    • ファミリー・子供にはANAもJALも充実
    • WiFiはJALの方が充実
  • 普通席シート(※機種によって異なります)
    • ANAの方が少し広く、モニター装備されている
    • JALの方が本皮シートで、座り心地がよいと評判
  • 中間クラス
    • JALにしかなく1000円出す価値がある
  • ファーストクラス
    • どちらも最高
  • マイル
    • ためやすさはANA

【ANA vs JAL】ANAの魅力と特徴!

【ANA vs JAL】ANAの魅力と特徴!

ANAとは?

ANAの正式名称は「全日本空輸株式会社」。ANA「エーエヌエー」と読んだり、ANA「アナ」と読んだり、全日本空輸を略して「全日空」と読んだり、様々です。

1952年に設立され、今では日本の航空会社で国内線、国際線ともに国内最大規模を誇ります。就職人気企業ランキングでも1位に輝いたことがあるなど、学生からも高い人気を誇ります。

LCC(格安航空)への投資にに積極的!

近年、LCC(格安航空会社)を利用する人は多くなったのではないでしょうか。ピーチやジェットスターといったLCCは、関西国際空港や成田空港を中心に、日本各地へ数千円という安さで飛行機で移動することができます。

そんなLCCにいち早く注目したのがANAです。2011年に、日本のLCCであるピーチ(Peach Aviation株式会社)」へ出資、さらにLCC「バニラ・エア株式会社(※2019年にピーチと合併)」も設立するなど、LCCへいち早く投資を行なっています。

ANAの航空券の料金は?

ANAとJALの料金は、ほとんど同じ、として知られています。もちろん路線や予約する時期によって多少の差はあります。

ANAの路線数は?

国内線の路線数は、ANAもJALもあまり変わりませんが、比較的地方都市への路線数はANAが少しだけ多いと言えます。

ANAの機内サービスは?

無料ドリンクのコンソメスープは大人気!

ANAの機内無料ドリンクサービスで人気なのがオリジナルコンソメスープです。

以前「マツコの知らない世界」という番組でも紹介され、このスープをアレンジした料理レシピを紹介したVTRが放送されると、空港内の売店でコンソメスープが飛ぶように売れた人気メニューです。

ファミリーへの考慮が行き届いている!

ANAでは、子ども客へのさまざまな配慮がされています。CA(キャビンアテンダント)が各座席を回り、2種類のおもちゃから好きな方を子供に選ばせてくれます。

また予約制で数に限りはありますが、ベビーベッド付の座席も用意されています。首が座らない赤ちゃんを連れているファミリーの搭乗時には、とても有難いサービスです。さらにANAでは「2歳未満」の子連れは優先搭乗できます。。

ANAのシートは?

ANAのシート

普通席に関しては、ANAとJALも広さはあまり変わらない、と言われていますが、実はANAの方がわずかに広いようです。またANAは機内モニターに力を入れており、路線にもよりますが国内線にも普通席に機内モニターが装備されました。

ANAの「プレミアムクラス」というシートが用意されています。いわゆるファーストクラスです。当たり前ですが、普通席とは比べものにならないくらいの贅沢なサービスが提供されています。国内線で、普通席プラス1万円以上と相応の料金となっているため、そこそこ高いサービスとなります。

ANAのマイルはJALより人気?

飛行機に乗って貯めるマイルは、ANAもJALもさほど変わらないですが、様々なポイントをマイルに変換できたりするので、マイルはANAのほうがたまりやすいと言われています。

【ANA vs JAL】JALの魅力と特徴!

【ANA vs JAL】JALの魅力と特徴!

JALとは?

JALの正式名称は「日本航空株式会社」。JAL「ジャル」と読んだり、日本航空と読んだりします。

1953年に設立され、今では日本の航空会社で国内線、国際線ともに国内最大規模を誇ります。

JALの航空券の料金は?

ANAとJALの料金は、ほとんど同じ、として知られています。もちろん路線や予約する時期によって多少の差はあります。

JALの路線数は?

JALは、一昔前まで国内線の「地方便に強い」というイメージが強かったのですが、2010年に一度会社更生法の適用を申請し倒産してから、地方路線を徹底的に見直したことにより、ANAとそれほど変わらない路線数になりました。

しかし沖縄をはじめとし、種子島や屋久島、奄美諸島などの離島への運航は今でも実施しており、離島に強いのがJALと言えるでしょう。

JALの機内サービスは?

機内WiFiが充実している!

JALの機内WiFiは充実しています。

もちろん快適高速、とまではいかないのですが、LINEやツイッターをやる分には十分です。ANAはドメインに制限が入っており、使えないアプリやサービスが多くあります。

ファミリーへの考慮が行き届いている!

JALも子供向けサービスが充実しています。

紙おむつの提供や機内におむつ交換台が設置してあります。予約制・台数制限はあるのですが、2歳未満の赤ちゃんにベビーベッドの貸し出ししています。一部の空港ではありますが、ベビーカーの無料貸し出しもしています。

またANAにはないサービスとして、予約制ですが全ての空港で3歳未満の子供にチャイルドシートの無料貸し出しがあります。通常幼児は親の膝の上に座らせることが多いが、チャイルドシートがあれば子供が寝てしまっても安心ですね。さらにJALでは「3歳未満」の子連れは優先搭乗ができます。

JALのシートは?

JALのシート

普通席に関しては、JALの座り心地が良いと評判です。路線にもよりますが、普通席に本皮シートが装備されています。ファーストクラスは、ANAとJAL同様に贅沢なサービスが提供されています。

JALにしかない「クラスJ」

JALの最大の魅力の1つとして「クラスJ」というワンランク上のシートがあることです。クラスJシートは、普通席とファーストクラスの間のシートで、前方に数列のみ設置されています。

足置きのリクライニングがあり、疲れた足を休めることができます。座席は、横幅も奥行きともに広く、さらに本革のシートが使用されているので高級感があります。

テーブルは肘掛のところに格納されており、A4サイズのパソコンや雑誌なども置ける大型テーブルで便利です。

「クラスJ」は機内では少しでも体を休めたいという利用者に大好評のサービスですが、普通席の料金にプラス1000円という低価格で利用できるのは魅力です。

「【ANA vs JAL】日本2大航空会社どっちがおすすめ?」まとめ

いかがでしたか?日本の航空業界でも運航便数がともに最大規模を誇るANAとJAL。サービスは両方充実しています。強いて違いをあげるのであれば、クラスJという+1000円で味わえるシートが充実しているJAL、マイルを様々なところで貯めることができるANA、と言えるでしょう。

あなたはANA派ですか、JAL派ですか?

「【ANA vs JAL】日本2大航空会社どっちがおすすめ?」の人気投票結果発表!

【ANA vs JAL】日本2大航空会社どっちがおすすめ?のアンケート

ANA

JAL

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【ANA vs JAL】日本2大航空会社どっちがおすすめ?のアンケート

ANA

JAL

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!