【人気投票】『Windows』vs『Mac』仕事で使用するPCのおすすめはどっち?

【人気投票】『Windows』vs『Mac』仕事で使用するPCのおすすめはどっち?

プライベートではスマホで十分でも、仕事になるとどうしてもPCが必要になると言う人も多いはずです。仕事で重要となると気になるのが、他人が使っているPCのOSです。「Windows」と「Mac」では操作性に大きな違いがあります。今回はPCの2台OSのどちらを使っている人が多いのか、どうしてそのOSを使っているのかを調査したいと思います。

まずは、どちらがおすすめかもしくは使いたいか投票をお願いします!

他の記事が気になる方はこちらから!

「Windows」vs「Mac」の人気投票!

仕事で使っているPCは『Windows』vs『Mac』アンケート実施中!のアンケート

Windows

Mac

選択肢の豊富さで考えるなら断然「Windows」でしょ!

windows

「Windows」はPCのOSの中では圧倒的なシェアを誇り、「Mac」に大差をつけています。初めて使ったPCはWindowsという人と言う人も多く、非常に親しまれているOSになっています。シェアが大きいと言う事は、必然的に仕事でも触れる可能性が高いと言うことです。数が出回っているため選択肢が多くなるのもポイントで、価格帯や性能に合わせて選ぶことができます。まとまった数をそろえることを考えるとWindowsの方が簡単と考える企業は多く、実際にWindowsを業務の基本に据えているケースは多くあります。

特に重要になるのが、ソフトの互換性や維持費です。様々なソフトウェアのクラウド化などが進み、OSの垣根を越えて利用できるものも増えています。しかし、業務上Windowsでなければ困ると言うケースは珍しくなく、取引先との関係でWindows以外に選択肢が無いと言う事も珍しくないのです。一般家庭だけでなく業務用の端末も含めて利用されているからこそ、圧倒的なシェアが実現できていると言う背景もあります。競合が多いからこそ価格競争が進み、無料ソフトなども使い勝手が良いものがそろいやすいというメリットもあります。維持費の上でもWindowsの方がコスパが良いと考える人も多いのです。

デザイン関係などクリエイティブな現場だとMacが強い!

mac

最近は技術者を中心にかなり巻き返してきましたが、まだまだシェアの面では大きく水をあけられているMacは、技術者向け機能の豊富さや、OSとしての安定性やセキュリティの高さなどから、技術職の愛用者が多いのが特徴となっています。製作に時間がかかるグラフィック系の仕事やクリエイティブな現場で、はWindowsのように突然更新がかかって作業が中断されたり、シャットダウンを繰り返されたりすると非常にストレスがたまることになりますが、Macではグラフィック系の仕事やクリエイティブな作業に向いているため、断然Mac派という人も多くいます。会社自体がMacでそろえると言うケースも存在し、業界によって違いが出る部分でもあります。

しかし弱点もあり、それは選択肢の少なさです。Windowsのように様々なメーカーがPCを作っているわけではないため、価格競争が起こらず機種自体の選択肢が限られます。パソコンのハード自体が非常に高機能である一方で、本体価格がどうしても高くなりがちなのです。導入のためのハードルの高さもネックになるため、そもそもMacをおく余裕がないと言う企業も存在するのです。ただし、熱烈な愛好家が集まればアンケート上はシェアを逆転して、Mac派が多数派になることもあり、特にIT業界ではMac派を多く存在します。

実際はどちらのOSの利用者が多いのか?

ダークホースはフリーランスの存在

一般的な企業に勤める場合は企業の方針によって仕事に使うPCが変わってきます。わざわざ会社の用意したPCと違うOSのPCを併用して仕事をする人は稀です。もちろん人によって二つのOSを使い分ける場合もありますが、やはりプログラムやデータの共有を考えるとデメリットが目立つようになるからです。

しかし、自分で仕事を選べるフリーランスの場合は会社の方針ではなく、自分の使い勝手でPCを選ぶことができます。ライティングなどでひたすら文字を打ち込むような仕事であれば安価なWindowsマシンでも問題なく対処できます。しかし、長時間の作業や効率を考えた場合は使う人は機能面を重視する人が多く、さらに優劣は個人の感性に委ねられてしまうので、技術職やクリエイティブな作業に向いているmacのほうがより多く利用されている傾向があります。アンケート上でもフリーランスが投票を行うかどうかで大きな違いが出てくる可能性があります。

セキュリティ面でMacが選ばれることも

圧倒的なシェアを誇るWindowsには弱点もあります。これはシェアが高いからこそWindowsをターゲットにしたコンピュータウィルスが多く出回っており、セキュリティ上の問題が発生する可能性が高くなる大きなデメリットもあります。互換性が高いと言う事は、それだけ不正アクセスを受けやすく、データが流出しやすいと言うことでもあるのです。

もちろんMacをターゲットにしたコンピュータウィルスも存在しますが、Windowsに比べれば圧倒的に少なくなります。また、Macは定期的なアップデートでセキュリティ上の穴を定期的にふさいでいます。Windowsもアップデートは頻繁に行っているものの、攻撃者の数が多すぎるためいたちごっこになりがちなのです。セキュリティ上の都合でMacが選ばれる可能性があることは知っておきたいポイントです。

とはいえ、導入費の安さやシステムの独立性を確保することでセキュリティ対策を行うことも可能です。セキュリティソフトの導入の簡単さもWindowsの特徴となっているため、どのような観点でPCが選ばれているかも注目したいポイントです。

「Windows」vs「Mac」の人気投票!のまとめ

最近では、iPhoneの普及に伴いPCでもMacを使うという人が増えてきました。デザインを重視するApple製品としては、今後も製品間のリンクなどによってシェアを伸ばしていくのではないでしょうか。しかし、仕事となるとExcelやWordといったマイクロソフト製品をしっかりと使いたい方は、Windowsの方がいいかもしれません。WindowsとMacを仕事の内容によって使い分けをするという方も多くなっていくことでしょう。

「Windows」vs「Mac」の人気投票の結果は?

仕事で使っているPCは『Windows』vs『Mac』アンケート実施中!のアンケート

Windows

Mac

まだまだ投票受付中です!投票お願いします!

仕事で使っているPCは『Windows』vs『Mac』アンケート実施中!のアンケート

Windows

Mac

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす