【人気投票】『Windows』vs『Mac』プライベートで使用するPCのおすすめはどっち?

【人気投票】『Windows』vs『Mac』プライベートで使用するPCのおすすめはどっち?

インターネットが完全に普及し、国民総パソコン時代といっても過言ではない現代。多くの方々がプライベートでもパソコンをお使いのことと思います。そんなパソコンと言えば、OSをMacにするかWindowsにするか悩みますよね。双方に良いところ、悪いところがあり何を基準に判断すればといいのか そんな疑問にお応えすべく、MacとWindowsを比べてみました。今回はPCの2台OSのどちらを使っている人が多いのか、どうしてそのOSを使っているのかを調査したいと思います。

まずは、どちらがおすすめかもしくは使いたいか投票をお願いします!

他の記事が気になる方はこちらから!

「Windows」vs「Mac」の人気投票!

プライベートで使っているPCは『Windows』vs『Mac』アンケート実施中!のアンケート

Windows

Mac

やっぱり定番のWindows?

windows

OSのシェアナンバー1

OS市場においてWindowsはなんと90%以上のシェアを誇ります。Macが6%程度であることを考えるとWindowsがいかに支持されているかがわかります。高いシェア率のお陰で、市場に存在するほとんどのソフトウェアやハードウェアに対応しているのがWindowsの強みと言えるでしょう。Windows搭載機は後述のMacとは違い様々なメーカーから発売さてれおり、多様なスペックやデザインから自分にあったものを見つけることができます。プライベートでライトに使用するなら、Macに比べて安価(ノートパソコンなら2万円台から購入できたりもします。)なのも魅力的ですね。

また、トラブルなどが発生したときに解決策がインターネットで紹介されていたり、周りの人が解決策を知っている可能性が高いのもシェア率の高さゆえです。トラブル時にいちいちサポートに連絡をしなくてもすむのは助かりますよね。

ウイルスなどに注意!

Windowsのシェア率が高いことのデメリットとして、利用者(=ターゲット)が多いのでウイルスなどサイバー攻撃の対象となりやすいということがあります。OSの更新やウイルス対策ソフトを自前で購入して被害を防ぐのですが、その網をかいくぐるようにウイルスも日々形を変えて常に自身のパソコンを狙っています。毎年のようにセキュリティホールが見つかるのでOSのアップデートを忘れてはいけません。プライベートでの使用では個人情報を入力したりもするので気をつけなければなりませんね。

Macには付加価値がある!

mac

Windows搭載にはない美しさ

MacのOSを搭載したパソコンはApple社製に限られています。Windowsが様々なメーカーのパソコンに搭載されているのに対して、Macは搭載機を限定するこちでOSの機能以上の付加価値を持っています。MacBookやMacBook Air、IMacの洗練されたデザインは見るものを魅了します。またOSとハードウェアを一緒に開発することによって最適な動作環境を保つことができています。

また、Mac搭載機の美しさを象徴しているのがトラックパッドです。ウィンドウズ搭載機のトラックパッドとは違って、直感的な操作で様々なことを行うことができます。例えば二本の指でスワイプすることによってブラウザの画面を行き来したり、三本の指でドラックアンドドロップが簡単にできます。最近ではWindowsのノートPCのマウスパッドも真似することが多くなったほどです。こういった操作面での美しさもMacならではです。

これら付加価値があるせいかMacは搭載機は非常に高額です。同じスペックのWindows搭載機に比べると値段が数倍もなんてこともザラです。これをデメリットとみるかは人それぞれかもしれません。部屋に置く美しいオブジェの一つにお金をかけるというのもよいかもしれませんね。

OSのシェア率の低さは弱点!?

さきほど述べたように、Windowsに比べてマックのシェア率は大変低いもとなっていますが、それはもはや弱点じゃないかもしれません。例えばビジネスや個人利用でかかせない、Windowsの開発元であるマイクロソフト社のワードやエクセル、パワーポイントといったオフィスはMac版も発売されています。また、外付けハードディスクやDVDドライブもMacの対応ものが発売されておりプラーベートにおける通常の使用で困ることはもはやありません。

とくに近年では、映像クリエーターや音楽クリエイターからMacは大変な人気があります。Windowsのように対応しているソフトは多くはありませんが、プロユースに対応できるだけの力がMacにもあるようです。プライベートで簡単な動画の編集をしたい、音楽をつくりたいという人にもMacは大変おすすめです。

また、シェア率が低いことによるメリットもあります。それはウイルスなどの被害にあいにくにことです。ユーザーが少ないのサイバー攻撃を受けるリスクが低く、自前でウイルス対策ソフトを入れる必要が無いとも言われています。(近年ではMacを狙ったウイルスも増加傾向なのでこの限りではないみたいですが。)

iPhoneとの互換性

iPhoneはMacと同じApple社が製造、販売しているスマートフォンです。同じ会社が開発しているので、互換性に大変優れています。例えば、同じAppleIDやICloud IDを使用すればアプリやリマインダー、連絡先、写真、カレンダーなどを簡単に共有することができます。外出時にパッと思いついたアイデアをiPhoneにメモしておいて家に帰ってパソコンで調べたり、iPhoneにかかってきた電話をパソコンで受けたりとその使い方には限りない可能性があります。iPhoneユーザーならMacを選択する積極的な理由になりますね。

『Windows』vs『Mac』仕事で使用するPCのおすすめはどっち?まとめ

WindowsにもMacにもメリットとデメリットがあります。プライベートで使用するならどちらを選択しても大差ないようにすら感じますよね。それほど近年のパソコンの進化がすごいということが言えるしれません。

【人気投票】『Windows』vs『Mac』仕事で使用するPCのおすすめはどっち?の結果発表!

プライベートで使っているPCは『Windows』vs『Mac』アンケート実施中!のアンケート

Windows

Mac

まだまだ投票受付中です!投票お願いします!

プライベートで使っているPCは『Windows』vs『Mac』アンケート実施中!のアンケート

Windows

Mac

あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす