日本三大うどんは「水沢うどん」でいいの?讃岐、稲庭に次ぐ第三候補を人気投票中!

日本三大うどんは「水沢うどん」でいいの?讃岐、稲庭に次ぐ第三候補を人気投票中!

日本人の主食といっても過言ではない「うどん」。日本人の大半は好きといっても過言ではありません。そんな日本のうどんの中でも全国的な知名度や普及率から「日本三大うどん」とされているのが、香川県の讃岐うどん、秋田県の稲庭うどん、群馬県の水沢うどんです。

讃岐うどん、稲庭うどんの2種類は、非常にメジャーで、誰もが「日本三大うどん」として認めるでしょう。しかし「水沢うどん」はというと、そこまでメジャーではなく、日本三大うどんの候補として疑問に思う人も多くいます。

そこで今回はバトクエでは、「日本三大うどん」の第三候補を見直すため様々なうどんを紹介し、最後に『【新日本三大うどん人気投票】讃岐、稲庭はいいけど、残り一つは水沢うどんでいいの?』という人気投票ランキングのアンケート結果を紹介します。

まだまだアンケートを実施中なので、あなたの意見を聞かせてください♪

【新日本三大うどん人気投票】讃岐、稲庭はいいけど、残り一つは水沢うどんでいいの?のアンケート

水沢うどん

五島うどん

氷見うどん

きしめん

伊勢うどん

日本三大うどんの定義をおさらい!

日本三大うどんは、一般的に「讃岐うどん」、「稲庭うどん」、「水沢うどん」とされることが多くありますが、明確な定義は実は特にありません。

「讃岐うどん」と「稲庭うどん」は、全国的な知名度や普及率を考えれば当確とされています。しかし三つ目の候補は実は多数あります。「水沢うどん」の他に、長崎県の「五島うどん」、富山県の氷見うどんも有力です。他にも「きしめん」や「ほうとう」に関しても「うどん」の仲間のため、日本三大うどんの候補の一つとして捉えても不思議ではありません。

日本三大うどんの候補は7種類?

「日本三大うどん」とされるうどんの候補はたくさんありますが、当確とされる「讃岐うどん」、「稲庭うどん」の他に、今回は5種類紹介します。

  • 新日本三大うどん 候補 7種類
  • 讃岐うどん ※当確
  • 稲庭うどん ※当確
  • 水沢うどん
  • 五島うどん
  • 氷見うどん
  • きしめん
  • 伊勢うどん

【新日本三大うどん 候補】水沢うどん

【新日本三大うどん 候補】水沢うどん

「水沢うどん」は、群馬県渋川市伊香保町水沢付近で発展したうどん。小麦、塩、水沢の水のみを使用して作られています。捏ねて、延ばして、寝かせを繰り返して作る手打ち製法のうどんです。しかし手打ちが主流だったのが現在では、機械製法で作るお店も多くなりました。

水沢うどんの食べ方

「水沢うどん」は、冷たいざるうどんとして食べることがほとんどです。各店舗独自の工夫をこらした醤油ダレ、胡麻ダレでのつけダレで食べることが多く、寒い季節には温かいつけダレも提供されたりします。

  • 水沢うどんの特徴・魅力!
  • 若干細めの麺
  • コシと弾力が強い
  • 冷たい『ざるうどん』としてよく食べられる

【新日本三大うどん 候補】五島うどん

【新日本三大うどん 候補】五島うどん

「五島うどん」は、長崎県五島列島のうどん。手延べ製法で作られ細麺ですが、同様の製法で作られる稲庭うどんと違い、断面は『丸』です。材料は小麦粉・塩・椿油のみを利用しますが、椿油を塗って熟成するのが「五島うどん」の大きな特徴です。

細い麺ですが、椿油を生地に練り込まれているので、茹でてもコシが非常に強く、滑らかな食感を楽しむことができます。

五島うどんの食べ方

「五島うどん」は、鍋で茹でながらうどんをすくってつけ汁につけて食べる「地獄炊き」と呼ばれる食べ方が有名です。つけ汁はアゴ出汁で作られます。夏には、麺を冷やしてざるうどんとしても食べられています。

  • 五島うどんの特徴・魅力!
  • 手延べ製法で作られる細い麺
  • 椿油が練りこまれているため、コシが強く喉越しが良い
  • 「地獄炊き」と呼ばれる食べ方が有名
    • 鍋で麺を茹で、アゴ出汁のつけ汁につけて食べる

【新日本三大うどん 候補】氷見うどん

【新日本三大うどん 候補】氷見うどん

「氷見うどん」は、富山県氷見市周辺で作られるうどん。手延べ製法で作られ細麺です。材料は、小麦に塩水を使いますが、手延べ製法なのに油を使いません。

実は生地の作る過程で手で捏ねるという手打ちと同様の工程を挟みます。そのため細麺ではあるのですがコシが強く弾力性のある「氷見うどん」の大きな特徴です。もちろん手延べ製法のつるっとした喉越しも楽しむことができます。

氷見うどんの食べ方

「氷見うどん」は、冷たいざるうどんでも、温かいかけうどんでも、美味しく食べることができます。冷やせばつるっとした喉越しをより楽しむことができ、温めれば細いのにしっかりしたコシとモチモチした弾力をより楽しむことができます。

  • 氷見うどんの特徴・魅力!
  • 手延べ製法で作られる細い麺
  • 作る過程で、手で捏ねる手打ち製法も用いられる
  • コシが強く、弾力性があり、つるっとした喉越しが良い
  • 温かいかけうどん、冷たいざるうどんでも楽しむことができる

【新日本三大うどん 候補】きしめん

【新日本三大うどん 候補】きしめん

「きしめん」は、愛知県の名物とされるうどん。「きしめん」が、うどんに分類されるかはよく議論されていますが、乾めん類品質表示基準 (JAS規格)では一応うどんの仲間のようです。水と小麦粉と塩を原料にしており、うどんと作り方は変わりません。

「きしめん」の最大の特徴は、その『平たい形』。平たくするため麺は長く、切れやすくなっています。そのためうどんに比べ、コシが弱くなってしまいます。しかし表面は滑らかでつるっとした喉越しを楽しむことができます。

きしめんの食べ方

「きしめん」は、冷たいざるきしめんとしても、温かいかけきしめんとしても、食べることができます。名古屋名物である味噌を利用した「味噌煮込みきしめん」がよく食べられています。

  • きしめんの特徴・魅力!
  • 平たい形状が最大の特徴
  • 平たくするためコシが弱く、つるっとした喉越しが良い
  • 温かいかけきしめん、冷たいざるきしめんでも楽しむことができる

【新日本三大うどん 候補】伊勢うどん

【新日本三大うどん 候補】伊勢うどん

「伊勢うどん」は、三重県伊勢市を中心に食されるうどん。麺が非常に太いことが最大の特徴です。そのため長い茹で時間が必要となり、柔らかくもちもちした食感を楽しめます。たまり醤油ベースにした濃いタレは、旨味とコクが強く、甘みすら感じる上品な味わいです。

讃岐うどんのように、コシと弾力のある麺と、あっさりした出汁を絡めるスタイルとは、真逆のスタイルといえ時代に逆行したうどんと言えます。

伊勢うどんの食べ方

「伊勢うどん」の食べ方はシンプルです。麺を茹でてタレを絡めて食べます。麺とタレ、そしてネギの3つがベースで、好みで卵黄を乗せたりします。うどん本来の味を楽しむのがおすすめの食べ方となっています。

  • 伊勢うどんの特徴・魅力!
  • 非常に太い麺で、茹で時間が非常に長い
  • 柔らかくもちもちした食感を楽しめる
  • たまり醤油ベースにした濃いタレは、旨味とコクが強い
  • 基本的に茹でたうどんに、濃厚なタレを絡めて食べる

「日本三大うどんは「水沢うどん」でいいの?讃岐、稲庭に次ぐ第三候補を人気投票中!」まとめ

いかがでしょうか。日本三大うどんは、「讃岐うどん」と「稲庭うどん」は確定として扱われますが、残り1つはたくさん候補があります。水沢うどんが最有力として扱われますが、五島うどん、氷見うどん、きしめん、伊勢うどんなども日本三大うどんの候補として扱われます。

日本の歴史ある食であるため、日本三大うどんの候補それぞれに魅力と歴史があることがわかりますね。あなたは日本三大うどんの第三候補を何の「うどん」と考えていますか?

「日本三大うどんは「水沢うどん」でいいの?讃岐、稲庭に次ぐ第三候補を人気投票中!」の人気投票結果発表!

【新日本三大うどん人気投票】讃岐、稲庭はいいけど、残り一つは水沢うどんでいいの?のアンケート

水沢うどん

五島うどん

氷見うどん

きしめん

伊勢うどん

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【新日本三大うどん人気投票】讃岐、稲庭はいいけど、残り一つは水沢うどんでいいの?のアンケート

水沢うどん

五島うどん

氷見うどん

きしめん

伊勢うどん

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす