【喫茶店チェーン 人気投票ランキング】喫茶店チェーンのおすすめはどこ?

【喫茶店チェーン 人気投票ランキング】喫茶店チェーンのおすすめはどこ?

喫茶店のチェーン店のおすすめはどこですか?

今や日本のコーヒーカフェチェーンは100業態を越え、街のいたるところカフェが存在します。日本人にとって最も頻繁に足を運ぶ飲食店といっても過言ではありません。スターバックスやドトールのようなカウンタータイプと、ルノアールやコメダ珈琲店のような喫茶店タイプの2つに分類できます。

そこで今回バトクエでは、喫茶店チェーンの中でも有名である次の簡単な紹介を行います。

  • 銀座ルノアール
  • コメダ珈琲店
  • 珈琲館
  • 星乃珈琲店
  • 椿屋珈琲店
  • 丸福珈琲店
  • 小川珈琲
  • イノダコーヒ

また最後に『【喫茶店チェーン 人気投票ランキング】喫茶店チェーンのおすすめはどこ?』という人気投票ランキングのアンケート結果を紹介します。

まだまだアンケートを実施中なので、あなたの意見を聞かせてください♪

【喫茶店チェーン 人気投票ランキング】喫茶店チェーンのおすすめはどこ?のアンケート

銀座ルノアール

コメダ珈琲店

珈琲館

星乃珈琲店

椿屋珈琲店

丸福珈琲店

小川珈琲

イノダコーヒ

【喫茶店チェーン】銀座ルノアールの魅力・特徴

【喫茶店チェーン】銀座ルノアール

銀座ルノアールは、喫茶室ルノアールなど幅広い業務形態を展開!

銀座ルノアールは、1964年に日本橋に1号店がオープンしました。その後、事業を拡大し、従来の事業の延長である「喫茶室ルノアール」、エスプレッソなどにこだわりを持つ「カフェ・ルノアール」、喫茶店でありながらフードメニューも充実したフルサービスを提供する「カフェ・ミヤマ」など、銀座ルノアールでは業務形態を幅広く展開していることが特徴と言えます。

2019年現在、銀座ルノアール系列で約150店舗前後の喫茶店チェーン展開しています。その中でも喫茶室ルノアールは約90店舗と多く喫茶店チェーン展開しています。

銀座ルノアールのコンセプト!

ホテルのロビーのような雰囲気をコンセプトに、店内は重厚なソファーを使用し、席の間隔も広くゆったりとした空間を演出しています。

店名の由来は画家のルノワールからとっているそうで、名画に恥じぬ喫茶室、とのキャッチコピーを謳っています。元々は花見煎餅という煎餅屋だったこともあり、現在も注文した飲み物を飲み終えた後にサービスで美味しいお茶を提供していることは有名です。

喫茶室ルノアールはモーニングメニューがすごくお得!

ブレンドコーヒーは、店舗によって異なりますが、だいたい税込500円~と少し高めです。しかし銀座ルノアールの全ての系列で実施しているわけではありませんが、喫茶室ルノアールを中心にモーニングメニューは非常に充実しています。

ドリンク注文のお客様には、次のモーニングセットが注文できます。通常コンビニ等よりはるかに安く美味しいモーニングを食べることができます。

  • トーストと茹で卵とスープが税込60円
  • ハムチーズフォッカチオサンドと茹で卵とスープが税込120円
  • ハムきゅうりサンドと茹で卵とスープが税込140円
  • スペシャルサンドとヨーグルトとスープが税込190円

また他にも季節限定メニューも多くあり、こだわりのはちみつ系ドリンクも名物メニューとして人気があります。

ルノアールは、都心に展開、ビジネス目的で利用する人が多い!

前述した通り銀座ルノアール系列のドリンクメニューは少し高いですが、ルノアールには他の喫茶店に真似できない魅力があります。

どれだけ長居してもOK

ルノアールにどれだけ長居しても店員から退出を命じられることはありません。煙たがられるどころか、お茶まで出してもらえます。

都心に多く展開している

ルノアールは都心に多く展開していることもあり、ビジネスマンが多く利用しています。打ち合わせで利用したり、面接で利用したり。非常に多くの用途で利用されています。

電源とWiFiを完備している店舗がほとんど!

近年ではルノアールのほとんどの店舗で、電源やWi-Fi環境を完備しています。店舗によっては会議室やコピー機の設置があったりします。ビジネスで役にたつツールが充実しているのも、ビジネスマンが愛する理由の一つと言えるでしょう。

【喫茶店チェーン】コメダ珈琲店の魅力・特徴

【喫茶店チェーン】コメダ珈琲店

フランチャイズ戦略で店舗数がトップクラスのコメダ珈琲店

コメダ珈琲店は、1968年に名古屋に1号店がオープンしました。フランチャイズとして効率よく低コストで店舗数を増やしたため、2019年現在、コメダ珈琲店は約850店舗前後とかなり多くの喫茶店チェーン展開しています。

コメダ珈琲店の店名の由来は、創業者の名前が加藤太郎で、実家が米屋だったことから、米屋の太郎を縮めてコメダとしたそうです。

コメダ珈琲店のコンセプト

コメダ珈琲店のコンセプトは、お客様の日常に溶け込むことです。いつも同じコーヒーをいつものお店で、いつも落ち着いた空間で楽しめることを目指してお店作りをしています。

落ち着いた空間を提供するため、コメダ珈琲店の店舗には木材が多く利用されています。山小屋を連想させる温かみがある外観に内観。イスにはベロア調の赤いソファーで、長時間座っても痛くなりづらくなっており、どの店舗でも新聞や雑誌などの本が読めるようになっています。

ドリンクは喫茶店の中ではコメダ珈琲店比較的安い

コメダ珈琲店のドリンクは、ブレンドコーヒー税込420円(店舗により異なる)を中心に、クリームソーダやミックスジュースなど幅広く揃えています。ジュース系は長靴型やダルマ型などの変わった形のグラスに入っています。アイスコーヒーには元からのシロップ入りかシロップ無しが選べたり、コーヒーの温度を熱くしてほしい、ぬるくして欲しいなどの要望にも対応してくれます。

またコメダ珈琲のコーヒーチケットがお得です。チケットの利用で小銭が不要になったり、+100円でドリンクサイズが1.5倍になったりします。

朝はコメダ珈琲店に一文の得あり!?

コメダ珈琲は、モーニング時の無料サービスがお得で、ドリンクを頼むとトーストと、定番ゆで卵か、手作りたまごペーストか、名古屋おぐらあんから選んだ1品が無料で付いてきます。トーストは、希望でパンの耳を落としたり、焼き具合も好みに対応してくれます。

その他の時間帯にはドリンクを注文すれば必ず豆菓子が付いてくるのですが、これは名古屋の喫茶店文化の名残だそうです。

コメダ珈琲店のフードメニューも充実!

コメダ珈琲店のフードメニューは、サンドウィッチ系が中心です。ミックスサンドや味噌カツサンドなど、どれも驚きのボリュームなので、食べ切れなければ持ち帰りができるほどです。

サクサクふんわりの丸いデニッシュパンの上に、冷たいソフトクリームがたっぷり乗っているシロノワールは、熱々と冷々を味わえるコメダ珈琲店の大人気メニューです。サイズが大きすぎるため、ハーフサイズも登場しました。

【喫茶店チェーン】珈琲館の魅力・特徴

【喫茶店チェーン】珈琲館

1970年代に生まれたレトロな珈琲館

珈琲館は、1970年に東京の神保町に「専大前本店」が直営1号店としてオープンしました。その後法人化し、1999年4月に「珈琲館株式会社」へ社名変更しましたが、2008年にUCC上島珈琲が珈琲館を子会社化しました。そして2018年、ロングリーチグループへ譲渡しました。

2019年現在、珈琲館は全国に約300店舗と多く喫茶店チェーン展開しています。

珈琲館のコンセプト

珈琲館のお店の雰囲気は昭和でレトロ。店舗によって、食器類のデザインを変えたり、マンガ本や雑誌が置いてあったり、古き良き時代の喫茶店の雰囲気を醸し出しています。そんな珈琲館では、一人でも複数人でもゆっくりくつろぐことができ、静かな空間で楽しい会話を楽しむことができます。

珈琲館はチェーン店であるのですが、まるで個人店のような各店舗のオリジナルな雰囲気を意識しているため、他の喫茶店チェーンとは一線を画すサービスで提供しています。

珈琲店は品質のこだわりが凄い!

珈琲館の創業から提供する珈琲館ブレンドは税込420円と一般的なの喫茶店と同じくらいの値段設定です。

珈琲館の凄いところは、コーヒーへのこだわり。コーヒーの種類が豊富で、一つ一つ強いこだわりで作られています。

一例を紹介すると、「炭火珈琲」は、木炭の最高級として有名な紀州備長炭を使い、職人が焙煎し、濃厚感のある味わいと香ばしい香りを実現しています。食器にもこだわりがあり、ブレンドのカップとは違う、炭火珈琲と書かれたカップで提供されています。

また従業員の教育にも力を入れており、コーヒーサイフォンやドリップ式でコーヒーを提供しています。

他にもメニューが多彩な珈琲館

珈琲館には他メニューも充実しており、黒糖カフェオレや抹茶カフェオレなど、炭火珈琲のアレンジドリンクも多数で人気があります。

フードメニューで言えば、銅版で焼く素朴で懐かしい味わいの珈琲館ホットケーキは枚数も選べます。バターとメイプルシロップでシンプルに食べてもよし、+100円でできるトッピングの種類も多く、自分好みのパンケーキにアレンジしてもよしです。

珈琲館は、おかわり半額、デキャンタお得!

珈琲館では、2杯目のコーヒーが半額です。さらに2杯分楽しめるデキャンタは、コーヒーの値段に+100円で楽しめるので、ゆっくりしたい人にはおすすめです。

【喫茶店チェーン】星乃珈琲店の魅力・特徴

【喫茶店チェーン】星乃珈琲店

大手外食チェーンが運用する星乃珈琲店

星乃珈琲店は、2011年に埼玉県の蕨市に1号店オープンしました。星乃珈琲店の運営会社である日本レストランシステムは、「洋麺屋五右衛門」、「卵と私」などの幅広い人気外食チェーンを手掛けています。そのため喫茶店チェーンへの参入が2011年と割と最近であるにも関わらず、2019年現在、星乃珈琲店は全国に約200店舗と多くの喫茶店チェーン展開しています。

星乃珈琲店のコンセプト

店舗によって異なりますが、星乃珈琲店の定番の「星乃ブレンド」の価格は 税込420円〜で、高い店舗であれば税込600円台での販売しています。喫茶店チェーンの中では比較的高く、高級志向。そのためコーヒーや内装など、さまざまな点において「質」を重視しています。

たとえば、アンティーク調のデザインを取り入れたり、豪華なシャンデリアで照らされたり、店内でゆったりとくつろげる空間を提供しています。他にも革張りの椅子は、座り心地が良いと評判です。仕切りがついたテーブル席もあり、周囲の客を気にすることなくくつろぐことができます。

こういった努力の結果、ビジネスマンや若者だけではなく、シニア層からファミリー層まで幅広く支持を得ています。

星乃珈琲店のコーヒーへのこだわり

星乃珈琲店は、コーヒーをハンドドリップで提供しています。ブレンドと焙煎度合によって、個性の違う3つのブレンドを楽しむことができます。

その中の一つ、星乃ブレンドは税込420円〜(店舗によって異なる)で楽しむことができ、もちろん一杯づつハンドドリップ(手)で丁寧に淹れています。

フードメニューは喫茶店チェーンの中でもかなり充実

星乃珈琲店の看板フードメニューは、焼き上がりまで20分かかっても大人気であるスフレパンケーキです。中が異常なほどのフワトロ食感のバニラのスフレです。他にもふわふわ感を楽しむことができるふわふわスフレドリア、窯焼きカレーなど、様々な料理が用意されています。

星乃珈琲店のモーニングは、ドリンク料金のみで厚切りトーストと卵が付いてきます。フレンチトーストのモーニングも人気です。

おかわり半額、チケット購入でさらにお得

星乃珈琲店では、コーヒーなどの指定ドリンクのおかわりは半額になり、何杯でもおかわりすることができます。

またお得な珈琲券も発売しており、6枚綴りで2100円。1枚で450円までの対象ドリンクと交換できるため非常にお得です。

【喫茶店チェーン】椿屋珈琲店の魅力・特徴

【喫茶店チェーン】椿屋珈琲店

椿屋珈琲店は東京・関東を中心に

椿屋珈琲店は、1996年銀座7丁目花椿通りに1号店がオープンしました。東和フードサービスが運営しており、2019年現在椿屋珈琲店は東京を中心に約40店舗の喫茶店チェーン展開しています。

椿屋珈琲店は、高級志向が強い喫茶店ですが、年々業績を伸ばしている人気喫茶店チェーンです。落ち着きのある高級感に満ちあふれた空間を提供し、珈琲マイスターが淹れる本格派のサイフォン珈琲をゆったり楽しむことができます。

椿屋珈琲店のコンセプト

椿屋珈琲店のコンセプトは「脱日常」です。

椿屋珈琲店の店舗作りは、銀座の古き良き時代の洋館をイメージしており、絵になるシックで重厚なインテリアと、静かに流れるクラシック音楽が大人の雰囲気を醸し出します。まさに大正ロマンを感じることができる、銀座の古き良き時代の洋館といっていいでしょう。

椿屋珈琲店の家具は特注品というこだわり。またカップなどの食器類はロイヤルコペンハーゲン、銀のスプーンなど、全てにこだわりをもち、別世界に足を踏み入れたような『脱日常』を楽しむことができます。

また椿屋珈琲店のこだわりは店舗の内装や食器類だけではありません。女性店員は、大正時代の女給さんそのまま。黒色のブラウス、スカート、白いエプロン、頭には白のフリル付きカチューシャを付けています。この大正時代のメイド制服姿で上品な接客をしてくれるため、お客さんからはかなり好評です。

ドリンクは980円〜と喫茶店チェーンの中では最高値クラス

椿屋珈琲店のドリンクメニューのお値段は、喫茶店チェーンの中ではかなり高いレンジといっても過言ではありません。定番の椿屋オリジナルブレンドは税込980円〜、そのほかのこだわりのブレンドコーヒー各種の多くは税込1000円を超えます。

しかし、その分コーヒーへのこだわりが強いのが椿屋珈琲店です。コーヒー豆は自家焙煎で、コーヒーはお客様のテーブルで店員がサイフォンから直接カップへ注ぎます。

そのサービスはコーヒーだけではなく、特製スペシャルカフェオレ、特製アイスカフェオレも、客席テーブルでコーヒーとミルクが注がれます。さらにカフェラテアートが施されたり、氷は珈琲を凍らせたものを利用したり、とにかく全てにおいてこだわり抜いているのが、椿屋珈琲店です。

フードメニューも強いこだわりがたくさん

椿屋珈琲店のケーキ類は、深川の自社工場での職人の手作りで、渋栗モンブランやブレンド珈琲を使った珈琲シフォンケーキなどが人気です。

特製ビーフカレーは、サラダ付きで、角切り牛肉がゴロゴロ、サフランライスの上に温野菜やレーズンがトッピングされ、カレーポットで提供される本格的洋風カレー。

珈琲付きのモーニングセット、ランチセットはお得なため、非常におすすめです。

【喫茶店チェーン】丸福珈琲店の魅力・特徴

【喫茶店チェーン】丸福珈琲店

関西最大級の喫茶店チェーンの丸福珈琲店

丸福珈琲店は、1934年に大阪の新世界で創業したのが始まりです。戦後すぐに大阪市中央区千日前に本店を移転しました。本店はレトロな内装でゆっくり過ごせる空間を提供しており、高級志向が強いため、創業者は店舗数を増やすことを好みませんでした。

しかしその後、高級志向の本店系とは別に、モダンでカジュアルなデザインである丸福珈琲店を百貨店などのテナントに出店し、2019年現在丸福珈琲店は大阪を中心に約30店舗の喫茶店チェーン展開しています。

芸能人・文化人から愛される丸福珈琲店の本店

丸福珈琲店の中でも千日前本店は特別で、皇室でも使われる大倉陶園製の白磁のカップ&ソーサーに、こだわり職人の技術を駆使して、濃厚で真っ黒な珈琲を提供しています。そういった背景もあり、丸福珈琲店の千日前本店は、沢山の芸能人や文化人から愛されています。田辺聖子の小説「薔薇の雨」に冒頭から登場したりするほどです。

創業者の技術が90年近く受け継がれている丸福珈琲店のブレンド

「豆は生きている。豆の声を聞きながら…」を信条に、創業者独自の焙煎技術、独自開発した抽出器具を使い、職人技でのドリップが受け継がれています。

丸福珈琲店では、現在でも角砂糖がソーサーに乗せられて提供されるブレンド珈琲(税込560円)をはじめ、無糖か加糖か選べるアイス珈琲などこだわりのドリンクがたくさんあります。ちなみに加糖のアイス珈琲は、アイス専用の豆を使って淹れた熱々の状態で砂糖を加えため、甘くても濃厚なアイスコーヒーを堪能できます。

昔ながらのレシピを継承するミックスジュースは、果物と蜂蜜で作られており、オーダーを受けてから作ります。関西ではおなじみのミックスジュースは、丸福珈琲店の人気メニューです。

フードメニューも高級志向

珈琲ゼリー、プリンなどのスイーツに始まり、ホットケーキや豊富なサンドウィッチメニューなど、喫茶店のフードメニューも充実しています。

プロセスチーズに卵黄、調味料などを練りこんだチーズをたっぷり利用しているチーズトーストも長年の看板メニューです。他にも丸福カリー、ビーフシチューなどのメニューも充実しています。

【喫茶店チェーン】小川珈琲の魅力・特徴

【喫茶店チェーン】小川珈琲

インターネット通販に力を入れる小川珈琲

小川珈琲は、1952年創業、1970年に直営喫茶店をオープンしました。現在では京都府右京区西京極に本店を構えています。京都府内に8店舗、関東にも数店舗、全国に約10店舗ほど喫茶店チェーン展開しています。

小川珈琲は、直営店の喫茶店はそこまで多くないですが、コーヒーの通信販売(インターネット通販)に力を入れており、全国から小川珈琲のコーヒー豆が購入されています。

小川珈琲のコンセプト

小川珈琲は、「私たちは京都の珈琲職人」というポリシーで、コーヒー好きのためのコーヒーライフスタイル提案型空間を提供するコンセプトを持っています。

特に本店では、各種シーンに合わせたイベントやパーティができたり、毎週金・土のディナータイムの2階席では、ピアノ、バイオリンによる生演奏するこだわり。またカウンター席ではコーヒーの試飲やバリスタとのコミュニケーションできたり、パティシエが店内で作るケーキも人気です。

コーヒーだけでなくフードメニューも充実

オーガニックハウスブレンド500円、スペシャリティコーヒーブレンド600円にはじめ、エスプレッソなどドリンクメニューが豊富です。

スムージーにはじめ、手作りケーキ、ボリューミーなこだわりのパフェなどのスイーツメニューも豊富です。

モーニング、アフタヌーンセットなどの定番セットに加え、サンドイッチやパスタなどフードメニューが充実しています。キッズセットもあるのでファミリーで楽しむのもいいかもしれませんね。

小川珈琲は通販が充実!

小川珈琲は、選りすぐりのコーヒーを常時20種以上取り扱っています。

そんなコーヒー豆が、スーパーやコンビニでも購入できます。さらにインターネット通販で購入できるので、小川珈琲は全国どこでも楽しむことができます。

【喫茶店チェーン】イノダコーヒの魅力・特徴

【喫茶店チェーン】イノダコーヒ

イノダコーヒは関西で有名な喫茶店チェーン

1940年に画家でもあった猪田七郎氏が、現本店の場所、京都市中京区堺町通三条で海外産のコーヒーの卸売を始め、1947年に喫茶店を開いたのがイノダコーヒの始まりです。

現在は株式会社イノダコーヒが運営し、本店など京都市の中心部に8店舗の他、札幌駅、東京駅、広島駅前の大丸百貨店内を中心に全国に12店舗の喫茶店チェーン展開しています。

赤いポットの絵柄が商標に使われており、創業者が描いた「豆を運ぶロバと男」の絵が喫茶店の象徴となっています。店名はコーヒーとの長音とならない「イノダコーヒ」が正式名称です。

ドラマ、映画に利用されるほどの店舗の美しさを誇るイノダコーヒ

わずか十数店舗のチェーン展開ですが、全国的に有名な喫茶店です。その理由は芸能界との関わりが深いことです。たとえば、山本富士子主演「夜の河」や、山口百恵主演「古都」などの映画に、イノダコーヒの本店が登場していたりします。

なぜイノダコーヒが映画の舞台に使われるのか。それはレトロで美しい店内の雰囲気でしょう。

例えば京都市の本店では、蝶ネクタイ姿の店員が迎え、200席を越える異なる4つのテイストの席に案内してくれます。本館は、格調高いインテリアと吹き抜け天井の空間、大きなガラス窓からは庭園が望め、ガーデン席もあるモダンな席が用意されています。旧館では、創業当時の面影を残すメモリアル席、細いアプローチを進むと、人気の旧館テラス席となっています。

店舗がとても美しく、古き良き雰囲気を演出してくれるため、一般客はもちろんメディアにもよく取り上げられています。特に本館は、多くの観光客も訪れ別格です。

イノダコーヒの名物は、ブレンドコーヒー「アラビアの真珠」

イノダコーヒは、開業時からの自社焙煎、ネルドリップ方式を貫いています。

現在も主要商品となっているイノダコーヒの名物ブレンドコーヒー「アラビアの真珠(税込580円)」。ヨーロピアンタイプの深焙りブレンドです。過去に客が会話に夢中でコーヒーが冷め、砂糖とミルクがうまく混ざらなかった事がきっかけで、初めから砂糖とミルクを入れた状態でのコーヒーの提供が始められ、それが現在にも続く名物ブレンドコーヒー「アラビアの真珠」のスタイルとなっています。

他に「コロンビアのエメラルド」はとても人気です。こちらは浅焙りブレンドのさっぱりとした飲み口です。

フードメニューも充実

人気の正統派モーニング「京の朝食(税込1440円)」は、アラビアの真珠付きで、オリジナルのボンレスハム、ふわとろのスクランブルエッグ、サラダ、オレンジジュースまで付く有名人気メニュー。

他にも、レモンパイやフレンチトーストをはじめとするケーキやプリン、パフェなど30種ものスイーツを提供しています。昭和時代からの定番人気のみつ豆など、コーヒーにもあう和の甘味も人気です。

「【喫茶店チェーン 人気投票ランキング】喫茶店チェーンのおすすめはどこ?」まとめ

いかがでしたか?喫茶店タイプのコーヒーチェーンだけで、これほどの種類と特徴があります。都心でビジネスマンに愛されるルノアールに始め、全国への展開を重視するコメダ珈琲店、高級志向の強い椿屋珈琲店など、それぞれのコーヒーチェーンに色があります。

あなたは、喫茶店タイプのコーヒーチェーンではどこがおすすめでしょうか?

「【喫茶店チェーン 人気投票ランキング】喫茶店チェーンのおすすめはどこ?」の人気投票結果発表!

【喫茶店チェーン 人気投票ランキング】喫茶店チェーンのおすすめはどこ?のアンケート

銀座ルノアール

コメダ珈琲店

珈琲館

星乃珈琲店

椿屋珈琲店

丸福珈琲店

小川珈琲

イノダコーヒ

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【喫茶店チェーン 人気投票ランキング】喫茶店チェーンのおすすめはどこ?のアンケート

銀座ルノアール

コメダ珈琲店

珈琲館

星乃珈琲店

椿屋珈琲店

丸福珈琲店

小川珈琲

イノダコーヒ

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす