【ピーチ vs ジェットスター】LCC(格安航空)どっちがおすすめ?人気投票中!

【ピーチ vs ジェットスター】LCC(格安航空)どっちがおすすめ?人気投票中!

今では多くの人が利用するLCC(格安航空券)。旅行先でできるだけ贅沢をするためにも、交通費はなるべくおさえたいという人の多くはLCCを利用しているのではないでしょうか。

LCCの中でも、有名なのがピーチ・アビエーション(通称ピーチ)とジェットスターなのではないでしょうか。

そこで今回バトクエでは、ピーチとジェットスターの魅力と特徴を紹介し、最後に『【ピーチ vs ジェットスター】LCC(格安航空)どっちがおすすめ?』という人気投票ランキングのアンケート結果を紹介します。

まだまだアンケートを実施中なので、あなたの意見を聞かせてください♪

【ピーチ vs ジェットスター】LCC(格安航空)どっちがおすすめ?のアンケート

ピーチ

ジェットスター

LCC(格安航空券)とは?

LCCは、「Low Cost Carrier」の略で、低価格で航空輸送サービスを提供する航空会社のことです。LCCを利用することで、安く飛行機のチケットを購入でき、移動費用を安く抑えることができます。国内線を運航しているLCCの提供サービスや就航している場所は、各社様々で特徴があります。

  • 日本の国内線を運航するLCC
  • ジェットスター
  • ピーチ・アビエーション
  • 春秋航空日本(スプリングジャパン)

ANAやJALの早割チケットを購入するという手もありますが、LCCならそれよりも安く飛行機のチケットを購入できることが多くあります。

【LCC(格安航空)】ピーチの魅力!

【LCC(格安航空)】ピーチの魅力!

関西を中心に大人気!

ピーチ・アビエーション(通称ピーチ)の拠点は『関西国際空港』です。国内線はもちろん、国際線も運航しており、徐々に路線の数を増やしています。

拠点の関西空港からは多くの路線が運航されているので、関西の方にとってはLCCは馴染み深いものになりました。

  • ピーチの主な国内線の路線の一例
  • 大阪(関西空港)
    • 札幌(新千歳)、釧路、仙台、新潟、東京/成田、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄(那覇)、沖縄(石垣)
  • 福岡
    • 東京(成田)、沖縄(那覇)、札幌(新千歳)
  • 仙台
    • 札幌(新千歳)
  • ピーチの主な国際線の路線の一例
  • ソウル(韓国)
    • 大阪(関西空港)、沖縄(那覇)、東京(成田)、札幌(新千歳)
  • 香港
    • 大阪(関西空港)
  • 上海(中国)
    • 大阪(関西空港)、東京(成田)
  • バンコク(タイ)
    • 沖縄(那覇)
  • 台北(台湾)
    • 大阪(関西空港)、沖縄(那覇)、東京(成田)、札幌(新千歳)、仙台

ピーチの気になる料金は?

ピーチの気になる料金ですが、ジェットスターとそれほど大きくは変わりません

もちろん路線によって多少の差はありますが、ピーチもジェットスターも航空券を安く提供してくれています。

【ピーチ編】LCC(格安航空)ならではの注意しなくてはならないこと

安く飛行機を提供するには、それ相応のコスト削減が必要になり、LCCでは様々な制限があったりします。ピーチを利用する上で注意すべき点を紹介します。

【LCC ピーチ利用時の注意】手荷物『7kg』という制限

ピーチ・アビエーションの場合、「シンプルピーチ」「バリューピーチ」「プライムピーチ」という料金コースがあり、それぞれ預ける荷物の数や重さが制限されています。

無料で機内に持ち込むことができる手荷物の重さと荷物数に制限があります。また荷物を預ける場合は、有料かつ手荷物1つまでとなります。

  • 機内に持ち込む手荷物は『7キロ未満』と決まっており、それ以上は有料
  • 手荷物を預けることは有料で、手荷物『1つまで』しか預けることができない

【LCC ピーチ利用時の注意】チェックインの時間に厳しい!

LCCは、チェックインの時間が非常に厳しいことで有名です。ピーチも例外ではなく、チェックインは、『出発時刻90分前から30分前まで』となっています。それを超えてしまえば本当に搭乗手続きをしてくれなくなります。

HPには、下記の文言が明記されています。

自動チェックイン機は出発時刻30分前で締め切ります。それ以降はご搭乗いただけません。

該当時刻にチェックインできず、飛行機に乗ることができなくなった、という口コミはよく目にしますので、ピーチを利用するときはチェックイン時刻にお気をつけください。

  • 出発時刻90分前~30分前までに必ずチェックインする必要がある

【LCC ピーチ利用時の注意】機内サービスはすべて有料

通常飛行機に乗ればドリンクの無料サービスがあり、コーヒーやジュースを飲むことができます。しかしLCCのピーチの場合、ドリンクは有料サービスになります。

飛行時間が長い場合、喉が渇いてもドリンクは有料サービスとなるため、飛行機に乗る前に水分補給しておいた方が良いでしょう。

ピーチの機内食は美味しいと評判!

ピーチの魅力の一つとしてあげられるのが、LCCの中でも機内食が充実していることです。

いずれも有料とはなりますが、サンドイッチやカレーパン、麺類などのレギュラーメニューだけでなく、天津焼飯やナポリタンなどの期間限定メニューがあったり、ソフトドリンクからアルコール類まで飲み物もとても充実しています。

値段も食事は1000円以下、ドリンクは200円と安いので、お腹が空いたらピーチの機内食を堪能することをおすすめします。

【LCC(格安航空)】ジェットスターの魅力!

【LCC(格安航空)】ジェットスターの魅力!

関東を中心に大人気!

ジェットスターはオーストラリアに本社をおくLCC(格安航空)です。日本ではジェットスター・ジャパン株式会社として、『成田空港』に本拠地をおいており、関東を中心に利用者は多くいます。

ジェットスターは路線が豊富&発着便数が多い!

ジェットスターの魅力は、路線の豊富さ、発着便数の多さでしょう。

ハブ空港は成田空港だけではなく、中部国際空港、関西空港など幅広く発着便の運航を行なっています。高松や高知など、ピーチ・アビエーションが運航していない地域もカバーしています。

  • ジェットスターの主な国内線の路線の一例
  • 東京(成田)
    • 札幌(新千歳)、庄内、大阪(関西空港)、高松、松山、高知、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄(那覇)、札幌(新千歳)
  • 名古屋(中部)
    • 札幌(新千歳)、福岡、鹿児島、沖縄(那覇)
  • 大阪(関西空港)
    • 札幌(新千歳)、高知、福岡、熊本、沖縄(那覇)、札幌(新千歳)
  • ジェットスターの主な国際線の路線の一例
  • 香港
    • 東京(成田)、大阪(関西空港)
  • 上海(中国)
    • 東京(成田)
  • 台北(台湾)
    • 東京(成田)、大阪(関西空港)、名古屋(中部)
  • マニラ(フィリピン)
    • 東京(成田)、大阪(関西空港)、名古屋(中部)

ジェットスターの気になる料金は?

ジェットスターの気になる料金ですが、ピーチとそれほど大きくは変わりません

もちろん路線によって多少の差はありますが、ピーチもジェットスターも航空券を安く提供してくれています。

【ジェットスター編】LCC(格安航空)ならではの注意しなくてはならないこと

安く飛行機を提供するには、それ相応のコスト削減が必要になり、LCCでは様々な制限があったりします。ジェットスターを利用する上で注意すべき点を紹介します。

【LCC ジェットスター利用時の注意】手荷物『7kg』という制限

ジェットスターもピーチ同様に、無料で機内に持ち込むことができる手荷物の重さに制限があります。また荷物を預ける場合は有料となりますが、手荷物の個数に制限はありませんので、お土産を多く購入しても安心して預けることができます。

  • 機内に持ち込む手荷物は『7キロ未満』と決まっており、それ以上は有料
  • 手荷物を預けることは有料だが、手荷物の数に個数制限はない

【LCC ジェットスター利用時の注意】チェックインの時間に厳しい!

LCCは、チェックインの時間が非常に厳しいことで有名です。ジェットスターも例外ではなく、チェックインは、『出発時刻120分前から30分前まで』となっています。それを超えてしまえば本当に搭乗手続きをしてくれなくなります。

  • 出発時刻120分前~30分前までに必ずチェックインする必要がある

【LCC ジェットスター利用時の注意】成田空港はターミナルまでが遠すぎる...

さらに成田空港では、ジェットスターのターミナルは、第3ターミナルです。成田空港の第3ターミナルは非常に遠く、成田空港に着いてから第3ターミナルまで30分は必要と思ってください。

受付時間を考慮すると、1時間以上前にジェットスターの窓口につく必要があるでしょう。

【LCC ジェットスター利用時の注意】機内サービスはすべて有料

ピーチ同様に、ジェットスターの機内サービスはすべて有料です。飛行時間が長い場合、喉が渇いてもドリンクは有料サービスとなるため、飛行機に乗る前に水分補給しておいた方が良いでしょう。

ジェットスターの機内サービスは少し高めの設定!

ジェットスターの機内サービスは、ワンコインサービスや機内快適クッズなど、他にはない商品が機内販売で購入可能で魅力的です。

ただ食事は比較的高いので、コンビニで購入して持ち込んだ方が良いかもしれません。また機内へのアルコール持ち込みは禁止となっているので、注意が必要です。

「【ピーチ vs ジェットスター】LCC(格安航空)どっちがおすすめ?」まとめ

いかがでしたか?国内LCC航空会社の料金やサービスにほとんど変わりがなく、どちらにも安心して利用できます。旅行先でめいっぱい楽しむために、荷物の数やフライト時間をうまく調整して交通費をおさえ、楽しく快適に旅行してみてはいかがでしょう。

あなたはピーチ派ですか、ジェットスター派ですか?

「【ピーチ vs ジェットスター】LCC(格安航空)どっちがおすすめ?」の人気投票結果発表!

【ピーチ vs ジェットスター】LCC(格安航空)どっちがおすすめ?のアンケート

ピーチ

ジェットスター

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【ピーチ vs ジェットスター】LCC(格安航空)どっちがおすすめ?のアンケート

ピーチ

ジェットスター

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす