【シリーズ洋画】『ミッション:インポッシブル』シリーズどれが好き!?アンケート

【シリーズ洋画】『ミッション:インポッシブル』シリーズどれが好き!?アンケート

『ミッション:インポッシブル』シリーズとは?

アメリカテレビドラマシリーズの忠実なリメイク作品に仕上がっています。世界中を舞台に裏切り者として濡れ衣を着せられたイーサン・ハント(トム・クルーズ)が、その道のスペシャリストを集めて、不可能と思われるミッションを次々にクリアし、真相に近づいていく内容になっています。物語の展開もテンポがよく、アメリカテレビシリーズを見ていた人も納得のいく展開で、IMFの本部に潜入するシーンや、最後の特急列車を舞台にしたアクションシーンは手に汗を握る目を離せないシーンの連続となっています。

『ミッション:インポッシブル』シリーズどれが好き⁉のアンケート

ミッション:インポッシブル

ミッション:インポッシブル2

ミッション:インポッシブル3

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』について

ミッション:インポッシブルシリーズの最新5作目は、IMFがCIAに吸収される中、イーサンハントはIMFの活動の中で突き止めた「ローグネイション」というならず者の組織を追っていました。その活動を疑問視したCIAは、イーサン・ハントの為の過去の働きについて疑問視し、結果イーサン・ハントは、またも指名手配されてしまいます。指名手配をうけながら、IMFの元仲間に協力を仰ぎながら、真相に近づいて行きます。物語の展開や映像の雰囲気は、第1作目の「ミッション:インポッシブル」に近く、そこに他のシリーズに引けを取らないアクションシーンが盛り込まれていて、見所の多い作品になっています。映画ラストの黒幕との決着シーンは、これぞミッション:インポッシブルと言った展開で、ファンも納得のラストとなっています。

『ミッション:インポッシブル2』について

ミッション:インポッシブル2は、バイオ兵器「キメラ」を巡って、元IMFメンバーのショーンとの対決が前編通じて展開されます。本作品はジョン・ウーを監督に迎え、シリーズを通じて最もアクション性の高い作品に仕上がっています。オープニングのロッククライミングのシーンでひやひやして、敵のアジトに乗り込んでから、ラストシーンに続くまでのバイクアクション、ラストのボスとの肉弾戦、どのシーンを取っても秀逸のアクションが前編通じて織り込まれており、ミッション:インポッシブルファンでなくとも、アクション映画が大好きな人も納得の作品です。また、過去のジョン・ウー作品の「男たちの挽歌」シリーズを見たことがある人であれば、劇中のベレッタ2丁拳銃でのガンアクションや、敵のアジトに乗り込んだ時のスローモーションシーンで白い鳩が飛ぶシーンなどはニヤッとさせられることでしょう。

『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』について

ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコルでは、あるミッションで発生した制したクレムリンの爆発事故が原因となり、合衆国大統領は関与を否定するために「ゴースト・プロトコル」(IMFの活動を一切停止する命令)を発動し、さらにはイーサン・ハントはゴースト・プロトコル発動の原因となった爆発事故を起こしたテロリストとして追われる身になってしまいます。テロリストとして追われる中、一人の男に行き着き、その人物が今回の事件の黒幕で核兵器を利用したテロリストであることを突き止めます。そのテロリストが持つ核兵器の発射コードは、イーサンが持っており、核兵器と発射コードの奪い合いが本作品の醍醐味となっています。今回もアクションシーンが多く、特に高層ビルでの「ビル登り」のシーンは本作品の一番の見所と言っても過言はありません。もちろん最後まで目の離せない展開は他のシリーズと同様です。

『ミッション:インポッシブル3』について

ミッション:インポッシブル3では、現場を退いてIMFの教官として仕事をしながら、婚約者と平穏な日々を過ごしていたところから始まります。その中で、IMFの仲間が捕らえられたことを聞き、救出向かいますが、救出の途中で、救出した仲間の頭の中に仕掛けられた小型爆弾が起動し助けることが出来ません。そんな中、婚約者が何者かにさらわれてしまい、婚約者を救出するために、仲間の協力を得ながら上海に向かうと言った内容です。今回の作品では、ドラマ仕立てで淡々とストーリーが進むので、これと言った見所があまり見られないのが特徴で少し残念な仕上がりになっています。

アンケート結果に関する考察

『ミッション:インポッシブル』『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』の2作品は、これぞ「スパイ大作戦」という内容で、そこにスピーディーな展開が加わっているので人気になっているようです。『ミッション:インポッシブル2』『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』は、上記2作品に比べてアクションシーンが多く、アクション映画好きには納得のいく作品ですが、「スパイ大作戦」好きが求める「予測できない展開」は少ない作品になっているところが人気が落ちる理由かもしれません。

一番人気のない『ミッション:インポッシブル3』は、他の4作品に比べて、全体的におとなし目の作品になっていて、これといった大きな見所が無かったのが、人気が一番低い理由なのでしょうか。

※2017年3月31日時点集計

まだまだ投票募集してます!

『ミッション:インポッシブル』シリーズどれが好き⁉のアンケート

ミッション:インポッシブル

ミッション:インポッシブル2

ミッション:インポッシブル3

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす