宇宙世紀シリーズのガンダムの中で一番「悪女」なのは誰?負の人気投票ランキング中!

宇宙世紀シリーズのガンダムの中で一番「悪女」なのは誰?負の人気投票ランキング中!

日本を代表するロボットアニメ「機動戦士ガンダム」。人気の秘訣は、主人公のカッコイイ生き様や、機能美溢れるモビルスーツなど、様々な魅力があります。しかしそう言った魅力的な人物を揺さぶる『悪女』がたくさんガンダムに登場したりもします。その悪女がヒロインだったりするので、大人のアニメと言われたりします。

そこで今回は、ガンダムの悪女の一部を紹介し、最後に「宇宙世紀シリーズのガンダムの中で一番「悪女」なのは誰?」という負の人気投票をとったアンケート・ランキング結果も発表します。

もしよければ皆さんの意見も聞かせてください♪

宇宙世紀シリーズのガンダムの中で一番「悪女」なのは誰?のアンケート

ニナ・パープルトン

カテジナ・ルース

キシリア・ザビ

ララァ・スン

レコア・ロンド

ハマーン・カーン

クェス・パラヤ

シーマ・ガラハウ

『ガンダム三大悪女』というものがある?

主人公やガンダムの活躍の影に隠れて、ガンダムシリーズにはさまざまなの『悪女』が登場します。悪女とは、悪役で登場する女性キャラクターのことではなく、『性格・人格・言動などにおいて、視聴者をイライラさせる・不愉快にさせる女性キャラクター』のことです。

ちなみに、もともと悪役の素質を持って登場する女性キャラクター(キシリアや、ハマーンなど)は悪女と呼ばれることはなく、むしろ『様』をつけられてガンダムファンからの支持もアツい傾向があります。

それではガンダムに登場する悪女を紹介していきましょう。

エースばかりを虜にする女『ニナ・パープルトン』

ガンダム三大悪女に殿堂入りすると言われているほどの悪女、ニナ・パープルトン。

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYのヒロインで、主人公コウ・ウラキが乗る「ガンダム試作一号機 ゼフィランサス」の専属エンジニアとして登場します。

エースばかりを虜にする女『ニナ・パープルトン』

ニナ・パープルトンは、価値観が少しずれている!

「ガンダム試作二号機 サイサリス」もニナがエンジニアを担当していましたが、物語の冒頭でアナベル・ガトー(後にコウの宿敵となる)に奪取されたときには「いやぁ!私のガンダムがぁー!!」と叫ぶシーンがありますが、この時点で「ん?この女は大丈夫か?」と思った人もいたのではないでしょうか。

主人公コウの恋人でありながら、元恋人の宿敵ガトーを庇って、コウを裏切る...

パイロットでありながらメカニックとしての知識も豊富だったコウとは、ガンダムの話を通じて次第に距離を縮めやがては恋人同士になります。しかし、連邦からガンダム試作二号機を奪取したガトーは、実はニナの過去の恋人で、しかもニナはガトーに強い未練を抱いており、物語終盤ではコウと対峙するガトーを庇うだけでなく、コウに対して発砲までしています。

コロニー落としも阻止できず、土壇場で恋人まで奪われた主人公コウは、2人を背に怒りの咆哮をあげます。

最終的に発砲までしたコウを満面の笑みを見せる...

この時点で悪女としての満点であるといえますが、数あるガンダムシリーズの中でも殿堂入りを果たすニナは、ここからさらにダメ押しの悪女っぷりを見せつけます。

それは、機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYのラスト、ガンダム試作3号機の無断使用により軍事裁判にかけられていたコウが釈放されたシーンです。北米オークリー基地へと赴任となったこコウの目の前に、見覚えのある女性が現れます。それはなんと、ガトーと対峙した際に自分を裏切ったニナ・パープルトンでした。そしてコウと再会したニナは、コウに対し満面の笑みを見せ、物語は終わります。

このように、コウに対し謝罪や反省の意思が全く見られないふてぶてしさが、彼女をガンダム三大悪女の殿堂入りに押し上げた要因です。

宇宙世紀史上最悪の女!?『カテジナ・ルース』

先紹介したニナ・パープルトンとは違った意味での悪女が、機動戦士Vガンダムに登場するカテジナ・ルースです。

カテジナ・ルース

カテジナ・ルースは途中から性格が変わってしまう...

物語の序盤は、主人公ウッソ・エヴィンが影で憧れる、綺麗で優しいお姉さんとして登場しますが、敵勢力であるザンスカール帝国に人質として囚われたのを機に、クロノクル・アシャーに急接近し、恋人のような仕草も見せるようになります。そのような事情もあり、ザンスカール帝国との関わりを深めていったカテジナは、物語の中盤以降、ウッソが憧れるお姉さんから、冷酷で狂気じみた悪女に変貌を遂げて立ちふさがります。

「勝った方を愛してあげるよ!」という名言...

その狂気ぶりは、仲間として行動していたはずのオデロやシュラク隊をいとも容易く殺すだけでなく、恋人のように見えたクロノクルでさえも手玉にとり、戦場でウッソに会えば、ウッソの気持ちを見透かしたかのような挑発をする場面も…。中でも悪女という名を欲しいがままにしたシーンが、クロノクルとウッソを戦場で噛みあわせ「勝った方を愛してあげるよ!」と、高笑いをしながら言い放ったシーンです。

カテジナ・ルースは強化人間の処置を受けさせられた?

このように悪女へと豹変してしまった理由のひとつに「強化人間の処置を受けたからではないのか?」と言われています。

劇中で明言されているシーンはありませんが、その理由のひとつが、物語の中盤で急にエースパイロットと渡り合うだけのモビルスーツの操縦技術が身についている点です。もうひとつが、悪女の名にふさわしいほどの性格の豹変ぶりです。ガンダムシリーズに登場する強化人間は、決まって情緒が不安定な傾向にあります。そのため、カテジナの豹変もこれが原因なのでは…?と言われています。

ちなみに、小説版ではカテジナが強化人間の処置を受けたと明記されています。

ウザイ・ワガママ・自己中『クェス・パラヤ』

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアに登場するクェス・パラヤ。物語の序盤、チェーンとアムロとの関係に嫉妬し、敵であるネオ・ジオンに逃亡して、私情で戦争を乱すだけでなく、そのわがままさ・生意気さから悪女扱いされました。

クェス

感受性が強く、他人の心情を敏感に読み取ったり、相手が自分に対してこの先どのように関わってくるかを予見することができるという鋭い直感力を持つ一方、そうした振る舞いが彼女を情緒不安定で奇異な存在に見せました。

感情の起伏が激しく、浅薄で、周囲の状況を考えることができずに自分勝手な行動をとってしまったり、思ったことを包み隠さずに口にしてしまったりするような短所を持ちます。

他の悪女よりかは年齢が低いため、多少はしょうがないかもしれませんが、悪女として知られる一人です。

他にも悪女はいっぱい...

たとえば、女でありすぎエゥーゴを裏切ったレコア・ロンドや、あのアムロとシャアからあいされ三角関係となったララァ・スンなども悪女と呼ばれたりします。

ファンからは悪女とされていませんが、その思想からキシリア・ザビ、シーマ・ガラハウなども悪女とされることもあります。

「宇宙世紀シリーズのガンダムの中で一番「悪女」なのは誰?」まとめ

いかがでしたか?ガンダムをより面白くしている「悪女」たちは、ほとんどのシリーズで一人か二人は登場します。あなたの思うもっとも悪女は誰でしょうか?

宇宙世紀シリーズのガンダムの中で一番「悪女」なのは誰?のアンケート

ニナ・パープルトン

カテジナ・ルース

キシリア・ザビ

ララァ・スン

レコア・ロンド

ハマーン・カーン

クェス・パラヤ

シーマ・ガラハウ

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

宇宙世紀シリーズのガンダムの中で一番「悪女」なのは誰?のアンケート

ニナ・パープルトン

カテジナ・ルース

キシリア・ザビ

ララァ・スン

レコア・ロンド

ハマーン・カーン

クェス・パラヤ

シーマ・ガラハウ

ガンダムがコミックで読めるって知っていましたか?

実はガンダムはコミック化されています。アムロやシャアの激闘を漫画で読めるので、アニメで見る時間がないという人に非常におすすめ。

アニメが見たことある人にとっても、アニメで描かれていないストーリーや細かな設定などを読むことができるので、ぜひコレクションの一つに加えてみてはいかがでしょう?

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす