【お茶の人気ランキング】投票で選ばれた一番人気のお茶は?~緑茶 vs 烏龍茶 vs 麦茶~

【お茶の人気ランキング】投票で選ばれた一番人気のお茶は?~緑茶 vs 烏龍茶 vs 麦茶~

日本には古くから緑茶が親しまれてきました。カフェインが含まれていないということから麦茶の人気が高まったり、健康志向から烏龍茶の人気が高まったり、市場には様々なお茶が溢れるようになりました。まさにお茶の種類の戦国時代といえます。そこで今回は、日本国民の人気を3等分すると言っても過言ではない、緑茶と烏龍茶、そして麦茶の特長を紹介し、最後に人気投票をとったアンケート・ランキング結果を発表します。

まずは皆さんも何のお茶が好きかを教えてください♪

【お茶 最強決定戦】「緑茶」VS「烏龍茶」VS「麦茶」のアンケート

緑茶

烏龍茶

麦茶

【緑茶の特長】日本は緑茶の生産地、日本人の一番古くから親しまれたお茶

緑茶

緑茶は、日本の産業や食文化と繋がっています。緑茶の原料である茶葉は日本各地の茶畑から生産され、国内で製造工程を得て茶葉として人の手に渡ります。

茶葉は葉摘が行われた直後から酸化酵素により発酵が進んでゆきます。緑茶はこの発酵を止めるために頃合いのよい状態で「殺青」という処理を施されています。その後、茶葉は炒めたり蒸されたりという工程をたどってゆき、「揉捻」から「乾燥」へと工程が移ります。

こうして仕上がった緑茶は日本各地で飲まれています。とくにお寿司やさんや和食屋さん、旅館にいくと、緑茶が配膳されることも多く、企業が売り出す緑茶でも人気です。

緑茶には様々な種類がある!ほうじ茶も緑茶の一種!

日本において緑茶が最も需要の高いお茶として知られていますが、都道府県別に見てみるとお茶の生産地である静岡県が最も高く、次いで熊本県、三重県ということになります。一方で最も需要が低いのは沖縄県です。

また実は緑茶という総称には、「かぶせ茶」「前茶」「玉露」「ほうじ茶」が含まれています。

「かぶせ茶」ですが、近年伝統的製法のかぶせ茶も減少されているといいます。かぶせ茶は日光を遮って育てる茶葉のことで、遮光率は玉露の半分ほどです。茶摘みの10日前後に遮光を行います。

一方で高級品緑茶で高名な「玉露」は新芽の出始めから遮光がはじまり、茶摘み直前には90パーセントは遮光されてしまいます。玉露やかぶせ茶のように日光を遮光させると、光合成により生成されるカテキンの含有量が減少すると言われています。カテキンはお茶に渋みをもたらし、さらに殺菌成分でも知られている成分です。

緑茶は健康に良い!

かぶせ茶や玉露においては、カテキン成分を抑制されテアニンが増量しますが、一般的な緑茶においてはカテキンの摂取目的で緑茶が好まれることが多いです。カテキンが健康促進に役にたつということはよく知られていますよね。お茶を飲むなら緑茶を飲んでおくという意識が高いことが日本人の特徴です。

  • カテキンが健康促進
  • うがいで殺菌できるというもの
  • ガンの発生を抑制させるというもの

【烏龍茶の特長】烏龍茶は健康に良いお茶の代表例!

烏龍茶の画像

烏龍茶は、お肉料理に相性抜群!

中華料理やお肉料理によくあう烏龍茶。夏の蒸し暑い日には冷たい烏龍茶をゴクゴク飲むというCMが放映されてから、より世間に周知されることになりました。冬に暖かい緑茶を好むという人も夏には冷たい烏龍茶を好むという傾向もあります。

烏龍茶の重合ポリフェノールには抗酸化作用がある!

中国茶の製造工程は、茶摘み、天日干し、室内鎮静、回転発酵、殺という釜炒り、揉捻、締めもみ、たまつき、乾燥という長い工程を得て生産されてゆきます。独特の苦味・香味を持つ烏龍茶。その独特の苦味・香味の正体は、重合ポリフェノールと呼ばれる成分です。緑茶と異なる点はカテキンが減少すること。でも重合ポリフェノールにも抗酸化作用、抗がん作用、抗ウイルス作用、抗殺菌作用が認められています。

中国茶の需要

緑茶は高齢者にも親しまれていますが、烏龍茶は若い世代に親しまれています。烏龍茶が輸入品であるために、産地に対して良き印象を持たぬ人などにより、年齢層に開きがあります。

中国茶の一種である烏龍茶。お茶好きには受けのよいお茶の種類です。夏の日にはアイスティーか烏龍茶か、麦茶かで好みが別れるところですが、アイスティーよりも成分重視で烏龍茶を好む人、味わい重視でアイスティーを好む人に分かれます。中華料理をはじめとした食事とともに飲むことができるお茶が烏龍茶の良いところでもあります。

【麦茶の特長】麦茶はカフェイン入っていないので、子供に安心!

麦茶の画像

夏の飲み物として麦茶のイメージは定着!

烏龍茶も冷やして飲むイメージが強いですが、麦茶も同様に夏の飲み物として定着しました。とくに麦茶は家庭でお手軽に作ることができるお茶として、紹介されています。最も多い製品は、麦茶のパックにお湯を注いで抽出させるというもの。家族分の1日にお茶を作ることができるということで、もてはやされました。

水出し麦茶などで、家庭でお手軽に作れることも魅力!

近年では、水出しのお茶というものもあります。麦茶の原料は六条大麦でカフェインが含有されていないという背景から、子供に大量に飲ませても大丈夫と周知されています。そのために、CMでも子供が一気飲みするシーンが多くあります。

また麦茶の成分による健康への影響は体温の低下、血液の粘土を下げたり、ミュータンス菌の阻害などで知られています。健康茶がもてはやされる昨今では、お茶の保健作用を目的として選ばれる傾向があります。とくに、麦茶は夏の日に需要がぐんと伸びる飲み物です。家族層に需要があります。

「【お茶の人気ランキング】投票で選ばれた一番人気のお茶は?~緑茶 vs 烏龍茶 vs 麦茶~」のまとめ

緑茶と烏龍茶、そして麦茶、どのお茶も健康に良く、日本人から愛されていることがわかります。それぞれのお茶に魅力があるので、一つを選べと言われても難しいのではないでしょうか。

最後に「緑茶 VS 烏龍茶 VS 麦茶」のアンケート・ランキング結果を発表!

【お茶 最強決定戦】「緑茶」VS「烏龍茶」VS「麦茶」のアンケート

緑茶

烏龍茶

麦茶

まだまだアンケート募集しています!ぜひ回答してみてください!

【お茶 最強決定戦】「緑茶」VS「烏龍茶」VS「麦茶」のアンケート

緑茶

烏龍茶

麦茶

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす