紅芋はスイーツに最適!サツマイモ・紫芋と違う上品な甘さとは?|沖縄県 名物・お土産

紅芋はスイーツに最適!サツマイモ・紫芋と違う上品な甘さとは?|沖縄県 名物・お土産

皆さん、沖縄県の名物「紅芋(べにいも)」をご存知ですか?

「紅芋」は、沖縄県で多く栽培されている芋です。外見はサツマイモとほとんど同じ、断面は赤紫色をしています。台風や干ばつ、暑さに強いこともあり沖縄県の気候が栽培に適しているため、沖縄県でもっともポピュラーな芋となりました。上品な甘味、やや粘りがある口あたりが、「紅芋」の特徴であり魅力です。沖縄県のお土産として購入することはもちろん、今では楽天やAmazonなどの通販で購入することもできます。そこで今回は、沖縄県の名物「紅芋」の魅力を紹介します。

またバトクエでは、沖縄県のお土産や名物のアンケート・ランキングを取っています!もしよければあなたの好きなお土産や名物を教えてください♪

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

沖縄県の名物「紅芋」が、人気がある理由!

沖縄県の名物「紅芋」

沖縄県の名物「紅芋」は、スイーツに最適な芋!

スイーツに最適な芋は?と聞かれると、ほとんどの人がサツマイモと答えるのではないでしょうか。もちろんサツマイモはスイーツとの相性が抜群ですが、「紅芋」も負けてはいません。

サツマイモと「紅芋」を比較すると、「紅芋」の方が甘さが少し控えめのあっさり感があります。甘いスイーツ、甘さ控えめの上品なスイーツなど、スイーツを作る幅が広がるそうです。また鮮やかな赤紫色であることも、見栄えがよくなることも「紅芋」の魅力の一つです。

沖縄県の名物「紅芋」の紫色には健康になれる要素が含まれている!?

「紅芋」の身の部分の赤紫色は、アントシアン系の色素に由来するものです。まだ研究段階ですがこのアントシアンは、俗にいう抗酸化作用による老化防止、動脈硬化やコレステロール抑制といった効果も期待されています。

「サツマイモ」と「紅芋」と「紫芋」の違いは?

ここでそもそも「サツマイモ」と「紅芋」と「紫芋」の違いってなにかを説明します。

「サツマイモ」と「紅芋」と「紫芋」は色が違う

実は外見は、「サツマイモ」と「紅芋」と「紫芋」もほとんど同じです。もちろん品種によっては変わってくるものもあるのですが、基本的にはよく似た見た目です。

では断面の色はというと、こちらは結構異なります。

  • サツマイモ
    • 黄白色(白と黄色の中間)
  • 紅芋
    • 赤紫色
  • 紫芋
    • 紫色

サツマイモは簡単に区別がつくかと思います。紅芋と紫芋はというと、紅芋をもっと紫色にしたものが紫芋と言えるでしょう。

「サツマイモ」と「紅芋」と「紫芋」の違い

「サツマイモ」と「紅芋」と「紫芋」は甘さが違う

「サツマイモ」が甘いことはみなさんご存知でしょう。もちろん「紅芋」や「紫芋」も甘いのですが、甘さで言えば、サツマイモが一番甘く、少し控えめの上品な甘さの紅芋、紫芋と続いていきます。

実は紅芋の方が、紫芋より甘いのですが、これは芋の種類にも関係がありそうです。紅芋はサツマイモの仲間なのですが、紫芋は異なります。紅芋は色と甘さ以外は、サツマイモに近い芋と言えるでしょう。

スイーツなどには甘さが控えめで色という特徴をもつ、紅芋や紫芋がよく使われます。それに比べ甘いサツマイモは、花林糖にしたり、スイートポテトにしたり、単体でスイーツとして料理されることが多くあります。

  • 甘さ
    • サツマイモ > 紅芋 > 紫芋

沖縄県の名物「紅芋」のトリビア・美味しい食べ方!

沖縄県の名物「紅芋」

沖縄県の名物「紅芋」は、中国から伝わった沖縄に最適な芋!

「紅芋」は、1605年に野国総管(のぐにそうかん)が、中国・福建省からその苗を沖縄に持って帰ってきたところから、沖縄県での栽培が始まりました。

この「紅芋」は、台風や干ばつといった荒れた気象状況にも強く、沖縄県の夏の厳しい気候に栽培が最適だったため、広まったそうです。

沖縄県の名物「紅芋」の美味しい食べ方!

やはりスイーツ!

「紅芋」を材料とした沖縄のお土産やお菓子などはたくさんあります。それほど「紅芋」はスイーツに最適な芋。

例えば、紅芋タルト、紅芋アイス、紅芋チーズケーキ、紅芋パン、紅芋味のサーターアンダギー、紅芋チップス…挙げればきりがなく、いずれも紅芋のほんのりした甘さと紫色という見た目の特長を活かした製品になっています。

沖縄県の郷土料理『うむくじ天ぷら』

全国的にはスイーツ派が多いですが、沖縄県に住む筆者のおすすめは「うむくじ天ぷら」です。作り方は次の通りです。

ふかした紅芋をつぶして、片栗粉や砂糖、刻んだネギを加えて油で揚げた天ぷら

『うむくじ』は『芋くず』を意味しており、餅のような弾力性のある口あたりと甘みがほどよくマッチした食べ物です。油で揚げるため『天ぷら』という名がついていますが、天ぷらとは少し違う、沖縄県の郷土料理・お菓子のような食べ物です。沖縄の一般家庭、特にこどもたちに人気です。

『うむくじ天ぷら』はとても素朴で美味しい食べ物のため、暖かいお茶が最高に合います。沖縄県のさんぴん茶が一番相性が良いと評判ですので、ぜひ試してみてください。

沖縄県の名物「紅芋」のまとめ

いかがでしたでしょうか。沖縄県の名物「紅芋」の魅力が少しでも伝わったらと思います。

沖縄県の「紅芋」は、その上品な控えめな甘さ、そして赤紫色の見た目が特徴で、スイーツの材料に最適な芋です。沖縄県では「紅芋」の様々なスイーツが作られているので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。沖縄県のお土産として、空港やお土産屋で購入することもできますが、今では楽天やAmazonなどの通販で購入することもできます。「紅芋」そのものや、加工品を購入することができるので、ぜひ一度ご家庭で試してみてはいかがでしょうか。

沖縄県の名物・お土産のアンケート・ランキングの結果を紹介!

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

まだまだ募集中なので、ぜひ沖縄県の名物・お土産のアンケートにご協力ください♪

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす