【2019年埼玉西武ライオンズ 順位予想】2連覇は夢のまた夢...?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

【2019年埼玉西武ライオンズ 順位予想】2連覇は夢のまた夢...?プロ野球パ・リーグ順位予想を人気投票中!

2018年シーズンも終わり、ドラフト会議、FA動向も落ち着き、どの球団も2019年の戦力が固まりつつあります。埼玉西武ライオンズは2018年見事優勝しましたが、オフに主力3選手が退団することに...はたして2019年シーズン優勝して連覇できるのでしょうか。

そこで今回は2019年の埼玉西武ライオンズの戦力を分析し、最後に2019年のプロ野球の順位予想人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

埼玉西武ライオンズの2018年の振り返り&2019年の展望!

2018年ライオンズは打線が絶好調。その結果、4月から首位を守り続けパ・リーグを制覇しました。しかし実はライオンズには大きなウィークポイントがあったというのはご存知でしょうか。このウィークポイントを克服しない限り2019年の連覇は非常に難しいと言えるでしょう。

打撃陣がとにかく絶好調!2019年も期待できる?

1番秋山 翔吾、2番源田 壮亮、3番浅村 栄斗、4番山川 穂高はシーズンを通してほぼ固定できたように、打撃陣が安定して結果を残してくれました。またこの4人は143全試合に出場しています。12球団の中でも4人も全試合出場できたのはライオンズだけではないのでしょうか。

5番以降は日替わりでしたが、栗山 巧、中村 剛也などのベテランから、外崎 修汰や森 友哉などの若手まで、幅広く活躍し、選手層の厚さを見せつけました。その結果、チーム打率.273とパ・リーグで圧倒的No1、盗塁数も132盗塁とパ・リーグNo1の数値を残しました。

また森 友哉に関しては、キャッチャーとしても80試合以上出場し、盗塁阻止率も.373という立派な数値を残し、打てる捕手として日本を代表する選手になりつつあると感じさせられたシーズンでした。

森 友哉

若手やベテランがそれぞれの役目を全うし、選手層の厚みを見せてくれたシーズンでした。しかしチームの顔である浅村 栄斗がFAで楽天への移籍が決定し、その穴を埋めれるのか、というのが直近の課題です。選手層が厚く、まだまだ若手がたくさんいるので、新しい選手が出てくることを期待したいところです。

実はチーム防御率パ・リーグ最下位!2019年本当に大丈夫?

チーム防御率4.24の最下位という悲惨な数値をたたき出しました。それでも打線の援護でなんとかパ・リーグを制覇したのですが、短期決戦のクライマックスシリーズでは勝ち上がることができませんでした...

一番の想定外はリリーフ陣の崩壊。特にクローザーとして期待された増田 達至は、5月以降試合を潰す場面が多く、防御率5.17という不本意なシーズンとなりました。平井 克典や野田 昇吾は奮闘するも前年度と比較するととても本調子ということはできない内容でした。

先発への負担が大きくなったことは言うまでもありませんが、菊池 雄星、多和田 真三郎、榎田 大樹の3人がシーズンを通して活躍してくれ、なんとか勝ち星を積み重ねていった、という印象が強い2018年のライオンズ。

しかし2019年は菊池 雄星のメジャー挑戦でライオンズを退団することに。菊池 雄星一人で作った貯金が10勝がそのままなくなるため、2019年のライオンズ2連覇は黄色信号が点灯したといってもいいかもしれません。

菊池 雄星

埼玉西武ライオンズの2019年シーズン(来シーズン)の戦力分析!!

2018年埼玉西武ライオンズを去る選手は...

チームの大黒柱の浅村 栄斗、エースの菊池 雄星、守備の要である捕手の炭谷 銀仁朗の退団が決定しています。野手陣の層は厚く、特に捕手は後釜である森 友哉の成長もあるため、懸念・課題はもちろんありますが、なんとかなる可能性はあります。しかしエースの菊池 雄星の退団の穴を埋めることは非常に難しいといえるでしょう。

また2018年ライオンズは8人の戦力外通告で退団が決まりました。しかしそれ以上に松井稼頭央の引退は印象に残ったファンは多いかもしれません。俊足巧打のスイッチヒッターで遊撃手を守り、全盛期はトリプルスリーを達成するなど、まさに歴代遊撃手No1候補といえるくらいの選手でした。最後は古巣ライオンズで引退できたことは球団の愛を感じました。

2018年埼玉西武ライオンズのドラフトの分析!

ウィークポイントはどう考えても投手力。しかもエース菊池 雄星の抜ける穴を埋める即戦力の投手が欲しいというのが、ライオンズの事情でしょう。

  • 埼玉西武ライオンズのドラフト
  • 1位 松本 航(日本体育大学・投手)
  • 2位 渡邉 勇太朗(浦和学院高・投手)
  • 3位 山野 辺翔(三菱自動車岡崎・内野手)
  • 4位 粟津 凱士(東日本国際大学・投手)
  • 5位 牧野 翔矢(遊学館高・捕手)
  • 6位 森脇 亮介(セガサミー・投手)
  • 7位 佐藤 龍世(富士大学・内野手)

ドラフトの結果は、即戦力の投手を多く指名し、菊池 雄星の退団する影響をドラフトで補う方針が成功したと言えるでしょう。穴を埋めきれるかはわからないですが、少なくとも課題を解決しようという意思は明確に感じることができました。

2019年シーズン 埼玉西武ライオンズはどうなる!?

【投手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

ライオンズの投手で期待せずにはいられない存在は二人!

2019年で21歳になる今井 達也は、2018年5勝5敗と光るものを見せてくれました。怪我明けとあって、慎重な起用が目立ちましたが、2019年菊池 雄星の穴を埋めてくれる筆頭候補と言えるでしょう。

今井 達也

また髙橋 光成も期待したい投手。2017年2018年は怪我でローテーションを守れませんでしたが、2019年でも22歳というまだまだ成長が期待される選手。2019年こそローテーションを守り抜いてほしい投手です。

【野手編】2019年シーズンの成長が期待できる選手は?

穴という穴がなかった2018年でしたが、2019年は確実に浅村 栄斗の穴を埋めなければなりません。しかし穴を埋める候補はたくさんいるのが、ライオンズの選手層の厚みです。すでに実績がある外崎 修汰を内野に固定したりすれば、浅村 栄斗を外野手で補うことも可能です。

ファンの多くは、金子 一輝に期待しているのではないでしょうか。内野ならどこでも守れる器用さ、本塁打も打てるパンチ力、盗塁もできる走力。まさに浅村2世と呼べる期待の若手です。打撃にムラがあるのが難ですが、期待せずにはいられない存在です。

外野手であれば、愛斗には期待しているファンは多いのではないでしょうか。本塁打も狙え、2019年22歳となる勝負の年となるので、ブレイク候補として期待してしまいます。

「2019年埼玉西武ライオンズのパ・リーグ順位」はズバリ!

野手は自慢の選手層の厚さもあるので、浅村 栄斗の穴はそこまで心配する必要はないかもしれません。しかし菊池 雄星の穴、そもそも崩壊していた投手陣をどう立て直すのは少し難しいかもしれません。投手陣を立て直せず、さらには野手陣も不調に陥ってしまうと、優勝はおろか、Aクラスも怪しくなってしまう可能性はあります。

ズバリ2019年の埼玉西武ライオンズはパ・リーグ「3位」と予想します!

  • 2019年シーズン埼玉西武ライオンズが2連覇する条件はこれだ!
  • 野手陣の怪我が続出しないこと
  • 投手陣の抜本的な立て直し...

それでは最後に気になるアンケートの発表です。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

2019年パ・リーグ順位予想!のアンケート

埼玉西武ライオンズ

福岡ソフトバンクホークス

北海道日本ハムファイターズ

オリックス・バッファローズ

千葉ロッテマリーンズ

楽天ゴールデンイーグルス

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす