プロ野球歴代最高の「シュート」をなげる日本人投手は誰?人気投票ランキング中!

プロ野球歴代最高の「シュート」をなげる日本人投手は誰?人気投票ランキング中!

日本人のプロ野球選手で、歴代No1のシュートを投げる投手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?

シュートといえば右打者の胸元をえぐる変化球として、右投げのピッチャーがよく持ち球にします。右バッターに迫ってくるボールのため、右バッターから凡打を打たせることに有効な球種です。その反面、シュートを投げるピッチャーはデッドボールを多く出すリスクもあったりします。

そこで今回はシュートを投げる投手を紹介し、「日本人のプロ野球選手で歴代No1のシュートを投げるのは誰か」という人気投票のランキング結果を発表します。

他にもプロ野球でもっとも豪速球を投げる投手や、最高のショートなどを決めるアンケートも行なっています。ぜひ気になる方は見てみてください。

まずは日本人の中で最高の「シュート」を投げるのは誰と思うか、皆さんの意見を教えてください♪

日本人歴代No1「シュート」をなげる投手は誰?のアンケート

川崎憲次郎

西本聖

平松政次

稲尾和久

プロ野球がテレビで放送されない地域の人へ...

プロ野球を見たくても、最近はテレビで放送していない...そんなお困りの人に必見な情報はこちら。

27球のシュートで試合を終わる?「川崎憲次郎」

1990年代のジャイアンツキラーといえば、ジャイアンツから29勝をあげたヤクルトスワローズの川崎憲次郎。

川崎憲次郎

川崎憲次郎の代名詞と言えるのが「シュート」ですが、実はシュートを習得したのはプロ9年目の27歳のときです。シュートを習得した年に、見事17勝をあげ沢村賞を受賞する大活躍を見せました。

シュートに関する思いは強く、次のような印象的な名言を残しています。

シュートだと1球で打ち取れるから、極端に言うと1試合27球で終わらせることができる

打者の手元で鋭く曲がるシュートといえば「西本聖」

西本聖のストレートは140キロに届きません。速くないストレートでもプロで通用したのが、キレッキレのシュートを投げることができたからと言われています。135キロ近いスピードがでるシュートは、より打者の手元で、よりストレートと同じ速度で、鋭く曲がる切れ味抜群のシュートだったため、右バッターはなかなか打てませんでした。

西本聖

シュートを投げるピッチャーのメンタルを持ち合わせており、基本的に右バッターに当たることはしょうがないと開き直って投げていることが、西本聖の次のコメントでわかります。

ボールになってもいい、当たっても仕方がないという強い気持ちで内角に投げた

3度の三冠王をとった落合博満をシュートだけで3打席サードゴロに打ちとったエピソードは有名ですね。

プロ野球がテレビで放送されない地域の人へ...

プロ野球を見たくても、最近はテレビで放送していない...そんなお困りの人に必見な情報はこちら。

カミソリシュートと称された「平松政次」

平松政次のシュートは、シュートと思えないほど「よく曲がる」ことで有名です。キレよりもシュートの変化量で勝負していた稀有なシュートを投げるピッチャーでした。内野ゴロで打ちとるためのシュートではななく、その変化量のすごさから「三振がとれる」シュートでした。

その変化量から「カミソリシュート」と称され、右打者の胸元を本当に「エグル」変化球としてバッターに恐れられました。

平松政次

「カミソリシュート」の誕生のエピソードとして、実は平松政次がシュートを覚えたのは、プロになってからだそうです。プロ2年目のキャンプで同僚に罵倒されたのに怒って、適当に投げてみたシュートが驚くほど変化したシュートだったことから、シュートを習得したと言われています。

神様、仏様、稲尾様「稲尾和久」

稲尾和久といえば、鉄人エピソードが有名です。日本シリーズでは5連投、4完投など、そのスタミナとそのタフネスで、今でも伝説的な選手として知られています。

稲尾和久

鉄人エピソードが有名すぎて、稲尾和久の実力はあまり知られていないかもしれません。実は稲尾和久は、ストレート、スライダー、シュート、この3つの球種のみで勝負するピッチャーでした。それも単純に真ん中に投げて、左に曲がるスライダー、右に曲がるシュート、そのまま真ん中にストレート、というほとんどスピードの変化がない3つの球種を使って打者を翻弄しました。

稲尾和久のシュートは打者の手元で鋭く曲がり、凡打の山を築く超一級品のシュートだったと言われています。

シュートの豆知識

よく持ち玉になるシュートは、プロ野球でも右投手が多いです。これは、左投げピッチャーがシュートを投げると右打者にとってはとても打ちやすいボールになりやすく、プロでは通用しにくいためです。しかし、昔と違い徐々に左打者も増えてきているため、シュートを持ち球にする左投手が増えてくるかもしれません。

「日本人歴代No1「シュート」をなげる投手は誰?」のまとめ

いかがでしたか。近年は体への負担が少ないツーシームを投げるピッチャーが増え、シュートを投げるピッチャーは少なくなりました。しかし、その負けん気の強く打者に向かうシュートを投げるピッチャーを見ると、応援したくなるファンも多いのではないでしょうか。

皆さんの考える最高のシュートを投げる投手はだれでしょうか。

それでは最後に気になる人気投票ランキングの発表です!

日本人歴代No1「シュート」をなげる投手は誰?のアンケート

川崎憲次郎

西本聖

平松政次

稲尾和久

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

日本人歴代No1「シュート」をなげる投手は誰?のアンケート

川崎憲次郎

西本聖

平松政次

稲尾和久

コメントを投稿する

投稿されたコメント

>3度の三冠王をとった落合博満をシュートだけで3打席サードゴロに打ちとったエピソードは有名ですね。

4打席目はショートゴロです。
2020-01-01 12:29:03
BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!