プロ野球歴代最強の「カットボール」をなげる日本人投手は誰?人気投票ランキング中!

プロ野球歴代最強の「カットボール」をなげる日本人投手は誰?人気投票ランキング中!

日本人のプロ野球選手で、歴代No1のカットボールを投げる投手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?

メジャーの影響もあり、近年は動く球を投げる投手が増えています。特にカットボールとツーシームは多くの投手が投げることができます。しかしカットボールをウィニングショット(決め球)と言えるくらいのクオリティを誇る日本人投手は数えるくらいしかいません。

そこで今回はカットボールを決め球として投げる投手を紹介し、「日本人のプロ野球選手で歴代No1のカットボールを投げるのは誰か」という人気投票のランキング結果を発表します。

他にもプロ野球でもっとも豪速球を投げる投手や、最高のショートなどを決めるアンケートも行なっています。ぜひ気になる方は見てみてください。

まずは日本人の中で最高の「カットボール」を投げるのは誰と思うか、皆さんの意見を教えてください♪

プロ野球歴代No1「カットボール」をなげる日本人投手は誰?のアンケート

山本由伸

川上憲伸

武田一浩

皆川睦雄

プロ野球がテレビで放送されない地域の人へ...

プロ野球を見たくても、最近はテレビで放送していない...そんなお困りの人に必見な情報はこちら。

まさに和製リベラ「山本由伸」

まさに和製リベラ「山本由伸」

山本由伸の変化球は、カットボール、カーブ、スライダー、ツーシーム、チェンジアップ、SFFなど多種にわたりますが、ウィニングショットはカットボールです。

山本由伸は、150km/h台半ばの豪速球と、140km/h後半のカットボールを武器に戦います。特にカットボールは山本由伸のオリジナルで、カットボールの球速と空振りを取ることができる変化量を誇り、まさに一級品です。

その力強い投球は和製リベラと言えるでしょう。

  • 山本由伸のカットボールの特徴
  • ストレートと変わらない球速と空振りがとれる変化量を誇る

メジャーリーガーに通用したカットボール「川上憲伸」

メジャーリーガーに通用したカットボール「川上憲伸」

カットボールといえば、川上憲伸を思い出す人も多くいるのではないでしょうか。ストレートとカーブやフォークというオーソドックスなプレイスタイルでしたが、プロ入り後カットボールを習得し、一気に投球幅が広がりカットボーラーの代名詞になりました。

150km/hに近いストレートと、140km/h前後のカットボールで凡打の山を築きました。日米野球でメジャーリーガーに投げたカットボールは、メジャーリーガー達から「日本で唯一本物のカットボールを投げる投手」と賞賛されるほどでした。

  • 川上憲伸のカットボールの特徴
  • キレの良さから凡打の山を築く

日本にカットボールを浸透させた「武田一浩」

日本にカットボールを浸透させた「武田一浩」

武田一浩は、日本ハム時代にチームメイトだったマット・ウインタースからカットボールを教えてもらい、独自に改良しカットボールを習得しました。その後、川上憲伸などのチームメイトにカットボールを教えたり、日本の野球界にカットボールを浸透させるのに貢献したと言われています。

武田一浩は、もともと多彩な変化球を投げていましたが、最終的には変化量を抑えて、「ストレート系の変化球」のみで打者を打ち取ったと言われています。つまり何種類ものムービング・ファストボールを多彩に投げ分けていました。

カットボールに、少し沈むツーシームやワンシームなど、様々なムービングを投げ分けた武田一浩は、まさにメジャーリーガーのような投球スタイルだったと言えるでしょう。

  • 武田一浩のカットボールの特徴
  • 何種類ものムービング・ファストボールを投げ分け内野ゴロに仕留めた
    • カットボールもムービングの一つとして投げられた

世界で最初にカットボールを投げた男(?)「皆川睦雄」

世界で最初にカットボールを投げた男(?)「皆川睦雄」

皆川睦雄は221勝利をあげた大投手でしたが、左打者にめっぽう弱く左の強打者にいいようにカモにされていました。投球スタイルに幅を持たせるため、覚えたのが「カットボール」だったと言われています。

どのように誕生したかというと、皆川睦雄はキャッチャーの野村克也と一緒に左打者を詰まらせるため、小さく鋭く曲がるスライダーの研究開発を進めたそうです。その結果、皆川睦雄は小さく横に曲がる変化球を習得し、オープン戦ではあの王貞治をどん詰まりのセカンドフライに打ち取り、完成を確信したそうです。

この小さく横に曲がる変化球こそが今でいう「カットボール」。

野村克也いわく「世界初のカットボール」。皆川睦雄が活躍した1960年代は、確かにメジャーにカットボールは存在しなかったため、カットボールの生みの親が皆川睦雄かもしれませんね。

  • 皆川睦雄のカットボールの特徴
  • 小さく横に曲がる
  • 世界初(?)のカットボール

「プロ野球歴代No1「カットボール」をなげる日本人投手は誰?」のまとめ

いかがでしたか。近年は多くの選手がカットボールを投げますが、ウィニングショット(決め球)としてカットボールを投げる投手は多くいません。あのマリアノ・リベラのような絶対的なカットボーラーが日本から現れる日が来るのでしょうか。

皆さんの考える最高のカットボールを投げる投手はだれでしょうか。それでは最後に気になる人気投票ランキングの発表です。

プロ野球歴代No1「カットボール」をなげる日本人投手は誰?のアンケート

山本由伸

川上憲伸

武田一浩

皆川睦雄

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

プロ野球歴代No1「カットボール」をなげる日本人投手は誰?のアンケート

山本由伸

川上憲伸

武田一浩

皆川睦雄

コメントを投稿する

投稿されたコメント

ダルビッシュも候補だと思います!
2020-05-06 15:23:06

おすすめの記事

ジャンルからさがす