プロ野球歴代最強の「パームボール」をなげる日本人投手は誰?人気投票ランキング中!

プロ野球歴代最強の「パームボール」をなげる日本人投手は誰?人気投票ランキング中!

日本人のプロ野球選手で、歴代No1のパームボールを投げる投手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?

パームボールの握りは、手のひらにボールをのせ、人差し指と中指を伸ばして親指と小指(もしくは薬指)でボールを支えます。パームボールの特徴として、球速は遅く緩急があり、リリース直後から縦の変化を見せる山なりの軌道を描きます。

また変化は投げる投手によって異なり、回転数が少なければ揺れて落ちたり、横回転がかかっていれば斜めに変化したりします。変化の仕方次第では無敵のボールにもなりえるため、昔からパームボールの使い手は多く存在しました。

そこで今回はパームボールを投げる投手を紹介し、「日本人のプロ野球選手で歴代No1のパームボールを投げるのは誰か」という人気投票のランキング結果を発表します。

他にもプロ野球でもっとも豪速球を投げる投手や、最高のショートなどを決めるアンケートも行なっています。ぜひ気になる方は見てみてください。

まずは日本人の中で最高の「ナックル」を投げるのは誰と思うか、皆さんの意見を教えてください♪

プロ野球歴代No1「パームボール」をなげる日本人投手は誰?のアンケート

帆足和幸

石井丈裕

大野豊

木田勇

小山正明

横に曲がるパームボール「帆足和幸」

プロ野球がテレビで放送されない地域の人へ...

プロ野球を見たくても、最近はテレビで放送していない...そんなお困りの人に必見な情報はこちら。

横に曲がるパームボール「帆足和幸」

帆足和幸の決め球は、少し横に曲がるパームボール。帆足和幸の指が短かったこともあり、高校時代にフォークボールを習得できなかったため、必死にパームボールを習得したそうです。

投げるたびに微妙に違う変化を見せるという帆足和幸のパームボールですが、縦への変化より横への変化が大きく、スライドパームと呼ばれたりします。ストレートが140km/h前後にたいして、パームボールの球速も速く120km/h台で、緩急が少なめなことも特徴でした。左バッターには特に有効で、パームボールを引っ掛けさせて内野ゴロを量産し、相手を抑えていきました。

  • 帆足和幸のパームボールの特徴
  • 横にスライドする軌道を描く
  • ストレートより20km/hほど遅く、緩急は少なめ

緩急を重視したパームボール「石井丈裕」

緩急を重視したパームボール「石井丈裕」

プロ入り後、あのパームボールの代名詞でもある小山正明が西武ライオンズのコーチをしていたこともあり、パームボールを伝授してもらったことがきっかけで、パームボールを習得しました。

石井丈裕は、ノビのある150km/hに近いストレート、そして切れ味抜群のスライダーを武器にしていたため、パームボールは主に緩急を重視し投げていました。そのためパームボールの球速は120km/h前後で、緩急が30km/hを誇りました。

  • 石井丈裕のパームボールの特徴
  • ストレートより30km/hほど遅く、緩急を重視している

すごすぎる緩急を誇るパームボール「木田勇」

すごすぎる緩急を誇るパームボール「木田勇」

木田勇は、最速150km/hに近いストレート、そして90km/h台のパームボールを武器に活躍しました。木田勇のパームボールの最大の特徴は、緩急と言えるでしょう。ストレートに比べ60km/hも遅く、パ・リーグの強打者を惑わせ三振の山を築きました。

  • 木田勇のパームボールの特徴
  • ストレートより60km/hほど遅く、すごい緩急を誇る

変化の質・変化量・緩急すべてがそろったパームボール「小山正明」

変化の質・変化量・緩急すべてがそろったパームボール「小山正明」

150km/hほどの豪速球、そして正確なコントロール、さらに消える魔球と恐れられたパームボールで、小山正明はプロ野球通算勝利数歴代3位の320勝をあげました。

小山正明のパームボールは、回転数が少なく、打者の手元で沈みます。フォークボールのような変化量を誇りました。さらにストレートの投球フォームと全く同じで、緩急も十分にあったため、最高の決め球となりました。小山正明いわく、握り方などを工夫し数種類のパームボールを投げ分けていたそうです。

小山正明のパームボールは、変化の質、そして変化量、緩急、3拍子揃ったまさに『魔球』と言えるでしょう。その証拠に当時の打者たちは「消える魔球」と評価していました。

  • 小山正明のパームボールの特徴
  • 揺れながら落ちるという高い変化の質を誇る
  • 打者の手元で大きく沈むキレと変化量を誇る
  • 大きな緩急を誇る

「プロ野球歴代No1「パームボール」をなげる日本人投手は誰?」のまとめ

いかがでしたか。パームボールは長い歴史を誇り、スライドしたり落ちたり投げる投手ごとに異なる変化を見せます。また緩急も投げる投手ごとに異なり、少しタイミングを外すものから、大きくタイミングを外すものまで様々です。すべてを兼ね備えたパームボールは、魔球と呼ばれても不思議ではありません。

皆さんの考える最高のパームボールを投げる投手はだれでしょうか。それでは最後に気になる人気投票ランキングの発表です。

プロ野球歴代No1「パームボール」をなげる日本人投手は誰?のアンケート

帆足和幸

石井丈裕

大野豊

木田勇

小山正明

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

プロ野球歴代No1「パームボール」をなげる日本人投手は誰?のアンケート

帆足和幸

石井丈裕

大野豊

木田勇

小山正明

コメントを投稿する

投稿されたコメント

小林誠二1択だっつの。何この人選。
石井丈にも失礼。知らんのに記事にすんな。
2021-04-06 00:46:54
浅尾がいない、、、
2020-09-10 09:05:29
パームは浅尾
2020-09-05 00:07:47
くぎお
2020-05-02 12:09:29
石井丈裕の写真ですが、それ、石井貴ですが………。
2020-01-01 12:20:05
その写真石井丈裕じゃなくて石井貴や
2019-07-16 16:15:37
BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!