【送りバント(犠打)が上手なプロ野球選手ランキング】歴代最強バント名人は誰?人気アンケート調査

【送りバント(犠打)が上手なプロ野球選手ランキング】歴代最強バント名人は誰?人気アンケート調査

日本人のプロ野球選手で、歴代最強の送りバント(犠打)が上手な選手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?

チームのために自分を犠牲にする送りバント(犠打)。本塁打のような目立つプレーではないですが、チームが勝つためには必要な送りバント。通算犠打数は下位打順を打つことが多いキャッチャーが上位にランクしたりします。しかし2番という上位打順で、送りバント(犠打)を任されるプロフェッショナルたちも多く存在しました。

そこで今回は送りバント(犠打)が上手な選手を紹介し、「日本人のプロ野球選手で歴代No1の送りバント(犠打)が上手な選手は誰か」という人気投票のランキング結果を発表します。

他にもプロ野球でもっとも豪速球を投げる投手や、最高のショートなどを決めるアンケートも行なっています。ぜひ気になる方は見てみてください。

まずは日本人の中でバントが最強にうまい選手は誰か、皆さんの意見を教えてください♪

プロ野球歴代No1「送りバント(犠打)」が上手な日本人選手は誰?のアンケート

今宮健太

菊池涼介

宮本慎也

川相昌弘

平野謙

プロ野球がテレビで放送されない地域の人へ...

プロ野球を見たくても、最近はテレビで放送していない...そんなお困りの人に必見な情報はこちら。

レジェンドよりハイペースで犠打数を伸ばす「今宮健太」

レジェンドよりハイペースで犠打数を伸ばす「今宮健太」

今宮健太は、守備のプロフェッショナルでありながら、しっかりとした打力もあります。そんな今宮健太は、2番や下位打順を任されることが多く、上位打線へのつなぎ役として、送りバント(犠打)を多く記録しています。

このペースでいけば世界記録更新も可能!?

送りバント(犠打)の記録を、他のレジェンドより早いペースで伸ばしているため、もしかしたら近い将来、送りバント(犠打)数の世界記録(※2021年時点川相昌弘が保有)を更新する可能性もあります。

プロ7年目で史上最年少となる通算200犠打を達成しました。2019年プロ10年目で通算300犠打を達成するかと期待されましたが、2019年は上位打線を任されることも増えたため記録はあまり伸びず299犠打となりました。

2020年史上最年少で300犠打を達成

2020年今宮健太は、史上最年少で300犠打を到達しました。

近年はバント(犠打)数が減っていますが、400犠打、500犠打へと記録を伸ばしてくれることを期待せずにはいられません。今宮健太のこれからの送りバント(犠打)数の記録には要注目ですね。

  • 今宮健太のすごいところ
  • プロ10年目で299犠打を記録(※日本歴代5位)

安定して犠打数を増やす「菊池涼介」

安定して犠打数を増やす「菊池涼介」

菊池涼介は、セカンドの守備のプロフェッショナルとして知られ、2020年時点で8年連続8回目のゴールデングラブ賞を受賞、2020年シーズン脅威の守備率100%など、守備に関しては球史に残る活躍をしています。

そんな菊池涼介は、2番打者を任されることが多く、多くのバント(犠打)を記録しています。

6年連続最多犠打のプロ野球記録!

パ・リーグの犠打王が今宮健太とすれば、セ・リーグの犠打王は菊池涼介といえます。

2021年時点で、シーズン最多犠打7回獲得、6年連続シーズン最多犠打(プロ野球記録)を記録するなど、犠打(バント)に関する多くのプロ野球記録を持っています。

  • 菊池涼介のすごいところ
  • プロ9年目で294犠打を記録(※日本歴代9位)

1シーズン最多犠打数の記録保持者「宮本慎也」

1シーズン最多犠打数の記録保持者「宮本慎也」

宮本慎也の1シーズン「67犠打」というのは、日本ではもちろん、世界でも、シーズン最多犠打記録になります。さらに記録した2001年は125試合の出場での記録になるため、フル出場していた場合、記録はもっと伸びたと言えるでしょう。

2000本安打、400犠打は宮本慎也だけ!

守備が上手で犠打数が多い選手は多くいます。宮本慎也のすごいところは、守備と犠打はもちろんですが、打撃も非常に良い成績を残しているところです。通算打率2割8分台を記録しており、3割も何回も記録しています。それほど打撃が良い選手でも宮本慎也はあくまで脇役に徹することに尽力し、次のようなコメントも残しています。

僕のような派手さのない選手は脇役に徹しないとダメなんだ

そういった強いメンタルと謙虚さがあったからこそ、通算犠打数「408犠打」という偉大な記録を残せたのかもしれません。

  • 宮本慎也のすごいところ
  • 通算408犠打を記録(※日本歴代3位)

プロ野球がテレビで放送されない地域の人へ...

プロ野球を見たくても、最近はテレビで放送していない...そんなお困りの人に必見な情報はこちら。

通算犠打数は世界記録保持者「川相昌弘」

通算犠打数は世界記録保持者「川相昌弘」

送りバント(犠打)といえば、川相昌弘の名前を思い出す人も多くいるのではないでしょうか。

4年連続でリーグ最多犠打を残したり、1991年に1シーズン「66犠打」という当時の日本記録を更新したり、1998年には当時の平野謙の日本記録を抜き通算452犠打のプロ野球新記録を記録しました。ちなみに川相昌弘の生涯の通算犠打数「533犠打」は、世界記録です。

送りバント(犠打)の成功率は驚異の90%超え

川相昌弘のすごいところは、犠打成功率は90%を超えていることでしょう。プロ野球の犠打成功率の80%を大きく上回っています。1995年のシーズンは45犠打に対して失敗数が「0」という成功率100%を記録しています。

精神面が送りバント(犠打)の成功率に大きく関わる

なぜそれほどすごい数値を残すことができたのか。川相昌弘は次のようなコメントを残しています。

割り切りが大事
ここに転がすと決めたら、どんなボールが来てもそこに転がす
目とバットの距離を変えないようにする

技術面のコツもあるかもしれませんが、多くは精神的な要素が多くあるようですね。

代打川相!「代打バント」というめずらしい起用も!

監督からの信頼は厚く、どうしてもランナーを進塁させたいときは「代打川合」を命じ、代打で打席に立った川合選手が、送りバント(犠打)を成功させるシーンもよく見られました。

  • 川相昌弘のすごいところ
  • 通算533犠打を記録(※世界記録)
  • 通算犠打成功率は90%超え
  • 代打バントという起用方法が生まれた

スイッチヒッターなのに歴代2位の犠打数「平野謙」

スイッチヒッターなのに歴代2位の犠打数「平野謙」

プロ野球屈指の強肩・好守の外野手でしたが、スイッチヒッター(両打ち)で生涯通算犠打数「451犠打」を記録しています。通常スイッチヒッターであれば、バントの練習は単純に2倍になるため、なかなかバントの名手になるのは難しいですが、平野謙はそれを難なくやってのけました。

送りバントは打球のコースが大切

平野謙は、送りバント(犠打)の際には打球の勢いを殺すことより、打球のコースが大切という考えをもっていました。フィールディングが悪い投手の場合、別に投手の前に転がしても良いと考えるくらい割り切って送りバント(犠打)していたそうです。

  • 平野謙のすごいところ
  • スイッチヒッターで送りバント(犠打)の名手
  • 通算408犠打を記録(※日本歴代2位)

「プロ野球歴代No1「送りバント(犠打)」が上手な日本人選手は誰?」のまとめ

いかがでしたか。送りバントの名手は多く存在しましたが、やはりレギュラーで出続けなければ記録を伸ばすことができません。守備が良いだけでは、レギュラーを獲得することが難しいのがプロ野球の世界。そう考えると、川相昌弘や宮本慎也のすごさを改めて感じることができるのではないでしょうか。

皆さんの考える送りバント(犠打)が上手な日本人選手はだれでしょうか。

それでは最後に気になる人気投票ランキングの発表です!

プロ野球歴代No1「送りバント(犠打)」が上手な日本人選手は誰?のアンケート

今宮健太

菊池涼介

宮本慎也

川相昌弘

平野謙

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

プロ野球歴代No1「送りバント(犠打)」が上手な日本人選手は誰?のアンケート

今宮健太

菊池涼介

宮本慎也

川相昌弘

平野謙

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!