プロ野球歴代最強の「鉄人(野手編)」日本人選手は誰?連続試合出場記録から2020年最新人気投票ランキング!

プロ野球歴代最強の「鉄人(野手編)」日本人選手は誰?連続試合出場記録から2020年最新人気投票ランキング!

日本人のプロ野球選手で、歴代最強の鉄人である日本人の野手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?

「連続試合出場記録」は、プロ野球選手にとってはかなり重要な記録と言えるでしょう。怪我なくプレーするだけではなく、チームに必要とされ成績を残し続ける必要があるため、一流選手の証でもあります。

そんな連続試合出場記録を伸ばし続ける野手のことをプロ野球では「鉄人」と呼んだりします。タフネス+成績を残す一流選手への賛辞だったりします。

そこで今回は、日本人プロ野球の野手で鉄人な選手を紹介し、「日本人のプロ野球選手で歴代No1の「鉄人(野手編)」な日本人選手は誰?」という人気投票のランキング結果を発表します。

他にもプロ野球でもっとも豪速球を投げる投手や、最高のショートなどを決めるアンケートも行なっています。ぜひ気になる方は見てみてください。

日本人の中で誰が一番鉄人と思うか、皆さんの意見を教えてください♪

日本人のプロ野球選手で歴代No1の「鉄人(野手編)」な日本人選手は誰?のアンケート

鳥谷敬

松井秀喜

イチロー

金本知憲

衣笠祥雄

飯田徳治

プロ野球がテレビで放送されない地域の人へ...

プロ野球を見たくても、最近はテレビで放送していない...そんなお困りの人に必見な情報はこちら。

遊撃手というポジションで出場し続けた鉄人「鳥谷敬」

遊撃手というポジションで出場し続けた鉄人「鳥谷敬」

鳥谷敬は遊撃手という守備の要のポジションで日本のプロ野球(NPB)で「1939試合連続出場」しました。

この連続試合出場記録は日本のプロ野球(NPB)で歴代2位の記録になります。また遊撃手というポジションというくくりで、日本のプロ野球(NPB)史上最長の667試合連続フルイニング出場記録を果たしました。

遊撃手という守備負担が大きいポジションで連続試合出場記録を伸ばす!

通常外野手やサードといった守備の負荷が少ないポジションで連続試合出場記録を伸ばしますが、鳥谷敬は遊撃手というもっとも守備の負荷の高いポジションで試合に出場し続けた異例の選手と言えるでしょう。

2017年顔面付近にデッドボールを受けて大怪我をしても、翌日にはフェースガードを着用して試合に出場(代打で出場)したり、鉄人っぷりをファンにみせつけました。

  • 鳥谷敬のすごいところ
  • 連続試合出場記録「1939試合」(※日本歴代2位)
  • 遊撃手で連続フルイニング出場記録「667試合」(※遊撃手では日本歴代1位)

日米通算という異例な記録「松井秀喜」

日米通算という異例な記録「松井秀喜」

松井秀喜は外野手として日米通算で「1768試合連続出場」しました。日米通算というメジャーの試合数も入れることになりますが、日本人歴代第3位という記録になります。

メジャーでの全試合出場は異例!

松井秀喜は、日本のプロ野球1年目(1993年)から連続試合出場記録を伸ばし始めました。2002年までで連続試合出場記録を「1250試合」まで伸ばし、メジャーへ移籍。通常はメジャーではターンオーバー制で休暇を必ずどこかでとるのですが、当時のヤンキースのジョー・トーリ監督が連続出場記録を理解してくれ、松井秀喜の連続試合出場記録は「日米通算」という形で伸び続けました。

最終的に2006年に外野守備の際に左手首を骨折してしまい、日米通算での連続試合出場記録は「1768試合」で終わりました。

ちなみに日本のプロ野球(NPB)のみの「1250試合」でも歴代4位という偉大な記録になります。

  • 松井秀喜のすごいところ
  • 日米通算で連続試合出場記録「1768試合」(※日本歴代3位)
  • ターンオーバー制のあるメジャーで連続試合出場記録を伸ばすことは非常に珍しい

40代でもメジャーで試合に出場できた「イチロー」

40代でもメジャーで試合に出場できた「イチロー」

イチローのすごいところの一つとして、大きな怪我をしないということがあげられるでしょう。40代になっても大きな怪我なく、ヒットを積み重ね、通算安打数の世界記録を樹立しました。

金本知憲や衣笠祥雄のように鉄人と言われることはありませんが、40代でも野手としてメジャーの試合にでれるその体力は鉄人といっても良いのではないでしょうか。ちなみにイチローの日本のプロ野球での連続試合出場数は「763試合」と、パ・リーグ歴代5位の記録を残しています。

連続フルイニング出場記録は世界記録保持者「金本知憲」

連続フルイニング出場記録は世界記録保持者「金本知憲」

金本知憲は、連続試合出場記録は「1766試合」と日本のプロ野球(NPB)で歴代第3位、日米通算記録を入れれば日本人歴代第4位と、すごい記録を持っていますが、もっとすごいのは連続フルイニング出場記録です。

連続試合フルイニング出場数「1492試合」は世界記録

連続フルイニング出場とは、試合に出るだけではなく、プレイボールからゲームセットまで全てのイニングで出場する必要があります。

1打席立つだけと、全イニング出場するのとでは、体力の使い方が異なります。平均試合時間は3時間を超え、その間ずっと集中し続けなければいけないのは、精神的にも体力的にも疲れることこの上ないでしょう。

金本知憲は、そんなハードルが高い連続試合フルイニング出場数を「1492試合」記録しました。連続イニング出場数で言えば「13686イニング」。どちらも世界記録となります。

手首を骨折しながらヒットを打った伝説がある!

2004年金本知憲のフルイニング出場が継続される中、左手首にデッドボールを受け、軟骨損傷という怪我を負いました。しかし翌日も試合にフルイニング出場し、右手一本でヒットを放ちました。このエピソードは、金本知憲の伝説として今でも語られています。

金本知憲は、まさに鉄人という称号にふさわしい選手でした。

  • 金本知憲のすごいところ
  • 連続試合出場記録「1766試合」(※日本歴代4位)
  • 連続フルイニング出場数「1492試合」(※世界記録)
  • 手首を骨折しながら、片手でヒットを放ち連続フルイニング出場数を伸ばした

プロ野球がテレビで放送されない地域の人へ...

プロ野球を見たくても、最近はテレビで放送していない...そんなお困りの人に必見な情報はこちら。

連続試合出場記録は日本歴代1位「衣笠祥雄」

連続試合出場記録は日本歴代1位「衣笠祥雄」

衣笠祥雄といえば、日本歴代1位となる連続試合出場記録「2215試合」を記録していることで有名です。達成当時は日本記録ではなく世界記録でしたが、カル・リプケンがその記録を抜き、2632試合連続出場記録を達成しています。

引退するまで連続試合出場記録が伸び続けた

衣笠祥雄のすごいところは、引退するまで連続試合出場記録を伸ばし続けていることです。怪我や不振が原因で記録が途絶えたわけではなく、引退することで記録が途絶えました。

肩甲骨骨折!でも強行出場!

1979年8月に肩甲骨を骨折するという大怪我をしてしまい、ドクターストップがかかりました。しかし医者の言いつけを守らずそのまま強行出場。その後8年連続出場を続け、当時の世界記録である連続試合出場記録「2215試合」を記録しました。

そういった功績が認められ、国民栄誉賞を受賞。今でも「鉄人といえば衣笠」と名前をあげる人は多くいます。

  • 衣笠祥雄のすごいところ
  • 連続試合出場記録「2215試合」(※日本歴代1位)
  • 17年間休みなく働いた世界の衣笠

新幹線がなかった時代の偉大な記録「飯田徳治」

新幹線がなかった時代の偉大な記録「飯田徳治」

1950年代は、連続試合出場記録を伸ばすことは非常に難しい時代でした。今ほど医療が発達していなかったり、新幹線がなかったり移動に体力を使ってしまったり、連続で試合に出ることは非常に難しかったと言えます。

そんな中、偉大な記録を作ったのが飯田徳治でした。当時はまだそこまでの注目を浴びていなかった連続試合出場記録でしたが、飯田徳治はこの記録を破るために努力を積み重ねました。時には手首にデッドボールを受け、代走で出場したりすることも。

最終的にアキレス腱を断裂し、連続試合出場記録は「1246試合」で途切れましたが、当時の記録では規格外の記録であったことは間違いありません。

  • 飯田徳治のすごいところ
  • 連続試合出場記録「1246試合」(※日本歴代5位)
  • 移動に時間がかかった1950年代の偉大な記録

「プロ野球歴代No1「鉄人(野手編)」な日本人選手は誰?」のまとめ

いかがでしたか。どの選手もまさに鉄人と言えることは間違いありません。単純な連続試合出場記録だけで比較するのではなく、その時代背景や、出場しているポジション、フルイニング出場なのか、そういった様々な条件を加味すると、誰がもっとも鉄人かという意見は専門家でも変わってくるのではないでしょうか。

皆さんの考える鉄人な日本人野手は誰でしょうか。

それでは最後に気になる人気投票ランキングの発表です!

日本人のプロ野球選手で歴代No1の「鉄人(野手編)」な日本人選手は誰?のアンケート

鳥谷敬

松井秀喜

イチロー

金本知憲

衣笠祥雄

飯田徳治

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

日本人のプロ野球選手で歴代No1の「鉄人(野手編)」な日本人選手は誰?のアンケート

鳥谷敬

松井秀喜

イチロー

金本知憲

衣笠祥雄

飯田徳治

コメントを投稿する

投稿されたコメント

イチロー=神を超えた存在
2019-10-29 11:46:15
神を超えた存在
2019-10-29 11:45:35

おすすめの記事

ジャンルからさがす