【ミスターカープ】広島カープ一筋No1は誰?プロ野球人気投票中!

【ミスターカープ】広島カープ一筋No1は誰?プロ野球人気投票中!

プロ野球には、その球団で活躍しファンから愛された選手を「ミスター」と呼ぶことがあります。定義はありませんが、その球団一筋で活躍した選手を称することが多くあります。

そこで今回は、広島カープで「ミスターカープ」と呼ばれた選手を紹介し、最後に『「ミスターカープ」歴代No1は誰と思う?』という人気投票ランキングのアンケート結果を紹介します。

まだまだアンケートを実施中なので、誰がミスターカープと思うか、教えてください♪

「ミスターカープ」歴代No1は誰と思う?のアンケート

山本浩二

前田智徳

ミスターカープの条件は?

ファンそれぞれで定義が異なりますが、今回は次の条件で歴代No1を決めたいと思います。

  • 広島カープ一筋で活躍した選手
  • 広島カープで圧倒的な記録を残した中心選手
  • 同世代No1(同じ時代に複数人ミスターカープはいない)

この条件を含めると、次のような伝説の選手が候補から外れてしまいます。

  • 候補対象外になったミスターカープ候補
  • 衣笠祥雄、北別府学
    • 衣笠祥雄:同世代にミスターカープ山本浩二がいる
    • 北別府学:同世代にミスターカープ山本浩二がいる
  • 黒田博樹
    • カープから移籍

このような条件で選定すると、あの国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄や、213勝をあげたカープNo1投手である北別府学、大リーグで活躍した黒田博樹などが外れてしまいます。

条件をクリアし、ファンからもミスターカープと名高いこの2人で人気投票を行います。

  • 山本浩二
  • 前田智徳

【ミスターカープ】山本浩二

山本浩二は、5年連続40本塁打以上を記録するなどその長打力が秀逸で、通算536本塁打(日本のプロ野球歴代4位)を記録しています。走力・守備力も高く、走攻守すべてにおいて高いレベルで広島カープの黄金時代を支えました。

山本浩二の成績・記録は、カープのみならず、プロ野球界の歴代名手の中でもトップクラスのため、当時の連続出場の世界記録を樹立し国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄や、213勝をあげたカープNo1投手である北別府学をさし置いて、「ミスターカープ」や「ミスター赤ヘル」と称されていました。

【ミスターカープ】山本浩二

打撃力は歴代プロ野球選手の中でもトップクラス

山本浩二の獲得したタイトルは数知れず。本塁打王4回、打点王3回、首位打者1回と数々のタイトルを獲得しています。また通算536本塁打という長打力だけではなく、通算打率.290とアベレージも非常に高い数値を残しています。その打撃力は日本のプロ野球歴史の中でもトップクラスで、外野手としてベストナインを10回も受賞しています。

身体能力が高く、守備も高いレベル!

山本浩二の身体能力は非常に高く、11年連続二桁盗塁を記録するなど、通算231盗塁を記録しています。その走力を生かしたその守備範囲と元投手の強肩で、外野手の守備力は歴代最高クラスと言われています。ダイヤモンドグラブ賞(後のゴールデングラブ賞)を10年連続10回受賞しています。

ミスター赤ヘルと呼ばれ、カープ黄金時代を作り上げた

山本浩二は、広島カープのを支えたというより、自ら作り上げたといっても過言ではありません。山本浩二が入団するまで広島カープは創設19年でAクラス1回という弱小チームでしたが、衣笠祥雄とともにクリーンナップをつとめ、5回のリーグ優勝に貢献しました。

  • 山本浩二がミスターカープと呼ばれる理由!
  • 創設19年でAクラス1回の弱小だった広島カープを強くし、5回の優勝へ導いた
  • 広角打法で通算563本塁打(NPB歴代4位)
  • 本塁打王4回、打点王3回、首位打者1回獲得
  • 外野手で、ベストナイン10回、ダイヤモンドグラブ賞10回
  • 同世代のカープ伝説的選手を抑え、ミスターカープ、ミスター赤ヘルと称された

【ミスターカープ】前田智徳

あのイチローが尊敬する天才打者である前田智徳。右アキレス腱を断裂するという大怪我をしても、通算打率.302、通算295本塁打を放ちました。

23年間カープ一筋で戦い抜き、野球愛が伝わるその人柄もカープファンに愛され、カープの苦しい時期を支え続けた実績からも「ミスターカープ」と称されています。

【ミスターカープ】前田智徳

バットコントロールはプロ野球選手からも絶賛される!

前田智徳のバットコントロールは非常に高く、常に怪我と戦い続けながら高アベレージを残しました。また20本塁打以上を7シーズンも放っているため、パワーもあるように思われますが、パワーではなくまさに打撃技術で本塁打を量産するタイプでした。

15年間Bクラスを支え続けたカープ愛

1991年に前田智徳は優勝を経験していますが、その後カープは低迷期を迎え、15年間Bクラスで過ごす時期もありました。山本浩二の1980年代の長いカープ黄金期を作り上げたわけではありませんが、そのチームの苦しい時期をカープ一筋で支え続けたその実績はカープファンから支持され、ミスターカープとして称されることが多くあります。

  • 前田智徳がミスターカープと呼ばれる理由!
  • 3割20本塁打をコンスタントに記録
  • プロ野球選手が認める天才打者
  • カープ低迷期の15年間Bクラスを支え続けた

「【ミスターカープ】広島カープ一筋No1は誰?」まとめ

いかがでしたか。広島カープには2人のミスターカープと呼ばれる選手がいました。衣笠祥雄や、北別府学、黒田博樹などの他にもたくさん候補者もいますが、条件により今回は省いています。

広島カープ愛を貫き通したこの山本浩二と前田智徳こそがミスターカープにふさわしいと、広島カープのファンから称されています。

しかし、その中でもNo1は誰なんでしょうか。あなたが思う、ミスターカープは何位でしょうか?

「【ミスターカープ】広島カープ一筋No1は誰?」の人気投票結果発表!

「ミスターカープ」歴代No1は誰と思う?のアンケート

山本浩二

前田智徳

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

「ミスターカープ」歴代No1は誰と思う?のアンケート

山本浩二

前田智徳

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!