【獺祭】美味しい?まずい?どっち?人気アンケートで好き嫌いの割合調査!

【獺祭】美味しい?まずい?どっち?人気アンケートで好き嫌いの割合調査!

獺祭は、山口県の酒造メーカー、旭酒造で誕生しました。元々は小さな蔵元でしたが、三代目社長が就任した際に、誰もが楽しめる質の良い日本酒造りを掲げ、様々な試行錯誤の末、今や日本を代表する銘酒となりました。

その勢いはとどまらず、総理大臣が各国の要人へ贈呈したことでも注目を浴び、全世界にその名を轟かすことになりました。

今回バトクエでは、獺祭の特徴や魅力をご紹介し、最後に『【獺祭】美味しい?まずい?どっち?』のアンケート結果を発表します!

【獺祭】美味しい?まずい?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【獺祭】の特徴・魅力

獺祭の名前の由来

獺祭という変わった名前ですが、その由来は、蔵元がある地名の「獺越」と、俳人である正岡子規のもう一つの呼び名「獺祭書屋主人」を組み合わせたものです。

発売当初、日本酒の常識を覆したとも言われ、酒造業界に革命を起こした様は、まさに正岡子規のような進取の精神から成るものでした。

こうして獺祭は、ジャンルの枠を超え「ワイングラスで飲む日本酒」と称されるまでに成長していったのです。

 獺祭の特徴

獺祭は、最高クラスの酒米と言われる山田錦のみで造られているのが特徴です。山田錦は栽培が難しいことで有名で、毎年の大量生産が見込めないことから、質の良さは誰もが認めているものの敬遠されていました。その壁に立ち向かい、農家と生産段階から連携することで安定的な供給を可能にしました。

獺祭の主な種類は、45、三割九分、二割三分で、この数字は米の磨き具合を表しています。通常、五割以上削るのは至難の業でしたが、遠心分離機を使うことで、無理な圧をかけない精米に成功し、雑味のないまろやかな味を完成させたのです。

獺祭の魅力

獺祭の魅力は、なんといっても飲みやすさです。ワインのように芳醇でフルーティな香りと、それでいて全体をキリッと締める爽やかな飲み口。精米歩合によって味の趣向を変えつつ、甘さと辛さの絶妙なバランスは不動の地位とも言えるでしょう。

また、様々な食べ物とコラボした商品展開も魅力です。獺祭をウイスキーボンボンのように入れたチョコや、ケーキ、アイス、和菓子、さらにはカレーまであります。獺祭の、クセのないまろやかな甘みが幅広い相性の良さに繋がり、敷居が高いと思われがちな日本酒をより身近なものにしてくれています。

【獺祭】の評判

  • 日本酒は苦手なイメージだったけど、飲みやすくて美味しかった!
  • こんなにフルーティな日本酒初めて!スパークリングにも合う!

【獺祭】まずい・嫌いと言う意見

  • 日本酒臭さがもっと欲しい。
  • 日本酒というよりワインのようで物足りない。

「【獺祭】美味しい?まずい?どっち?人気アンケートで好き嫌いの割合調査!」まとめ

今回は獺祭の特徴や魅力についてご紹介しました。

獺祭は種類も豊富で値段も様々なので、予算や贈る相手によって選ぶ楽しみがあります。また、飲み比べ用ミニセットも販売されているので、自分に合った好みの味を見つける楽しみ方もおすすめです。精米歩合が非公開という高級な1本もあり、まだまだ味の追求に余念のない獺祭シリーズを、ぜひこの機会に味わってみてください。

また最後に、獺祭が好き・嫌いかのご意見もお聞かせください。

「【獺祭】美味しい?まずい?どっち?」の投票結果の発表

【獺祭】美味しい?まずい?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだ募集しています

【獺祭】美味しい?まずい?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

スパークリング含め数種類を冷やしたり常温にしたりグラスを変えたりおつまみを変えてみたり、色々飲み比べてみたけど私はどうしても美味しいと思えなかったです。
2022-09-20 05:28:00
一言で言うと、「あざとい味」。
2022-09-11 10:05:58
BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!