【キングダム 信vs王賁vs蒙恬】秦 若手3武将のキャラ人気投票ランキング!一番人気なキャラクターは誰だ!

【キングダム 信vs王賁vs蒙恬】秦 若手3武将のキャラ人気投票ランキング!一番人気なキャラクターは誰だ!

キングダムは、週刊ヤングジャンプで2006年から連載が開始され、その人気から2012年アニメ化されました。青年コミックの中では人気No1と呼ばれるほどの人気を誇り、現在も人気の熱は冷めないまま、絶賛連載中です。

そんな大人気漫画のキングダムの中でも人気が高いのが、近い将来に秦国の大将軍へと成長が期待できる若手武将である、飛信隊の「信(シン)」、玉鳳隊の「王賁(オウホン)」、そして楽華隊の「蒙恬(モウテン)」の3人でしょう。

そこで今回バトクエでは、大人気漫画・アニメであるキングダムの若手武将の飛信隊の「信(シン)」、玉鳳隊の「王賁(オウホン)」、そして楽華隊の「蒙恬(モウテン)」の簡単な紹介と、最後に「【キングダム 信vs王賁vs蒙恬】秦 若手3武将で一番好きなのは誰?」という人気投票アンケートの結果を発表します。

まだまだアンケートを実施中ですので、是非投票してください♪

【信 vs 王賁 vs 蒙恬秦】キングダム 若手3武将で一番好きなのは誰のアンケート

信(シン)

王賁(オウホン)

蒙恬(モウテン)

他にも本アンケートと真逆の三人のなかで誰が一番弱いか、というアンケートも実施しています!よければ投票してみてください。

【キングダム】信 / 王賁 / 蒙恬の中で一番弱いキャラクターは誰だ?のアンケート

信(しん)

王賁(おうほん)

蒙恬(もうてん)

キングダムが一部無料で読める「ヤンジャン!」

キングダムを今すぐ読む

※配信期間終了している場合があります。

ヤンジャンのおすすめ漫画が気になる方はこちらから!

「キングダム」の概要

「キングダム」は紀元前の中国・春秋戦国時代を舞台に繰り広げられる歴史漫画です。ストーリーは史実が基になっており、各キャラクターも実際に歴史上に存在した人物が脚色された形で登場します。

主人公は下僕から大将軍を目指す少年「信(シン)」

秦国の田舎に住む「信(シン)」という戦災孤児は、下僕の身分ながら大将軍になる夢に向かって修行に励んでいました。

ひょんなことから、信は秦国の国王「政(セイ)」と友達になります。そして政の命を狙う刺客や戦争相手国の武将と戦いながら、中華統一を目指して、下僕の身分から成り上がっていく、下克上を描かれています。

なお、キングダム主人公の「信」は実在した秦の将軍である「李信」がモデルとなっています。そして秦国の国王「政(セイ)」は、歴史の授業でもご存知、秦の「始皇帝 嬴政」がモデルとなっています。

「信(シン)」の友達・ライバル

主人公の「信」が秦国王の「政(セイ)」とともに、中華統一を目指す物語がキングダムですが、「信」の友達・ライバルと言える存在が二人います。

それが「王賁(オウホン)」と「蒙恬(モウテン)」です。

この3人は若いうちから頭角をあらわし、同年代として、時には素晴らしい連携を見せたり、時には手柄を競いあったりと、お互いを切磋琢磨して3人が成長していく姿、そして3人の成長とともに秦国が中華統一へ近づいていく道のりを描いているのも、キングダムの魅力の一つです。

【キングダム 人気キャラ】「信(シン)」の魅力

「キングダム」人気キャラ「信(しん)」

下僕という身分からの友情・努力・勝利こそが「信」の魅力

「信(シン)」キングダムの主人公です。戦争孤児の少年として、幼馴染の親友である「漂(ヒョウ)」と暮らし、いつか大将軍になることを夢見て、2人で剣の修行に明け暮れていました。

時の秦国王「政」に瓜二つであった「漂」は『影武者』として見出され、反国王派による反乱に巻き込まれ命を落としてしまいます。

『影武者』として「漂」を利用され、親友を失った「信」は、国王である「政」に対して怒りをぶつけていましたが、自分に託された「漂」の思いと夢の実現のために、乱世の天下に身を投じることを決意します。

「信」愛されるバカ!

「漂」との夢の実現を強く胸に掲げている信は、自分の意志を貫き通す強靱な心を持ちますが、礼儀作法などに関しては、全くといっていいほど心得ていないような豪快な性格の主人公として描かれています。

初めは猪突猛進型だったものの、周囲の助言やさまざまな経験を経て、将軍になるための資質を自分のものにしていきます。

つまり少年漫画によくある愛されるバカこそ「信」の魅力です。

大一番で、力を発揮する「信」

恐るべき強さを誇る「信」ですが、その強さをもっとも誇るのが、ここという大一番です。ムラっけがあるのですが、決めなければならない大一番の戦いや、格上の強敵に対しては、必ずいつもより力を発揮し勝利を納めます。

「信」は、武将としての安定力や戦略面では、ライバルのかなり「王賁」&「蒙恬」に劣る部分はありますが、パワーと跳躍力はライバルより優れています。

「キングダム」人気キャラ「信(しん)」

「信」は珍しい「本能型」武将!

知略(戦略面の知識)が劣る「信」ですが、その代わりに『本能型(※)』の武将として才能を発揮します。

たいがい戦の戦略を決める、将軍や軍師は、論理的に戦略を決める『知略型(※)』ですが、ときに知略を凌駕する動物的な直感・本能で戦略を決める将軍も存在し、その一人が信になります。

  • キングダムの武将の能力
  • 戦略を論理的に決める『知略型』
    • 『知略型』とは、戦を碁の盤面のように捕らえ、理詰めで敵の行動を読んでいくスタイルで、戦場全体を俯瞰して、敵の1手、2手はおろか、10手先(それ以上?)を読んで、軍隊を動かすことで勝利に導く力です
  • 戦術を本能的に決める『本能型』
    • 『本能型』とは、戦を燃え盛る炎に例え、場面場面で直感を働かせ、敵を捕らえていくスタイルで、直感と言えども、ただやみくもに突っ込むだけでなく、戦場で匂いを嗅ぎ取って敵の本質を見抜いて動ける力です

その珍しいスタイルで幾度も軍師の裏をつき、流れを変えるシーンがあります。趙将「慶舎(ケイシャ)」や「尭雲(ギョウウン)」などの本能型同士の武将の戦は見ものです。

「信」の魅力のまとめ

漫画の主人公らしい愛せるバカであり、仲間のため夢のため努力し勝利を収める姿は誰もが好きになるのではないでしょうか。

また『本能型』としての武将の能力、強い敵になればなるほど本領を発揮するまっすぐさ、そして爽快といえる圧倒的パワーを兼ね備えた「信」は、まさに人気漫画キングダムの主人公にふさわしいと言えるでしょう。

【キングダム 人気キャラ】「王賁(オウホン)」の魅力

「キングダム」人気キャラ「王賁(おうほん)」

王族とは思えぬ努力を重ねる姿こそ「王賁」の魅力

「王賁(オウホン)」は、軍略の天才と歌われる将軍「王翦(オウセン)」将軍の息子ですが、親子仲はあまりよくないことから、親である「王翦(オウセン)」に認められたい一心で、努力を重ねる完璧主義者です。

主人公「信」と同じく、大将軍を目指すライバルとして描かれています。

完璧主義者「王賁」の時に見せるギャップがたまらない!

「王賁」は、王族という家柄のせいもあってかプライドも高いですが、才能に甘んじることなく高い理想に向かって努力を惜しまない完璧主義者タイプの男前キャラクターです。主人公の「信」とは身分の違いからか、ぶつかりあうことも多く、基本的に犬猿の仲として描かれています。

しかし時折互いを頼りにするような場面も...!

表情も態度も普段はクールなのに、時折見せる熱さとのギャップも魅力の一つです。

「王賁」は、秦国No1の槍の使い手!

武術だけではなく、父親譲りの『軍師(戦術家)』としての一面も持ち合わせ持ち、あらゆる局面で機転を利かせた戦略で敵を倒していきます。まさに武力も知略も超一流といえる、完璧人間です。

その中でも「王賁」の槍は、武力として突出しています。「王賁」の槍を物語る具体的なエピソードとしては、中華一の槍の使い手とされる「紫伯(シハク)」を打ち破ったことでしょう。

幼き頃から槍術(槍術)の稽古に励み、今では槍の達人として中華に名を轟かします。

「キングダム」人気キャラ「王賁(おうほん)」

『知略型』武将「王賁」

『本能型』の武将である「信」に対して、「王賁」は『知略型』の武将です。ピンチをチャンスに変える機転を利かせたり、誰もが予想だにしない効果的な1手を知略で生み出します。

すでに「王賁」は、何万という軍隊を見事に動かす知恵を持ち合わせており、時には「王賁」の玉鳳隊だけでなく、飛信隊などの他の軍隊と連携した戦略を立案し、大将軍としての才覚も覚醒しはじめてきています。

「王賁」の魅力のまとめ

完璧主義だけど、熱い心も持ち合わせたギャップが魅力の「王賁」。

「王賁」は、中華でも指折りに入る槍術をもち、大将軍の片鱗を垣間見せる戦略を立案するその知略は、まさに主人公「信」のライバルにふさわしいと言えるでしょう。

キングダムが一部無料で読める「ヤンジャン!」

キングダムを今すぐ読む

※配信期間終了している場合があります。

【キングダム 人気キャラ】「蒙恬(モウテン)」の魅力

「キングダム」人気キャラ「蒙恬(もうてん)」

名家と思えぬ親しみやすさこそが「蒙恬」の魅力

「蒙恬(モウテン)」は、秦国最強の武力を誇ると言われる「蒙武(もうぶ)」将軍の息子です。

そんな名将軍・名家の出身なのに、親しみやすい性格と柔らかい印象を持つキャラクターこそが「蒙恬」の魅力です。今風の表現だとチャライという言葉がしっくりきますが、実際は武力も知力も高く、ここぞという時に見せる漢の一面とのギャップが魅力です。

「蒙恬」の才能は三人の中では一番?

「蒙恬」は若くして武功を上げた実績を持ち、周囲からも将来を期待されている出世頭でしたが、本人は文官志望を公言したりし、一向にそれに応える様子が無いように振る舞っています。

しかし祖父である蒙驁を助けるため、父親である蒙武を助けるため、いざとなった時に「蒙恬」は、知略を大いにふるい、さらに自慢の武力で、窮地から救い出したりします。

その才能は、秦国の大将軍である父親の「蒙武」や王騎の副官から大将軍まで成り上がった「騰」、「王賁」の父親である軍略の天才と歌われる「王翦」などから、絶大な評価を得ています。

普段のゆるいキャラクターこそ「蒙恬」の魅力!

主人公「信」と犬猿の仲である「王賁」の間を取り持つ『潤滑油』的な役割としてもキングダム全体を支えているキャラクターです。普段のゆるい性格はまさに現在のチャラ男風イケメンで、女性ファンの方も多いのは納得です。

武力、知力だけではない、人たらしこそ「蒙恬」の最大の武器!

「キングダム」人気きゃら「蒙恬(もうてん)」

「蒙恬」はいわゆる天才キャラとして描かれています。武力と知略で「信」や「王賁」と並ぶほどの実力があるのですが、「蒙恬」は周りを味方につける能力と周りの士気をあげる能力に突出しています。

具体的なエピソードとしては、534話で光った蒙恬の采配です。「麻鉱(マコウ)」将軍が「李牧(リボク)」によって命を落とし、麻鉱軍の士気が下がり、なお対峙する「馬呈(バテイ)」軍に追い詰められていた状況を、的確な判断と戦略で持ちこたえ、一度は下がった士気を高く戻し、自らの武力を持って軍を率いて、前線を押し上げる事に成功しました。

「蒙恬」の魅力のまとめ

武力、知力、そして人たらし。この3つが「蒙恬」の魅力と言えるでしょう。

とくに、秦国でもっとも知略に長けている「王翦」将軍と同じ景色を見ていると言わしめた「蒙恬」の知力は、もしかしたら「王賁」より優れているかもしれません。

「【キングダム 信vs王賁vs蒙恬】秦 若手3武将のキャラ人気投票ランキング!」まとめ

いかがでしたでしょうか?キングダムに登場する秦国の若手3武将の紹介でした。

「信」、「王賁」、「蒙恬」は、まだまだ伸びしろを秘めたような状態で、今後の成長がすごく楽しみです。この3人の関係性を捉えながら、キングダムを見るとまた違った面白さがあるかもしれないです!

キングダム、東京喰種が無料で読める?

ヤングジャプで連載中、もしくは、完結した超人気漫画を一部無料で読めることができるアプリこそが「ヤンジャン!」です。キングダム、東京喰種、テラフォーマーズ、ゴールデンカムイなど、超人気漫画も読むことができるのは非常に魅力。

また毎週ヤングジャンプを買うのが面倒な方は、スマートフォンでヤングジャンプを定期購入することもできます。ぜひ一度試してみてください!

※配信期間終了している場合があります。

キングダムはもちろんKindle,Koboでも読めます!

「キングダム」の人気キャラクター投票結果発表!

【信 vs 王賁 vs 蒙恬秦】キングダム 若手3武将で一番好きなのは誰のアンケート

信(シン)

王賁(オウホン)

蒙恬(モウテン)

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【信 vs 王賁 vs 蒙恬秦】キングダム 若手3武将で一番好きなのは誰のアンケート

信(シン)

王賁(オウホン)

蒙恬(モウテン)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす