【キングダム 飛信隊】キャラクター人気投票ランキング!飛信隊で一番人気なキャラは誰だ!

【キングダム 飛信隊】キャラクター人気投票ランキング!飛信隊で一番人気なキャラは誰だ!

2012年6月に放送開始された大人気アニメ「キングダム」。「キングダム」の原作漫画は、2006年から週間ヤングジャンプにて連載が開始され、読者からの人気が集まり、2012年6月から翌年2月にかけてテレビアニメ化されました。

今回BatQue(バトクエ)では、そんな人気漫画・アニメ「キングダム」に登場する、「飛信隊」のなかでまともじゃないやつを決めたいと思います1

まだまだアンケートを実施中ですので、まともじゃないと思うキャラクターを選んでください♪

【キングダム】飛信隊で一番好きなキャラクターは?のアンケート

信(シン)

河了貂(カリョウテン)

羌瘣(キョウカイ)

渕(エン)

楚水(ソスイ)

田有(デンユウ)

岳雷(ガクライ)

我呂(ガロ)

那貴(ナキ)

崇原(スウゲン)

松左(ショウサ)

竜川(リュウセン)

沛浪(ハイロウ)

去亥(キョガイ)

尾平(ビヘイ)

田永(デンエイ)

中鉄(チュウテツ)

竜有(リュウユウ)

澤圭(タクケイ)

石(セキ)

魯延(ロエン)

尾到(ビドウ)

慶(ケイ)

昂(コウ)

干斗(カント)

蒼仁(ソウジン)

蒼淡(ソウタン)

「キングダム」の概要

「キングダム」は紀元前の中国・春秋戦国時代を舞台に繰り広げられる歴史漫画です。ストーリーは史実が基になっており、各キャラクターも実際に歴史上に存在した人物が脚色された形で登場したり、オリジナルキャラクターも登場します。

主人公は下僕から大将軍を目指す少年「信(シン)」

秦国の田舎に住む「信(シン)」という戦災孤児は、下僕の身分ながら大将軍になる夢に向かって修行に励んでいました。

ひょんなことから、信は秦国の国王「政(セイ)」と友達になります。そして政の命を狙う刺客や戦争相手国の武将と戦いながら、中華統一を目指して、下僕の身分から成り上がっていく、下克上を描いています。

なお、キングダム主人公の「信」は実在した秦の将軍である「李信」がモデルとなっています。そして秦国の国王「政(セイ)」は、歴史の授業でもご存知、秦の「始皇帝 嬴政」がモデルとなっています。

主人公「信(シン)が率いる軍隊が「飛信隊(ヒシンタイ)」

「飛信隊」とは、主人公の「信」が隊長を務める独立遊軍部隊です。

「飛信隊」は「信」が百人将になったときに、大将軍「王騎」によって命名されました。「信」が武功を挙げるごとに大きくなり、現在(2020年7月時点)は、「信」は将軍に昇進、そして副官の「羌瘣」も五千人将に昇進したため、「飛信隊」に13,000人程度の大部隊となっています。

「キングダム」の中でも「飛信隊」は主人公「信」が隊長を務める部隊とだけあって、所属するキャラクターの描写も比較的多く、その分キャラが濃い登場人物が多いのが特徴です。

キングダムが一部無料で読める「ヤンジャン!」

キングダムを今すぐ読む

※配信期間終了している場合があります。

ヤンジャンのおすすめ漫画が気になる方はこちらから!

【飛信隊 隊長 & 将軍】李 信(リ シン)のキャラ紹介

信(しん)は愛されるバカ!

大将軍をとにかくまっすぐ目指す「信」は、自分の意志を貫き通す強靱な心を持ちますが、礼儀作法などに関しては、全くといっていいほど心得ていないような豪快な性格の主人公として描かれています。

初めは猪突猛進型だったものの、周囲の助言やさまざまな経験を経て、将軍になるための資質を自分のものにしていきます。

つまり少年漫画によくある愛されるバカこそ「信」の魅力です。

大一番で、力を発揮する信(しん)

恐るべき強さを誇る「信」ですが、その強さをもっとも誇るのが、ここという大一番です。ムラっけがあるのですが、決めなければならない大一番の戦いや、格上の強敵に対しては、必ずいつもより力を発揮し勝利を納めます。

真っ直ぐ天下の大将軍を目指し続けた「信」は、ついに将軍へ昇進しました。その際に姓を授かり、「李信(りしん)」と名乗るようになります。

「信(しん)」の心に響く名セリフ!

豪快で大雑把な印象の強い「信」ですが、ストーリーの随所で心に響く名セリフを口にします。

  • 俺の背だけ見て、追いかけてこい!!
  • 戦は『数』じゃねェ、『人』だ

【飛信隊 軍師】河了貂(カリョウテン)のキャラ紹介

飛信隊の頭脳である「河了貂(かりょうてん)」

「飛信隊」の軍師である「河了貂(かりょうてん)」。主人公である「信」と、同じ女性である「羌瘣」の圧倒的な強さに影響を受け、軍師になることを決意。持ち前の状況判断力の速さを生かして、「飛信隊」では欠かすことのできない存在となりました。

「飛信隊」では、下僕や農民出身者が多いため、戦略を考えることができるのが「河了貂(かりょうてん)」と「羌瘣」くらいです。軍師として、冷静かつ客観的に戦局を捉え、的確な指揮をとり、あらゆる局面で活躍しています。

「河了貂(かりょうてん)」の幼少期は蓑を被る謎のキャラ

「河了貂(かりょうてん)」の幼少期の人気は高く、蓑を被った謎の少年として描かれていました。実際は女性なのですが蓑を被っていたため、外見から性別がわかりにくく、信からは、大人になるまで女性と認識されていませんでした。

他にも吹き矢と料理が得意で、どこかかわいらしさを感じさせるのが、「河了貂(かりょうてん)」の魅力と言えるでしょう。

【飛信隊 副長 & 羌瘣隊 隊長 & 五千人将】羌瘣(キョウカイ)のキャラ紹介

知略・武力、そして美貌を兼ね備えた「羌瘣(きょうかい)」

飛信隊の中で一番強いといっても過言ではありません。素の武力だけでいうと、ムラっけがある「信」よりも強いでしょう。そして戦略を組み立てることもできるので、知略も優れています。実際に河了貂(かりょうてん)が軍師として飛信隊に加わるまでは、軍師の役割も担っていました。

まさに天才といって過言ではありません。

そして何よりかわいい。知略・武力、そして美貌を兼ね備えていることこそ、「羌瘣(きょうかい)」の人気が高い理由になります。

また「信」が将軍に昇進すると共に、「羌瘣(きょうかい)」は将軍一歩手前の五千人将まで昇進します。将軍となり、「信」と並ぶ日も近いかもしれませんね。

戦場に咲く一輪の花、しかし「羌瘣(きょうかい)」にはギャップが...笑

かわいさから想像できない強さと賢さが羌瘣(きょうかい)の魅力ですが、身の回りのことはというと...

女性らしさは皆無。

料理や家事といったことはまったくできません。隊員が取ってきた動物の肉は強奪するわ、「信」に対して暴力を振るうわ、女性としてはまともではなく、そういったギャップも含めて、羌瘣(きょうかい)の魅力と言えるでしょう。

「羌瘣(きょうかい)」には辛い過去が...

飛信隊の頼れる副長「羌瘣(きょうかい)」。しかし悲しい過去を持っています。

伝説の刺客集団である「蚩尤(シユウ)」出身の女性で、独特の呼吸法で類い希なる武力を発揮します。しかし「蚩尤(シユウ)」を決めるシキタリでは、民族間だけでなく、最終的に仲間まで殺さなくてはなりません。

「羌瘣(キョウカイ)」は、家族と同じように過ごし姉同然に慕っていた「羌瘣(キョウショウ)」をその戦いで、殺されてしまいます。そのときから羌瘣(キョウカイ)は復讐を近い、心を閉ざしてしまっていたのです。

今では飛信隊に入ることで、心を開き始めていますが、そう言った辛い過去をもつことを知ってしまうと、応援したくなる人も多いのではないでしょうか。

【飛信隊 副長 & 千人将】渕(エン)のキャラ紹介

飛信隊は「渕(えん)」と「信」から始まった

昌文君(しょうぶんぐん)と「信」との連絡係として、「信」と行動を共にしますが、「信」の修行に無理やり付き合わされ、成り行きで飛信隊に入る羽目に。

そのまま副長を務めることになり、今では最古参の隊員の一人です。

責任感が強く、隊員からの信頼も強い「渕(えん)」

これと言って得意なことはないのですが、その責任感から隊員の信頼も厚く、重要な局面で重大な役割を任せられることもあります。

「信」が将軍に昇進すると共に、「渕(えん)」は千人将まで昇進します。連絡係だった頃を比べると大出世と言えるでしょう。

【飛信隊 副長 & 千人将】楚水(ソスイ)のキャラ紹介

下僕出身の千人将「郭備」の右腕だった「楚水(そすい)」

「信」と同じ下僕出身だった「郭備」の率いる「郭備隊」に所属していたのですが、「郭備」が「輪虎(りんこ)」に打たれて、飛信隊に転属になりました。

「郭備隊」で副長だったこともあり、そのまま飛信隊でも副長に任命されます。また「信」が将軍に昇進すると共に、「楚水(そすい)」は千人将まで昇進します。尊敬していた「郭備」と同じ千人将までとうとう出世し、今後の活躍に期待がかかります。

「楚水(そすい)」何回も死にかけるかわいそうなキャラ

騎馬隊を率いて飛信隊の主攻を担う人物ですが、「楚水(そすい)」の扱いがひどいと言われることも最近は増えました。

それもそのはず。「信」が最終的に倒すであろう強敵は、必ず最初に「楚水(そすい)」の前に現れ、「楚水(そすい)」を瀕死の重傷へ追い込みます。しかも2コマくらいで。

副長・騎馬隊というかっこいい身分なのですが、残念な扱いをたまに受けるのが「楚水(そすい)」と言えるでしょう。

【飛信隊 千人将】田有(デンユウ)のキャラ紹介

最古参組で2番目に出世した「田有(でんゆう)」

「田有(でんゆう)」は、「信」が初めて戦場に出た蛇甘平原編で登場しており、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。大工の棟梁だったこともあり、巨漢で怪力の持ち主。

今では、飛信隊の一番の出世頭は五千人将となった羌瘣(きょうかい)ですが、羌瘣(きょうかい)は元々暗殺一族出身のため、武には秀でていました。百姓や大工と言った力仕事出身から成り上がったという面では、千人将となった田有(でんゆう)と崇原(すうげん)の二人が最も出世したと言えるでしょう。

「田有(でんゆう)」は、飛信隊の『いぶし銀』

ガラが悪い者も多い飛信隊の中でも、比較的まともな大人で頼れる存在こそが「田有(でんゆう)」です。

「田有(でんゆう)」は「信」を信頼し、時には体を張って「信」を守り、時には潰れ役をかって、「信」に手柄を回したりします。危険な修羅場を「信」と共にくぐり抜け、支え続けてきた男です。

「田有(でんゆう)」は、とにかく頑丈

強く描かれるシーンも多いですが、意外とやられるシーンも多いのが、「田有(でんゆう)」。しかしとにかく頑丈で、全治数ヶ月と思われる傷も数日で復帰することも多く、「田有(デンユウ)」といえばタフネスというイメージを持つ人も多くいるでしょう。

【飛信隊 千人将】岳雷(ガクライ)のキャラ紹介

「岳雷(がくらい)」は「信」を導いた「飛麃」将軍の軍隊に所属していた

「岳雷(がくらい)」は、「飛麃」将軍につかえていましたが、「飛麃」将軍が合従軍編で戦死したのち、自ら飛信隊に入隊します。

「岳雷(がくらい)」は、元麃公軍所属とあって、飛信隊での役割は乱戦を任されており、乱戦特化部隊「飛麃」を率いる指揮官ですが、信が将軍になった時、「岳雷(がくらい)」が隊長を務める「黒飛麃」と「我呂(がろ)」が隊長を務める「赤飛麃」へと2つに分け、より飛信隊の得意とする乱戦で力を発揮できるようになりました。

【飛信隊 千人将】我呂(ガロ)のキャラ紹介

「我呂(がろ)」は武力・戦術理解力ともに高い武人!

「我呂(がろ)」は、「飛麃」将軍の軍隊に所属していました。乱戦特化部隊「飛麃」の中でも強い武力をもっており、先陣をきって自慢の矛術で敵をなぎ倒します。信が将軍になった時、「我呂(がろ)」は千人将へ昇進し、「赤飛麃」の隊長に就任します。

また「我呂(がろ)」は、飛信隊の軍議にも参加したり知略にも長けています。

厳しい性格の裏には義理堅い「我呂(がろ)」

生粋の武人のため、飛信隊の戦略が筋が通っていないときは容赦無く指摘します。時には誰もが突っ込めなかったようなことも平気で発言し、隊員を困惑させることも。しかし自分に非があれば素直にあやまったり、筋が通っていれば命をかけて飛信隊のために尽くしたり、義理堅い一面も持ち合わせます。

【飛信隊 千人将】那貴(ナキ)のキャラ紹介

「那貴(なき)」はすり抜け特科部隊!

那貴(なき)は、元桓騎軍所属とあり、盗賊という過去をもつ異色の人物です。

隠密・斥候に特化した隊を率いており、後退する部隊を急襲したり退路を絶ったり、隠れた部隊の居場所を見つけたり、重要な局面で顔をだし活躍します。

また那貴(なき)は基本的には冷静なキャラですが、怒るととにかくおっかないといわれており、武力も持ち合わせたりもします。

「那貴(なき)」の飛信隊への加入の仕方がかっこいい!

・・・ただの気まぐれですよ、いつもの
・・・そうっスね・・・
ただ、まー強いてあげるなら
飛信隊で食う飯ってうまいんスよね
意外と

桓騎軍を抜ける際に桓騎(かんき)から理由を聞かれた時、このようなセリフをして桓騎軍を去って行きました。河了貂の作るご飯、それを仲間で食べる飛信隊の暖かい雰囲気が好きになったことをクールに回答する那貴(なき)でした。

キングダムが一部無料で読める「ヤンジャン!」

キングダムを今すぐ読む

※配信期間終了している場合があります。

【飛信隊 歩兵長 & 千人将】崇原(スウゲン)のキャラ紹介

「崇原(スウゲン)」は飛信隊の歩兵長!

「崇原(スウゲン)」は、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。左眼を失い、眼帯をつけています。自慢の剣術で飛信隊の歩兵長を任され、千人将まで出世しました。

剣の達人と呼ばれる「崇原(スウゲン)」

もともと剣術が優れていましたが、「羌瘣(キョウカイ)」の剣の稽古に付き合ったりしているうちに「崇原(スウゲン)」の剣術は達人の領域に。

「崇原(スウゲン)」の側近は、みんな剣術に優れており、歩兵戦で力を発揮します。

【飛信隊 元副歩兵長 & 元百人将】松左(ショウサ)のキャラ紹介

「松左(ショウサ)」は飛信隊の元副歩兵長!

「松左(ショウサ)」は、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。槍の使い手ですが、視野が広くサポートに長けており、隊員の士気をあげたり、劣勢部隊を検知し補佐したり、飛信隊の精神的支柱です。

飛信隊を心から愛した「松左(ショウサ)」

普段は飄々とした性格である「松左(ショウサ)」は、「河了貂(カリョウテン)」にセクハラ近い発言をしたり、その場を和ませますが、「信」を本当の弟として愛し、隊長として尊敬し、飛信隊を大切にしています。

そんな「松左(ショウサ)」は、今後成長が期待できる飛信隊の後輩「干斗(カント)」を助けるために自ら犠牲になり致命傷を受け、最後の力で信の元に歩み寄り、「信」の元で命を落としました。そのシーンは飛信隊の暖かさそのものでした。

【飛信隊 副歩兵長 & 五百人将】沛浪(ハイロウ)のキャラ紹介

ベテラン兵士「沛浪(ハイロウ)」

「沛浪(ハイロウ)」は、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。白髪のキャラクターで、初対面のときは「信」のことをガキ呼ばわりしていましたがその実力に惚れ込み、飛信隊の結成時に腕っぷしの強いメンバーを集めてくれました。

元副歩兵長の松左に代わり沛浪は副歩兵長へ

沛浪は鄴攻略から秦国へ帰還したのち、五百人将に昇進し副歩兵長に就任しました。視野の広さで飛信隊の歩兵隊をサポートした松左の代わりは、ベテランの風格が漂う『大人』な沛浪だからこそ、うまく飛信隊の歩兵隊を導いてくれるのかもしれません。

【飛信隊 五百人将】田永(デンエイ)のキャラ紹介

気が強く喧嘩っ早い「田永(デンエイ)」

「田永(デンエイ)」は、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。「信」の騎馬隊で出陣することが多いため、よく「信」の近くにいます。口が悪いので、よく目立ちますが、しっかりと「信」を立てることもできます。

「田永(デンエイ)」は白髪キャラとして、「沛浪(ハイロウ)」とはキャラがかぶることもあり、おまけ漫画でそれをネタに喧嘩をすることも。

飛信隊で珍しい騎馬隊の隊長となった田永(でんえい)

田永は鄴攻略から秦国へ帰還したのち、五百人隊に昇進し騎馬隊の隊長を任されます。飛信隊の騎馬隊は、楚水隊と田永隊のみとなります。

【飛信隊 五百人将】竜川(リュウセン)のキャラ紹介

飛信隊随一の力の持ち主「竜川(リュウセン)」

「竜川(リュウセン)」は、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。怪力「田有(デンユウ)」の三倍の筋力を誇ると自称する、飛信隊屈指の筋力の持ち主です。

「竜川(リュウセン)」はその筋力を活かすため、棍棒を愛用しており、怪力が必要になる場面では、必ず登場します。

「竜川(リュウセン)」の怪力は飛信隊で何番目?

「飛信隊No1の筋力の持ち主は?」と聞かれると「竜川(リュウセン)」と答える人も少なくはないでしょう。

コミックスのおまけコーナーで飛信隊の腕相撲大会が開かれたことがありました。その際隊長「信」を倒すつもり満々で挑んだ「竜川(リュウセン)」ですが、「信」に負けてしまいます。「信」がNo1かと思いきや、気功術をつかった「羌瘣(キョウカイ)」が「信」を圧倒し、飛信隊No1怪力は「羌瘣(キョウカイ)」という結果に終わりました。

【飛信隊 元百人将】去亥(キョガイ)のキャラ紹介

右目の大きなアザが特徴「去亥(キョガイ)」

「去亥(キョガイ)」は、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。「去亥(キョガイ)」の右目付近にある大きなアザが特徴。

「去亥(キョガイ)」は騎馬でも歩兵でも活躍できますが、「羌瘣(キョウカイ)」の隊に含まれることが多くあり、その影響で騎馬兵として戦うことが比較的多く描かれています。

最後は趙三大天の龐煖にやられた去亥(キョガイ)...

鄴攻略の朱海平原の戦いで、去亥は李牧の本陣へ先陣を切って攻め入ったところ、待ち構えていた趙三大天の龐煖に斬られてしまい、戦死してしまいます。騎馬隊として戦うことが多くなったことが仇となってしまいました。

【飛信隊 二百人将】澤圭(タクケイ)のキャラ紹介

信の元隊長「澤圭(タクケイ)」

「澤圭(タクケイ)」は、飛信隊が結成する前、つまり「信」の初陣のときの伍長です。また「信」が百人将に出世した時に、飛信隊が結成された時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。

温厚な性格で戦闘力があるわけではないですが、集で戦う方法を知っており、「澤圭(タクケイ)」の隊からは蛇甘平原の戦いまで、死人が出ませんでした。信が将軍となったときは澤圭は二百人将へ昇進し、順調に出世しています。

【飛信隊 偵察部隊指揮官 & 百人将】石(セキ)のキャラ紹介

飛信隊唯一の山民族「石(セキ)」

「石(セキ)」は、飛信隊が結成された時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。飛信隊の唯一の山民族である青石族の族長です。山民族独特の石笛を用いて仲間に戦場の状況を共有したり、要所で活躍します。

鄴攻略の朱海平原の戦いのあと、石も百人将に昇進し、偵察部隊指揮官に就任します。

『羽音をつかむ耳』をもつ「石(セキ)」

「石(セキ)」は、『羽音をつかむ耳』と呼ばれ、聴力が以上によく、その能力を利用した作戦で戦うこともあります。

【飛信隊 百人将】中鉄(チュウテツ)のキャラ紹介

殺し屋「中鉄(チュウテツ)」と呼ばれた過去を持つ

「中鉄(チュウテツ)」は、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。「富村の殺し屋」と呼ばれ、さらに無口で強面のため、普段なに考えているかわかりにくいですが、力仕事で大いに活躍します。曲刀を使っています。

鄴攻略の朱海平原の戦いのあと、中鉄は百人将に昇進します。

【飛信隊 百人将】竜有(リュウユウ)のキャラ紹介

器用な一面を持つ「竜有(リュウユウ)」

「竜有(リュウユウ)」は、飛信隊の結成時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。気難しい性格として登場しますが、影が薄く読者から誰だっけ、といじられたりします

しかし「竜有(リュウユウ)」は戦争で必須と言える『料理』が得意で、飛信隊に欠かせない存在でもあります。鄴攻略の朱海平原の戦いのあと、竜有は百人将に昇進します。

【飛信隊 百人将】尾平(ビヘイ)のキャラ紹介

信の同郷&初陣から一緒の「尾平(ビヘイ)」

「尾平(ビヘイ)」は、「信」と同じ村出身で、戦場に行く前からの知り合いです。また飛信隊が結成する前、つまり「信」の初陣のとき「澤圭(タクケイ)」の隊で「信」と一緒に戦いました。また「信」が百人将に出世した時に、飛信隊が結成された時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。

「尾平(ビヘイ)」は、出っ歯が特徴で、いつもバカなことをいって、飛信隊を盛り上げるムードメーカーです。

飛信隊の信念を愛する「尾平(ビヘイ)」

「尾平(ビヘイ)」は、軽率な行動が多く、時に大失敗します。そのいい例が戦場に落ちていた遺品を持ち帰ってしまったため、略奪はしないという飛信隊の信念を破ってしまい、「信」と「羌瘣(キョウカイ)」の逆鱗に触れてしまいます。しかし飛信隊のことをこよなく愛する「尾平(ビヘイ)」は、改めて飛信隊のいいところに気づき、飛信隊へ謝罪し復帰を許してもらいました。

鄴攻略の朱海平原の戦いのあと、尾平は百人将に昇進しますが、本人にとっては荷が重い様です。

【飛信隊 元伍長】尾到(ビドウ)のキャラ紹介

尾到(ビドウ)と信は同郷

尾到は、信と同じ城戸村出身であり、信とは古くからの友人でした。そして3人は蛇甘平原編の徴兵時に再会します。

次の戦場となった馬陽攻防編にて、信を隊長とする飛信隊を結成することになり、尾平と尾到も飛信隊に伍長として入隊します。そして飛信隊の初陣で信が趙将の馮忌を討つなど、順調な滑り出しと思えました。

尾到(びとう)の最後...

馬陽攻防編で馮忌を討ったあと、趙三大天の龐煖の夜襲、万極軍の追撃などで、飛信隊の半数が葬られてしまいます。

そのときに尾到は、龐煖との戦いで失神した信を救い出し、敵がいないところまで運びます。しかしそのとき尾到は、万極軍から矢傷を負わされており瀕死の重傷で、自らの命と引き換えに信を救ったのでした。

【飛信隊 元什長】魯延(ロエン)のキャラ紹介

飛信隊最年長「魯延(ロエン)」

「魯延(ロエン)」は、飛信隊が結成された時に伍長として入隊した最古参のメンバーの一人です。かなりの年齢だったこともあり、山陽編後に引退しました。

飛信隊所属時は、最年長として様々なアドバイスや、経験を生かした戦略の立案など、軍師に近い役割を担いました。

キングダムが一部無料で読める「ヤンジャン!」

キングダムを今すぐ読む

※配信期間終了している場合があります。

【飛信隊】慶(ケイ)のキャラ紹介

尾平(ビヘイ)のマブダチ「慶(ケイ)」

「慶(ケイ)」は、信や尾平(ビヘイ)と同じ城戸村出身です。戦場で活躍する信の活躍を美平から聞き、飛信隊に加入します。そういった背景もあり、慶(けい)は、美平の隊に所属し戦闘で一緒に戦います。

尾平(ビヘイ)は、暗い雰囲気になると、『慶(ケイ)裸踊りしろ』と無茶振りをして、場を和ませます。

【飛信隊】昂(コウ)のキャラ紹介

暗い雰囲気で余計な一言を放つ「昂(コウ)」

「昂(コウ)」は、信や尾平(ビヘイ)と同じ城戸村出身です。戦場で活躍して出世することで、『母親に楽をさせたい』と戦場に夢を見る少年です。

基本的にネガティブ発言が多いため、暗い雰囲気のときに余計な一言をいってしまい、周りに突っ込まれます。

童顔のため舐められることも多くありますが、「羌瘣(キョウカイ)」に近接戦闘技術を習っているので、返り討ちにすることも多くあります。

【飛信隊 新人】干斗(カント)のキャラ紹介

飛信隊に憧れていた「干斗(カント)」

「干斗(カント)」は、飛信隊に憧れて入隊試験を経て飛信隊に入隊します。

「干斗(カント)」は、初の戦場では全く活躍できませんでしたが、最古参の「松左(ショウサ)」や「尾平(ビヘイ)」のフォローもあり、次第に力を発揮できるようになります。しかし朱海平原戦で敵の襲撃で窮地に陥っているところ、「松左(ショウサ)」の命をかけた救出により「干斗(カント)」は九死に一生を得ます。「松左(ショウサ)」の最後を看取るさいに「松左(ショウサ)」の愛用していた槍を継承しました。

【飛信隊 新人】蒼仁(ソウジン)のキャラ紹介

弓矢兄弟の兄「蒼仁(ソウジン)」

「蒼仁(ソウジン)」は、飛信隊に憧れて入隊試験を経て飛信隊に入隊します。体力試験は早々に落選してしまいましたが、高い弓術という能力を認められ、特例として入隊を許可されます。

中華十弓に匹敵する弓術を持っており、初陣の列尾戦で城攻の大きな功績を残し、名実ともに飛信隊の弓術のNo1になりました。弟の剛弓とは違い、急所を一撃する精密な射撃が魅力です。

【飛信隊 新人】蒼淡(ソウタン)のキャラ紹介

弓矢兄弟の兄「蒼淡(ソウタン)」

「蒼淡(ソウタン)」は、飛信隊に憧れて入隊試験を経て飛信隊に入隊します。兄の「蒼仁(ソウジン)」と同様に、「蒼淡(ソウタン)」は高い弓術という能力を認められ、特例として入隊を許可されます。

「蒼淡(ソウタン)」は精神面が弱く、初陣の列尾戦では人を打つことができませんでしたが、第2戦となる鄴攻略における朱海平原の戦いで、兄と河了貂を助けたい、その一心で人を討つ覚悟ができ、その後も蒼淡は何発も弓を放ち、趙兵を討ち、最終的には趙の将軍である金毛まで弓で討ち取ります。

兄の性格無比なコントロールとは少し異なり、力強い剛弓が魅力です。

「【キングダム 飛信隊】キャラクター人気投票ランキング!」まとめ

いかがでしたでしょうか?「飛信隊」はガラの悪いやつらのよせ集めから始まり、今では将軍一歩手前の五千人隊(羌瘣隊含めると八千人)まで膨れ上がりました。飛信隊の信念、隊長「信」を愛する部下のもと、今後も飛身体は大きくなるでしょう。また飛信隊の中だけでもいろんなパーソナリティを持った人物がいるので、彼らの背景や、言動に注目すると「キングダム」を違った視点で楽しめるかもしれないですね!

キングダム、東京喰種が無料で読める?

ヤングジャプで連載中、もしくは、完結した超人気漫画を一部無料で読めることができるアプリこそが「ヤンジャン!」です。キングダム、東京喰種、テラフォーマーズ、ゴールデンカムイなど、超人気漫画も読むことができるのは非常に魅力。

また毎週ヤングジャンプを買うのが面倒な方は、スマートフォンでヤングジャンプを定期購入することもできます。ぜひ一度試してみてください!

※配信期間終了している場合があります。

キングダムはもちろんKindle,Koboでも読めます!

「【キングダム 飛信隊】キャラクター人気投票ランキング!」投票結果発表!

【キングダム】飛信隊で一番好きなキャラクターは?のアンケート

信(シン)

河了貂(カリョウテン)

羌瘣(キョウカイ)

渕(エン)

楚水(ソスイ)

田有(デンユウ)

岳雷(ガクライ)

我呂(ガロ)

那貴(ナキ)

崇原(スウゲン)

松左(ショウサ)

竜川(リュウセン)

沛浪(ハイロウ)

去亥(キョガイ)

尾平(ビヘイ)

田永(デンエイ)

中鉄(チュウテツ)

竜有(リュウユウ)

澤圭(タクケイ)

石(セキ)

魯延(ロエン)

尾到(ビドウ)

慶(ケイ)

昂(コウ)

干斗(カント)

蒼仁(ソウジン)

蒼淡(ソウタン)

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【キングダム】飛信隊で一番好きなキャラクターは?のアンケート

信(シン)

河了貂(カリョウテン)

羌瘣(キョウカイ)

渕(エン)

楚水(ソスイ)

田有(デンユウ)

岳雷(ガクライ)

我呂(ガロ)

那貴(ナキ)

崇原(スウゲン)

松左(ショウサ)

竜川(リュウセン)

沛浪(ハイロウ)

去亥(キョガイ)

尾平(ビヘイ)

田永(デンエイ)

中鉄(チュウテツ)

竜有(リュウユウ)

澤圭(タクケイ)

石(セキ)

魯延(ロエン)

尾到(ビドウ)

慶(ケイ)

昂(コウ)

干斗(カント)

蒼仁(ソウジン)

蒼淡(ソウタン)

こちらの記事も読まれています!

コメントを投稿する

投稿されたコメント

桓騎軍のオギコが一番やべーやつ
2019-07-19 02:06:33
「まともじゃない」の定義がはっきりしないけど。
信はアホの極み、羌廆は天然なところあり、河了貂は「気性荒しby山の民」、尾平も信並みのアホ、田有結構やられてる、竜川巨人。
みんなまともではない感じ?
2019-02-14 14:31:38

おすすめの記事

ジャンルからさがす